TrustSwap:暗号通貨の信頼構築&DeFiの変革実現

by BITTIMES

分散型金融を一新するプロジェクト「TrustSwap」

TrustSwap-logo

TrustSwap(トラストスワップ)は、Uptrennd社の創業者兼CEOでもあるJeff Kirdeikis氏によるエキサイティングな新しいブロックチェーンプロジェクトです。昨今急速に注目を集めており、分散型金融(DeFi)のランドスケープに大きな足跡を残すことになると期待されています。

業界の専門家や思想家からなるこのオールスターチームは、企業、投資家、起業家、毎日利用のユーザーを含むすべての人が暗号通貨を安全・簡単・安価に取引するためのスマートコントラクトの活用の在り方を再定義することでDeFiを一新していきます。

TrustSwapは、高価なサードパーティのエージェントを信頼できるスマートコントラクトに置き換えることによって、多くの古い問題に対応可能な新ソリューションを生み出し、暗号通貨による資金調達・エスクロー・サブスクリプションなどの暗号資産業界の最大の問題点を解決していきます。

TrustSwapの創設者兼CEOのJeff Kirdeikis氏は、TrustSwapが世界を変えると確信した日のことをこう語っています。

あるベンチャーキャピタルが、5万ドルの割引価格で当社のプロジェクトトークンに投資したいと考えました。当社はトークンを送った場合、先方の一斉売却によるトークン価格の暴落を避けたいと考えました。唯一考えられる確実な方法は、5~10%の手数料を払って弁護士を雇い、仲介役を務めることで、トークンを一定期間をかけて少しずつベンチャーキャピタルに送ることでした。狂気の沙汰です。

私はこのサービスをスマートコントラクトで実装されたものが既に作られているはずだと考えていましたが、それは間違いでした。

実際、時間ベースの支払手段は何も存在せず、信頼できる機関のエスクローも、信頼できるチームトークンのロックアップも、自動化された従業員給料の支払方法も...何もありませんでした。

それが2020年6月19日に実現しました。だからこそ今日、私たちはここにいます。TrustSwapへようこそ!

トラストスワップ(TrustSwap/SWAP)とは?

トラストスワップ(TrustSwap/SWAP)は、完全に監査されたカスタマイズ可能なスマートコントラクトを使用して、人々や組織が簡単かつ安全に暗号通貨やデジタル資産を交換できるようにする実用的なアプリケーションのスイートを提供するフルサービスの分散型金融(DeFi)プラットフォームです。

TrustSwapは、
・SmartSwap(信頼性の高いP2P取引)
・SmartEscrow(信頼性の高いエスクロー)
・SmartSubscriptions(暗号通貨による自動化定期支払)
などのサービスによって、銀行や弁護士の必要性を大幅に削減し、時間とコストを節約します。

TrustSwapのエコシステムには強力なツールキットを提供しており、新規ブロックチェーンプロジェクトの資金調達やDeFiへの容易な統合を支援します。また、イニシャル・リクイディティ・オファリング(ILO)ローンチパッドも含まれており、信頼を構築して初期投資家を保護しながら資金調達を行うことができます。これには、SmartLock(プロジェクト・OTCトークンを時間をかけて配分し、エグジット・スキャム(失踪詐欺)を防ぐ)やSmartWrap(トークン・ラッピング・サービス)が含まれます。

TrustSwapプラットフォームは、イーサリアム・ブロックチェーン上のSWAPトークンを利用しており、「トークンバーン(焼却)、ステーキング、ガバナンス投票」などといったいくつかの興味深い機能を備えています。

SWAPトークンの「トークエコノミー・ユーティリティ」について

SWAPトークンの基本的なトークエコノミーとユーティリティは以下の通りです。

  1. SWAPで支払うTrustSwapユーザーは、すべてのTrustSwapサービスの利用手数料が50%OFFになります。
  2. SWAPで支払われたプラットフォーム料金は、以下のように分配されます。
    • 80%はステーキング報酬として分配
    • 10%をバーン(焼却)してトークンの供給量を減少
    • 10%はエコシステムの成長をサポートするためにTrustSwap財団に寄付
  3. SWAPトークンは、TrustSwapプラットフォームで配布される報酬を比例的に受け取るためにステーキングすることができます。
  4. SWAPトークンはまた、財団の方向性を決めるコミュニティ・ガバナンスのための投票に使用することができます。
  5. SWAPトークンを保有していることが、TrustSwapプラットフォーム上で開始されるILOに参加するための要件となる場合があります(*1)。

(*1)TrustSwapのローンチパッドに出てくる最初のILOは、Chain Gamesと呼ばれるブロックチェーンベースのビデオゲームプラットフォームです。Chain GamesのILOに参加したい人は10,000枚のSWAPを保有する必要があります。

TrustSwap(トラストスワップ)の特徴

TrustSwapは、ICOのエグジット・スキャムや先日Twitterに影響を与えたハッキングなど、暗号通貨を狙う詐欺を防ぐことができ、暗号通貨をより安全なものにするでしょう。TrustSwapのSmartSwapサービスでは、任意の二人がお互いの信頼性や第三者による担保の有無に関係なく、デジタル資産を安心に交換することができます。

スマートコントラクトは、必要条件がすべて満たされた場合にのみ取引が行われることを保証します。SmartLockサービスによって、あらかじめ設定された条件に基づいて解除される安全なトークンロック機能を構築することで、新規のブロックチェーンプロジェクトが開発者、投資家、コミュニティ間の信頼関係構築に役立つでしょう。

TrustSwapは、高額な利用料を要求する第三者を介さずに「暗号通貨による購読料金支払・給料支払・エスクロー・P2Pスワップ」を簡単かつ安全に行えるようにすることによって、"暗号通貨のPayPal"になることを目指しています。

TrustSwapチームは常にSWAPトークンの価値を高めるための方法を模索しており、セキュリティと信頼構築というコアバリューに基づいたコミュニティを急速に発展させ、世界の伝統的な決済システムと分散型金融の架け橋となるよう支援しています。

「SWAPトークン」の時価総額・価格について

SWAPトークンは現在、約3,200万ドルの時価総額で0.50ドル前後で取引されており、公式のTrustSwapメインネットは今月下旬にローンチされる予定です。

暗号資産決済やスマートコントラクト・ソリューションをビジネスに統合する方法や、TrustSwapやSWAPトークンの詳細については以下の「TrustSwap公式サイト」をご覧ください。

>>「TrustSwap」の公式サイトはこちら
>>「TrustSwap」の公式Twitterはこちら
>>「TrustSwap」の公式Discordサーバーはこちら


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

Sorare:韓国サッカー「Kリーグ1」と提携|所属選手のブロックチェーンカード発行へ

Sorare:韓国サッカー「Kリーグ1」と提携|所属選手のブロックチェーンカード発行へ

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

Bakktのビットコイン先物「今後2ヶ月以内」に開始か|米市場調査会社が予想

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引の「現引き/現渡し」サービス終了へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引の「現引き/現渡し」サービス終了へ

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す