ロシア中央銀行〜プーチンが最も恐れる男とビットコインを止められず〜

by BITTIMES   

今月、ロシア中央銀行が、ヤンデックス(ロシア最大のIT企業)の決済アプリのあるアカウントを強制的に凍結しました。
ヤンデックスは世界第 4位のシェアを誇る検索エンジンであり、ロシア国内では常に Google などの他社サービスと首位争いを行なってきた企業です。
ヤンデックスが提供する決済アプリは、給料受け取り・買い物時の決済など、すでにロシア市民の大半が使用するアプリとなっています。
ロシア市民にとってここまで生活必需品となったアプリのたった 1つのアカウントをなぜロシア中央銀行は強制的に凍結したのでしょうか?

プーチンが最も恐れる男

現在ロシアは、2018年の大統領選に向けて国内が慌ただしくなっています。
その中で「アレクセイ・ナワルニー」という男性も大統領選に出馬を発表しました。
このナワルニー氏という男性、弁護士でありながら政治活動家としても活動をしており、過去数年間にわたり現大統領でロシアでは圧倒的な支持を誇るプーチン大統領の批判活動を行い続けてきた男性です。
彼はロシア政府反体制派の主要人物で、ロシアの汚職事件などの追求活動を自身の Youtube チャンネルで行なっていました。
以前、アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル誌は彼のことを「ウラジーミル・プーチンが最も恐れる男」として紹介していました。

政治資金の凍結と没収

アレクセイ・ナワルニー氏の Youtube チャンネルには、32万人を超える登録者がおりプーチン大統領の対抗馬として最有力候補として名前が上がっています。
今回、ロシア中央銀行は彼が大統領選に出馬したことを懸念して、彼が政治資金を集めているヤンデックスの決済アプリのアカウントを凍結、集まった寄付金を強制的に没収しました。
それでもビットコインは没収されず
しかし、ロシア中央銀行が決済アプリを凍結したにもかかわらず彼の政治資金を集めているビットコインのアカウントだけは凍結と没収を逃れています。
凍結を免れた彼のビットコインアカウントは過去 30日で約 250万円政治資金をビットコインで集めています。
ロシア中央銀行も彼に集まるビットコインだけは止めることができなかったようです。

ロシア政府はビットコイン肯定派

2016年にロシア当局は「ビットコイン使用が法的に正当である」と、ビットコインを肯定する立場を取っています。
また当局は「ロシアなどの大国が、ビットコインに対して法的立場を明確にしてゴーサインを出すたびにビットコインが世界的に広まるための一票を与えている」と公言しています。
現状、プーチン大統領とその周りの政治家はビットコインに対して肯定も否定のスタンスも取っていないとされていますが、技術に関しては非常に注目していると公式に回答しています。
ビットコインはマネーロンダリングなどの不正使用される可能性が高く、政府が合法化することで市場に混乱を招くかもしれませんが、ロシア国民にとってそれ以上のメリットがあるとロシア当局は考えているのでしょう。
「ビットコイン肯定派」という立場から考えても、今回のナワルニー氏のビットコインアカウントの凍結はやはりできなかったものだと考えられます。
今回のような「ビットコインは止められなかった」というケースはロシアだけでなく、他の国でも起きる可能性は十分にあります。
ブロックチェーン技術を使用した仮想通貨は、国境を越えるだけでなく、政府の規制も越えるということを表してくれた重要な出来事だと考えて良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

注目度の高い仮想通貨ニュース

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットメイン:最新型のマイニングマシン「Antminer T19」販売開始

ビットメイン:最新型のマイニングマシン「Antminer T19」販売開始

インド市場に春到来か|中央銀行、仮想通貨関連の口座開設「禁止事項はない」と明言

インド市場に春到来か|中央銀行、仮想通貨関連の口座開設「禁止事項はない」と明言

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す