【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

by BITTIMES

仮想通貨市場では過去1ヶ月間に渡って回復傾向が見られていたものの、現在は「価格上昇を続ける通貨」と「抵抗線付近で伸び悩む通貨」がみられ始めており、今後の動きには注目が集まっています。BTC・ETH・XRPなどの主要通貨はレジスタンスライン付近での停滞が続いていますが、ネム(NEM/XEM)は先日1日に1月の高値を突破し、上昇傾向を維持しています。

こちらから読む:GMOコイン、XEM取り扱い開始「NEM/XEM」関連ニュース

抵抗線突破で「5円台」まで回復|上昇傾向を維持

ビットコイン価格は先月29日に再び100万円のラインを突破したものの、その後は大きな価格上昇も見られておらず、記事執筆時点でも100万円付近の価格帯を維持しています。また、イーサリアム(ETH)エックスアールピー(XRP)も同様にここ数日間では特に大きな上昇も見られておらず、主要な抵抗線よりもやや低い価格で推移しています。

しかし、ネム(XEM)に関しては先日1日の午前1時頃から急騰しており、今年1月下旬の高値を更新して5円台まで回復し、およそ1ヶ月ほど継続している上昇傾向を維持しています。

2019年8月7日〜2020年2月2日 XEMの価格推移(画像:Coingecko)2019年8月7日〜2020年2月2日 XEMの価格推移(画像:Coingecko)

XEMの価格は2018年1月に200円台まで上昇したものの、その後2年間に渡って続いた下落相場で価格は97%ほど減少し、2020年1月3日には3.2円付近まで下落していました。この1ヶ月間で見られたXEM価格の上昇は仮想通貨投資家の注目を集めており、今後の回復にも期待が高まっています。

過去1ヶ月で「64%価格上昇」今後注目のラインは?

XEMの価格上昇率は「過去1週間で32%、1ヶ月間で64%」となっており、1月の安値と比較すると71%上昇しています。先日の価格上昇に関しては明確に要因だと考えられるニュースがあるわけではないものの、NEMの技術は以前から政府関連のプロジェクトを含めた様々な取り組みで活用されており、最近ではNEMのの新ブロックチェーン「カタパルト(Catapult)」に関する発表も続々と報告されているため、総合的にみて上昇要因は数多く存在すると考えられます。

過去1ヶ月間では高値更新後に一時的な反発がみられる動きが続いていたため、この動きが続くのであれば一時的に調整が入る可能性がありますが、過去の動きでは反発後に200日移動平均線(200MA)付近で反発する動きが続いていたため、反発がみられた場合は「200MAのライン」または「抵抗線となっていた4.8円付近の価格帯」が注目すべきラインになると考えられます。

このサポートラインを下回ってしまった場合には上昇トレンドは終了し、下落相場が続く可能性がありますが、サポートを維持することができればさらなる高値更新にも期待が高まります。NEMプロジェクトに関しては技術開発も積極的に進められており、実社会での活用も順調に進んでいるため、今後再び下落相場に突入した場合でも一定のラインでサポートが形成される可能性が高いと予想されます。

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:The Mergeで発生した「ETHW」の付与方針について続報

ビットバンク:The Mergeで発生した「ETHW」の付与方針について続報

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

ビットバンク:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

ビットバンク:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

仮想通貨決済対応が進む「スイス・ルガーノ」ビットコインだけで居住可能に

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月22日〜28日

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す