金融ユダヤ人はビットコインを支配できるのか?

by BITTIMES   

今年に入ってイスラエル政府がビットコインにキャピタルゲイン税を課税することを発表しました。
キャピタルゲイン税とは「資産の売却時の利益」にかける税金です。
例えば、以前 20万円で購入したビットコインを 30万円販売すれば 10万円の利益が出ます。
この「 10万円 」 に課税するというものです。ちなみにイスラエルのキャピタルゲイン税は 25% と少々高額です。
今後イスラエル政府はビットコインを「無形財産」として認め、様々な課税の対象にして行くでしょう。
遂に「金融の支配者」ユダヤ人がビットコインを取り扱いに乗り出しました。

ユダヤ人と金融

銀行に始まり VISA カードまで、すべての通過や証券が絡む場面にはユダヤ人の存在があります。
現在の銀行などの金融システムは、全てユダヤ人が作り上げたものであり、クレジットカードの決済手数料の 2~5%はすべてユダヤ人銀行家の懐に飛び込んでいきます。
世界中のクレジットカード決済取引のすべてに手数料が発生するわけですから、その利益の大きさが莫大なことはご想像できるかと思います。
それだけ金融業は莫大な利益を生み出し、時には世界を牛耳れるほどの力を持つ業種なんですね。
そして金融業は、システム開発も運営も現状すべてユダヤ人の専売特許として現代まで受け継がれ続けています。

ユダヤ人が通貨のルールを作った

そもそもユダヤ人が通貨を作り上げ、自分たちに有利なルールを作り世界中に通貨の概念を広めました。
金を預かりそれと同額の「紙幣」を発行する「金本位制」も彼らが発明しました。
現在、世の中に存在するすべての通貨の概念は元をたどればすべてユダヤ人が発明したものであり、それだけ恐ろしい影響力を持っているということです。
特に銀行などの利益の流れは、最後の最後にはこの金融系のユダヤ人の元に行くことになります。
彼らは自分たちだけに有利なルールを作り、その上で金融市場で「絶対に勝てる戦い」を推し進めて行いきます。

ユダヤ人とビットコイン

しかし、金融業界を牛耳る彼らも、ことビットコインに関しては現状「お手上げ」だそうです。
ビットコイン(ブロックチェーン技術)は、全員で管理するための技術であり、全員で見守る技術です。
ビットコインは自分たちだけで管理ができないため、彼らユダヤ人の手を離れ「コントロールが出来ない」のが彼らにとっては大問題だということです。
ビットコインに大量に投資するユダヤ人銀行家が現れるのか、今後の彼らの動向が楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す