中国政府ビットコイン規制を強化か?一部取引所サービスが停止

by BITTIMES   

1月11日の中国中央銀行「中国人民銀行」の公式声明からしばらく、中国国内のビットコイン取引所が慌ただしい動きを見せています。
現在、中国ビットコイン取引所大手である「 BTCC 」ではビットコインの信用取引サービスの停止を発表。ビットコイン投資プラットフォームである「 BTC123 」ではビットコイン金融システムの停止を公式発表しています。
もう 1つの大手である「 OK Coin 」は立ち入り調査は行われているが業務への影響はないとコメントしています。
中国のビットコイン関連の報道はネガティブな物が多いが、中国政府の真意はどうなのでしょうか?
今回は、多くのビットコイン投資家が気になっている「中国のビットコイン規制」の動きについて詳しく調べていきたいと思います。

ビットコイン規制は中国にとってメリットなのか?

中国政府がビットコインを規制する理由は単純で「政府にとってマイナスだから」の一点のみです。
逆に「政府にとってプラス」であると判断できれば規制はされません。
では「中国政府にとってビットコインの何がマイナスになるのか?」という視点から今後注意すべき動向について予想していきたいと思います。

人民元とビットコイン

ビットコイン価格が跳ね上がると最もダイレクトに影響を受けるのが「人民元」です。
当然ですが、中国政府は「人民元の価格が下落するほど、ビットコインが上昇する」のを快く思いません。
なので、ビットコインが元の価格を下げる通貨であれば中国は厳しい対応をしていくでしょう。
最近のビットコイン価格の暴落も「人民元の価格上昇」が大きな影響を与えています。
高まりすぎた中国国内のビットコイン投資熱を一旦下げるために、5日中国は元の価格を上げました。
そうすることで、多くの投資家がビットコインを売って、元を買い求めました。その結果ビットコインが下落したのです。
中国政府はそれくらいのことは平然とやります。

中国政府とビットコイン取引所

最近のトップニュースである「中国人民銀行と規制当局によるビットコイン取引所の立ち入り検査」ですが、これは非常にネガティブな報道のされ方がされています。
ただ、著者としては「政府のポジティブな行動ではないか?」という視点で今回の件は見ています。
理由としては「政府と取引所の連携がうまくとれていること」です。

ルールを明確にした中国政府

中国政府からは「ビットコインを自分たちである程度コントロールしたい」という思惑が垣間見れます。
ここまで多くの投資家が参入しているビットコインを完全に規制することは本音を言うと中国政府としてもメリットよりもデメリットが大きいはずです。
しかし、あまりにも元が下がるようであれば強硬手段に出るはずです。
なので、あくまでスタンスとしては「投資をしても良いけど元をおろそかにはするなよ」というメッセージかと思われます。
それを踏まえて、11日の公式発表を言い換えると「少しビットコインに熱くなりすぎていませんか?元もちゃんと持っていなさいよ」と言っていると捉えられます。
その上で今回は、各取引所が打ち出している「ビットコインの投資商品」に目をつけたのでしょう。

各取引所のファインプレー

今回の公式発表で、中国ビットコイン取引所大手「 BTCC 」はビットコインの信用取引サービスの停止を発表し、ビットコイン投資プラットフォームである「 BTC123 」はビットコイン金融システムの停止と金利の見直しを発表しています。
著者は各取引所の判断をファインプレーだと考えています。
要は政府の立ち入り調査の結果「これはちょっとやりすぎの投資商品じゃない?」とツッコミをもらった上で、
取引所の判断で「では自主規制します。」と言ったわけですから、
「政府の判断には従います」という明確な立ち位置を発表したわけです。
そして取引所がそれに従った。
最悪の状況を回避する良い判断だと思います。

最悪な状況ではない

現状、中国政府の規制の動きはなく、中国ビットコイン取引所主要 3社も通常運転を続けています。
検査が未だ行われている状態ではあるが、あくまで「政府の意見には従います」というスタンスと年末から年始に起きた「異常なほどの価格上昇」がなければ規制が入る可能性は低いと思われます。
あくまで中国政府はビットコインの「手綱」を持っておきたいのでしょう。
現状ビットコインの規制が行われれば中国政府も、取引所も、投資家も誰も得はしませんからね。
今後しばらくは「中国政府とうまく付き合っていくビットコイン市場」になっていくと思われます。
これも現在のビットコイン取引の 90%以上が中国で行われていることが問題であり、取引が全世界で行われるようになればこのリスクは下がっていきます。
1日でも早くビットコイン市場が安定していくことを願います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会NEW

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「ふるさと納税」でビットコインがもらえるキャンペーン開催

ビットフライヤー「ふるさと納税」でビットコインがもらえるキャンペーン開催

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月13日〜19日

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

Ripple投資部門:スマートコントラクト機能統合に向け「Flare Networks」に出資

Ripple投資部門:スマートコントラクト機能統合に向け「Flare Networks」に出資

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

中国:ブロックチェーン基盤の「スマートシティ向けID識別システム」を開発

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

飛行機チケット予約サイト「Alternative Airlines」仮想通貨決済に対応|Utrustと提携

飛行機チケット予約サイト「Alternative Airlines」仮想通貨決済に対応|Utrustと提携

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す