Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

by BITTIMES

中国の大手仮想通貨取引所Huobiは、3月30日に子会社Huobi Koreaを韓国に正式に立ち上げました。100種類の暗号通貨と208の市場の取引を扱うほか、投資家の損失を直ちに補償する投資家保護基金およびプログラムを作成しています。

Huobi Koreaは、100種類の仮想通貨と208市場(33米ドル市場/98BTC市場/77ETH市場)をリストアップすることを明らかにしています。
取引所は顧客資産の98%をコールドウォレットに保管しているとも述べており、取引所の内部アクセス手順は強化されているとのことです。

「私たちは、リポジトリを開くために複数の人物が一緒に認証されることを必要とする複雑な手順にセキュリティを追加しました」

また、投資家保護基金を創設し、投資家保護プログラムも実施しているため、投資家の損失を直ちに補償することができます。

100種類の暗号通貨

Huobiは、今後も多くの通貨を追加していく予定であることも明かしています。

「Huobi Koreaでは、100枚の硬貨を取引することができる」

「取引所ではより多くの硬貨取引を支援できるようにする」

Huobi Koreaでサポートされている暗号通貨は次の通りです。

A
ABT、ACT、ADX、AIDOC、APPC、AST

B
BAT、BCD、BCH、BCX、BIFI、BLZ、BTC、BTG、BTM

C
CMT、CTXC、CVC

D
DAT、DBC、DGD、DTA

E
EKO、ELA、ELF、ENG、EOS、ETC、ETH、EVX、EDU

G
GNT、GNX

I
ICC、IOST、ITC、ICC、IOST、ITO

L
LINK、LSK、LTC、LUN

M
MANA、MCO、MDS、MTP、MTL、MTN、MTX、

N
NAS、NEO

O
OCN、OMG、ONT、OST

P
PAY、POWR、PROPY

Q
QASH、QSP、QTUM、QUN

R
RCN、RDN、REQ、RPX、RUFF

S
SBTC、SMT、SNC、SNT、SOC、SRN、STK、STORJ、SWFTC

T
THETA、TNB、TNT、TOPC、TRX

U
USDT、UTK

V
VEN

W
WAX、WICC、WPR

X
XEM、XRP

Y
YEE

Z
ZEC、ZIL 、ZLA、ZRX

韓国ウォンのサポートも近いうちに予定

韓国ウォン市場は現在準備中であるため、すぐに利用可能になるとのことです。
1月末に実名制度を施行した韓国の規制のために、ウォン取引が不足している可能性が予想されます。

その実施以来韓国の銀行は、Upbit/Bithumb/Coinone/Korbitの4つの取引所に仮想アカウントを発行しているだけです。しかしマネー・トゥデーは木曜日に「韓国の大手銀行であるシンハン銀行が、小額の暗号交換機であるコインプルッグにバーチャル口座を開設するよう交渉中だ」と報じています。

Huobi Koreaの関係者は、Zdnetで次のように語っています。

「韓国ウォンの急速な開放に向けて準備を進めています...全社員がより安全で安定した取引サービスを提供するために全力を尽くします。」

Huobiのグローバル展開

Huobi Groupは現在の時点で、世界で3番目に大きい取引所であり、24時間の取引量は13.2億ドルでにのぼります。
韓国最大の取引所は、同じ期間に74500万ドルの取引量を持つカカオが支援するUpbitです。

中国が仮想通貨取引所を閉鎖する以前のHuobiは、中国国内でも最大の規模でした。
現在は、韓国/シンガポール/米国/日本/香港/中国の6カ国に事業を展開しています。

先週Huobiは、米国発足に備えて米国金融犯罪執行ネットワークに登録しています。
その一方で日本のSBIグループは、Huobi Groupとの資本提携および事業提携を中止することを発表しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

Forbes が「仮想通貨長者ランキング」を発表、

Forbes が「仮想通貨長者ランキング」を発表、

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

リップルを使った国際送金の導入を進める韓国のウリィ銀行

リップルを使った国際送金の導入を進める韓国のウリィ銀行

流出したNEM、海外のICOや取引所で使用される

流出したNEM、海外のICOや取引所で使用される

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

Tip botを活用しよう|ビットコインキャッシュ(BCH)

Tip botを活用しよう|ビットコインキャッシュ(BCH)

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す