NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

by BITTIMES   

ネム財団(NEM Foundation)は、2020年1月10日に仮想通貨ネム(NEM/XEM)の新ブロックチェーンカタパルト(Catapult)の「パブリックテストネットのローンチ」および「新ブランド"SYMBOL From NEM"」を発表しました。

こちらから読む:コインチェック事件に進展「NEM/XEM」関連ニュース

次世代型ブロックチェーンプラットフォーム「SYMBOL」

ネム財団(NEM Foundation)は、2020年1月10日に仮想通貨ネム(NEM/XEM)の「パブリックテストネットのローンチ」と「Catapult(カタパルト)」というコードネームで知られていた次世代型ブロックチェーンプラットフォームの新名称「SYMBOL From NEM」を発表しました。

Catapult(カタパルト)は元々"NEM大型アップデートの名称"として知られていましたが、これはあくまでも新たなチェーンのコードネームであり、先日行われたコミュニティ投票で「SYMBOL(シンボル)」という名称が正式に採用されています。

SYMBOL(シンボル)は「簡単に相互運用と設定ができるプラグインエンジンが搭載された企業向けのフル装備ソリューションだ」と説明されており、SYMBOLのプラグインを使用することによって、
・デジタルアセットの作成
・分散型スワップ
・マルチレベルマルチシグアカウント
・高度なアカウントシステム
・ビジネスロジックモデリング
・パブリックデータとプライベートデータ間のやり取り
などが可能になるとのことです。

SYMBOLのテストネットについて

SYMBOL(シンボル)のテストネットは、開始当時は参加者が限定されていたものの、今回のパブリックテストネット公開に伴い、コミュニティ・消費者・NEMパートナーも参加できるようになっています。

これらの人々はカタパルトのウォレットをダウンロードしてパブリックテストネットに参加することによって「テスト用の仮想通貨(取引所などでは売買できない)」を受け取ることができます。

SYMBOLのメインネットローンチは元々「2020年第1四半期(2月〜3月頃)」を予定とされていましたが、今回の発表では「2020年初頭」とされています。

次世代ブロックチェーンエンジンである「SYMBOL From NEM」では、SYMBOLトークンと呼ばれている新しい通貨が発行されますが、この新通貨のティッカーシンボルは投票で決定されることになっており、ティッカーシンボル投票は2020年1月13日〜17日にかけて行われる予定となっています。

なお「SYMBOLトークン」のローンチ後も「XEMトークン」はNIS1プラットフォームで機能する通貨として残るとのことで、「SYMBOL」はNIS1プラットフォームで共存することになるとされています。現在XEMトークンを保有している人々は、XEM残高のスナップショット取得前、または取得後にSYMBOLトークンを1:1でオプトインすることができると説明されています。

>>「NEM財団」の公式発表はこちら

2020年1月11日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は今月3日に3円台まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年1月11日時点では「1NEM=3.63円」で取引されています。

2019年11月12日〜2020年1月11日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月12日〜2020年1月11日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

注目度の高い仮想通貨ニュース

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す