仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

by BITTIMES

仮想通貨が普及したことによって、アジア地域のサッカー業界で"違法なギャンブル行為"が増加していることが「ロイター」の報道で明らかになりました。アジア地域では過去6年間で八百長行為が急激に減少していたものの、仮想通貨を採用した違法ギャンブルは増加していると報告されています。

こちらから読む:FCバルセロナ、公式ファントークン発行へ「スポーツ」関連ニュース

仮想通貨誕生で「違法ギャンブル」が増加

サッカー業界では仮想通貨やブロックチェーン技術の活用が進められていますが、その一方では仮想通貨を利用した"違法なギャンブル行為"が増加していると報告されています。

ロイターの報道によると、アジアサッカー連盟(AFC)の取り組みによってアジア地域では過去6年間で八百長が急激に減少していたものの、仮想通貨の採用が進んだことなどによって"違法ギャンブル"が増加していると説明されています。

アジアサッカー連盟(AFC)はスポーツデータの収集・分析を行っている「Sportradar(スポートレーダー)」と協力して2013年からアジア地域のサッカー業界で違法行為を排除するための取り組みを行っており、実際に八百長を削減することに成功しました。

2013年以前は「組織犯罪シンジケートのすべての機能を備えた少数の大組織」が違法なギャンブルと八百長に関与していたものの、"犯罪組織の主要人物が投獄されたこと"や"有名なケースがメディアで取り上げられたこと"などによって現在は「地元ギャングなどのローカルなシンジケート」や「一匹狼的のような存在」が違法行為を行うような状況になったとのことです。

しかしながら2009年以降は違法ギャンブルにおける賭け金が大きくなってきており、娯楽やお小遣い稼ぎのレベルだったものが"ビジネス"のレベルへと進化してきているとも報告されています。仮想通貨は規制が完全に整っていないことや匿名性が高いことなどから"現金の代わり"として利用され始めており、実際に「仮想通貨を採用した違法行為が増加していることを確認している」とも報じられています。

海外の規制に基づいて海外のサーバーで運営されているブックメーカーなどに日本から参加することは違法ではないとされていますが、ここ最近では仮想通貨を用いたギャンブル系サービスが増加してきているため、実際にそのようなサービスに参加する場合には「違法なサービスでないか」や「信頼できるサービスなのか」をしっかりと調べることが重要です。

>>「ロイター」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月22日〜28日

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す