Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ取引所である「Bybit(バイビット)」は2020年6月22日に、ユーザー向けのカスタマイズ可能な「戦略アラート機能」を追加すると発表しました。これにより、トレーダーはモバイルアプリを介してさまざまなインジケーターにアラートを設定することができるようになります。

こちらから読む:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit」とは?関連ニュース一覧

カスタマイズ可能な「戦略アラート機能」を追加

暗号資産デリバティブ取引所である「Bybit(バイビット)」は2020年6月22日に、ユーザー向けのカスタマイズ可能な「戦略アラート機能」を追加すると発表しました。これにより、トレーダーはモバイルアプリを介してさまざまなインジケーターにアラートを設定することができるようになります。

「戦略アラート機能」を使用すると、ユーザーは取引インターフェースから離れていても、取引のタイミングをすぐに察知することができます。暗号資産市場は24時間365日変動しているため、「戦略アラート機能」はトレーダーが外出中に起こっていることを追跡するために最適な機能であると言えます。

このアラート機能を利用すると、トレーダーは自分のニーズに最適なアラートを選択することができます。目標が達成されると「Bybitアプリ」を介して通知が送信されることになります。

4種類のアラート

戦略アラートは、ポートフォリオに影響を与える可能性のある市場の動きをトレーダーが追跡するのに役立つ手段として従来の金融市場でも一般的に使用されています。トレーダーの戦略に合わせた4つの異なるタイプのアラートがあり、Bybitはこれまでのどの仮想通貨デリバティブ取引所よりも幅広いアラートを提供しています。

4つのアラートには「価格アラート・トレード追跡・価格急変・市場熱量」があります。

価格アラート

価格アラートは、特定の価格がいずれかの方向に交差したときにユーザーに通知を送信します。

たとえば、ビットコインに10,000ドルの価格アラートを定義した場合には、BTC価格が10,000ドルを上回るか下回るたびに通知を受け取ることができます。これは、純粋なストップロスや利食機能を実装するのではなく、そのような動きが起こった場合に市場の状況を監視したいトレーダーにとって便利なアラートとなります。

トレード追跡

トレード追跡では、移動平均線と指数移動平均線に基づいたアラートを提供することで、トレーダーは市場の方向性をナビゲートすることができます。

例えば、短期移動平均線が長期移動平均線の上を通過した場合にはトレーダーが買いたいかもしれない「強気のシグナル」を送信します。逆に、短期移動平均線が長期移動平均線を下回った場合には「弱気の売りシグナル」となります。

価格急変

価格急変は、指定された数のろうそくの中で価格がローカルの高値または安値に触れたときにトレーダーに警告することで、市場のターニングポイントをキャプチャします。これにより、トレーダーは新興市場のトレンドに基づいてポジションに出入りすることができます。

市場熱量

市場熱量を使用すると、トレーダーは市場のマクロトレンドに基づいてシグナルを受けることができます。具体的な例を挙げると「特定の資産の建玉」または「予測資金調達率」が特定の値を超えた場合などがこれに当たります。

トレーダーに「最高の取引環境」を

BybitのCEO、Ben Zhou氏は『戦略アラート機能の立ち上げは、トレーダーにとって可能な限り最高の取引環境を提供することへの取り組みの一環である』と語っています。

戦略アラートは、Bybitがより速くより公正な取引環境を構築する目標を達成するためのさらなるの方法の一つです。プロのトレーダーでさえ、24時間365日仮想通貨市場に接続し続けるのは難しいため、アラートにより、利益を上げる機会を逃したり、重要なリスク信号を見逃したりする心配がなくなります。

Bybitについて

Bybit(バイビット)は、2018年3月に設立され、BVIに登録されている世界的な仮想通貨デリバティブ取引所です。シンガポールに本社を置き、香港と台湾にオフィスを構えています。

Bybitには、個人の顧客からプロのデリバティブトレーダーまで、あらゆるユーザーで構成されるグローバルユーザーベースを持っています。Bybitのテクノロジーチームには「モルガン・スタンレー、テンセント、平安銀行、ヌオヤ・フォーチュン」などといった多数の大手企業の専門家がいます。

この取引所は、ゼロダウンタイムで毎秒10万件の取引が可能なマッチングエンジンをトレーダーに提供しています。Bybitは、すべての人にとって公正、透明、かつ効率的な取引環境の構築に取り組んでいます。

Bybit(バイビット)の詳細は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Bybit」の公式サイトはこちら
>>「戦略アラート」の詳細はこちら


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す