トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

by BITTIMES   

今月 20日、ドナルド・トランプ新アメリカ大統領が誕生したと同時にドル価格が下落、それと逆行する様にビットコイン価格が上昇し始めました。実はこのような現象は何度も起きており、直近で言えば昨年の11月にトランプ氏が大統領選で勝利した直後にドル安ビットコイン高になりました。なぜトランプ氏が好調になると、ビットコインの価格が上がるのでしょうか?

アメリカ経済不安とビットコイン高

今回のアメリカだけでなくすべての国に共通する部分になりますが、経済が不安定になると、その国ではビットコインへの投資が強まります。例えば今回のことで言えば、現在新大統領を迎え経済の先行き不安なドルよりも、安定的に価格が上昇し続けているビットコインに資金を避難させることでビットコインに買いが集中し価格が上昇するといった現象です。
特にトランプ氏は、話している内容こそ「アメリカの利益を最優先し、強いアメリカを取り戻す」という大統領として当たり前のことを話してますが、その発言のやり方自体が過激なため、市場が混乱します。

投資家たちは市場が混乱することで起きるドル安への不安を感じ、ドルでビットコインを購入したのです。彼らはリスクを最大限回避しようとしますので、もちろん円・元や金など、他の投資対象物にも投資をしています。
シンプルに考えれば、自国経済が不安定になればなるほど人々はビットコインを求めます。「国」も「紙幣」も存在しない世界基軸通貨であるビットコインに、人々がより安定を求めて購入し価格が上昇するということです。つまり、ビットコインは経済が不安定になると価格が上昇するという特徴を持っていることがご理解できると思います。

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターになるか?

ほとんどの経済学者や投資家は「トランプ氏が大統領になったことでどんな暴走をしてしまうか分からない」と彼のことを少々ネガティブな捉え方をしています。しかし、それは偏った考え方です。どれだけ過激な発言をしようと彼は「大国の大統領」です。
どれだけメディアで暴走した発言をしようと、大統領として政治的な仕事を進めるときは議会と共に仕事をしなければならないし、ましてや「独裁者」のようなこともできるわけがありません。彼はあくまでパフォーマンスとして注目を集め、自国にとって利益になる政治を進めているだけなのです。

トランプ政策とビットコイン価格の関係

トランプ氏の政策の中で最もビットコイン価格に影響しそうなものは、「中国が行う中国人民元の価格操作の禁止」でしょう。現在中国では国が市場に介入し、人民元の価格をコントロールしています。国が市場に介入することは少なからずありますが「中国は少々やりすぎ」とトランプ氏は話しているわけですね。
先日の暴落もビットコイン高を懸念した中国政府が「人民元高」を引き起こしたことで、投資家たちが人民元買いに走りビットコイン価格が下落しました。現状「日本・中国・アメリカ」の 3国でビットコイン取引額の 98%を占めていますから、そのうちの 2国が牽制し合うということはますます既存通貨市場の混乱につながり、さらなるビットコイン高を引き起こす可能性が高くなります。
どちらにしても、トランプ氏の過激な発言は市場に混乱を巻き起こし、結果的にビットコイン価格上昇の背中を押してくれました。今後、多くの国でこのような混乱時にビットコイン価格が上昇するという流れがいくつも起き、その度にビットコインが広まっていくと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨全体が下落|総時価総額は2018年の最低水準を記録

仮想通貨全体が下落|総時価総額は2018年の最低水準を記録

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

注目度の高い仮想通貨ニュース

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す