4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

by BITTIMES   

暗号資産取引プラットフォームは常に「セキュリティと安定性に裏打ちされた究極のユーザー体験」を目指す傾向にあります。暗号技術の進歩と仮想通貨コンセプトの台頭に伴い、暗号資産取引プラットフォームは今、新たな要求に直面しています。暗号資産市場では、今後いかにしてユーザーにより良いサービスを提供するかが注目されています。

クリプトのピーク時に設立されたCoinExは、ベア市場の中で足場を固める

CoinEx(コインエックス)が創設された2017年12月当時、仮想通貨市場は最盛期を迎えていました。CoinExは取引所のスムーズな取引体験のおかげで、立ち上げ後すぐに同業他社から抜きん出て注目される「革新的な暗号資産取引所」となりました。強気な要因に後押しされて、仮想通貨市場全体が盛り上がっていました。一方、CoinExも急成長を遂げ、投資家が仮想通貨市場に押し寄せてきました。

2018年の突然のベア市場は、多くの仮想通貨プロジェクトにとって致命的であり、野心的なCoinExに冷や水を浴びせました。あまたのとん挫したプロジェクトの中から立ち上がったのは目覚めた人たちでした。仮想通貨の歴史の中で、ベアとブルの間のそれぞれの移行は、課題と機会の両方を提示しました。この仮想通貨の冬の時代に、目覚めたCoinExはチャンスを掴みました。

CoinExは「ユーザートラフィックの減少・好ましくないポリシー・弱気トレンド」に直面して自己反省のプロセスを開始しました。他の取引所が短期的な利益を追求する一方で、CoinExは長期的かつ慎重な開発計画を策定し、チームの管理・製品の改善・取引サービスの面での変更を行いました。

長く続いたベアサイクルを経た「CoinEx」は現在、ユーザーを主要な構成要素と考えています。地に足の着いた進歩を追求することで、取引所が成長するための時間を確保し、将来の上昇のための強固な基盤を築いています。

ベアとブルを乗り越えて、CoinExは再び暗号化の勢いを増している

暗号資産市場の黎明期には、取引所間の競争は仮想通貨の種類やユーザーのトラフィックが重要でした。当時、取引所には明確な発展の道筋がなく、ユーザーも決して成熟した投資家ではありませんでした。取引所にとって、最大の支出はマーケティングでした。ブル市場とベア市場の間を行き来する間に、仮想通貨ユーザーは成熟し、取引所はより明確なロードマップを見つけました。かつての大規模な成長モデルは、洗練されたオペレーションに取って代わられました。取引所は現在「ユーザー体験・取引エコシステム・セキュリティシステム」を重視しています。さらに、技術投資が彼らの主要な支出となっています。このプロセスにおいて、CoinExは変化をリードし、全体的なトレンドを受け入れてきました。

CoinExはユーザーの取引に対する要求を満たし、より多様な取引エコシステムを構築するために「スポット取引・証拠金取引・無期限契約・金融商品」などの製品範囲を拡大してきました。CoinExの幅広い商品を通じて、ユーザーは仮想通貨金融におけるあらゆる種類の革新的なアプリケーションを含む、取引所のワンストップサービスの恩恵を受けることができました。

ほとんどの取引所は技術を優先していないため、コスト削減のために一般的に同じデモセットを採用しています。そのため、これらの取引所での取引は「遅延・ダウンタイム・スリッページ」の可能性があります。しかしCoinExは、独自に開発した取引システムによってユーザーを悩ませていた取引の問題に対処しています。CoinExは、独自に開発した取引システムにより、ユーザーが悩んでいた取引の問題点を解決し、迅速な対応と効率的なやり取りにより、究極の取引体験を提供します。

CoinExは熾烈な市場競争の中で「ユーザーエクスペリエンス」が最も重要な競争力であることに気づきました。そのため、革新的な製品やサービスを追求し続け、取引体験や仕組みのアップグレードを繰り返し、最もユーザーフレンドリーで革新的な暗号資産取引所の1つとなっています。

常に前進し続けるCoinExはCEXを中心とした広範なエコシステムの成長を目指している

多くの取引所が大規模なセキュリティ違反に見舞われる中で「安全性」は徐々に取引所の最優先事項となってきました。ユーザーにとっては「安全性」と「安定性」が取引所を選ぶ際の重要な要素です。この点において、CoinExは常に高い警戒心を持ち続けており、発足から今まで取引所でのセキュリティ違反はゼロでした。

プラットフォームベースのトークンからデリバティブまで、取引所は常に競争を続けています。時間が経つにつれ、製品やユーザー体験の面で革新の競争に慣れてきました。仮想通貨の世界とサイバースペースをつなぐ交通の要所として、暗号資産取引所はパブリックチェーンで新たな戦いを始めました。パブリックチェーンは、取引所のエコシステムの成功を測る主要な指標となっています。

CoinExは、CoinEx Smart Chian(CSC)エコシステムを構築するずっと前から、パブリックチェーンの計画を始めています。CSCは「価値のクローズドループチェーンを作ること」を目的としていました。そのため、普遍的な分散化は決して優先事項ではありませんでした。その代わりに、DeFiエコシステムのアプリケーションシナリオに基づいて、効果的で適切な分散化を追求し、イールドファーミングをサポートします。POS+POAのコンセンサスメカニズムを採用したCSCは、エコシステム内の相互作用のスピードを向上させ、スループット能力を高め、ネットワークのオープン性と透明性を確保しながらブロックタイムを大幅に短縮しています。

パブリックチェーンという点では、CoinExは優れたパフォーマンスを記録しています。一方で、基盤となるブロックチェーンインフラであるCSCは、長期的に大きな成長の可能性を示しています。一方、CoinExは、CSC経済を利用して、自社のプラットフォームベースのトークンの価値を高めるとともに、多様な資産開発のために、より革新的なプロジェクトを誘致・支援することができます。

全体的な傾向を受け入れて、CoinExはグローバル化への道を歩み始めた

暗号技術は今や、各国が開発で優位に立つための中核技術のひとつとなっています。おそらく、暗号開発の推進役である取引所の現在の課題は「世界の暗号部門の成長をより効果的に促進すること」でしょう。グローバル化への道を歩み始めたCoinExは、世界中の何百万人ものユーザーから認知されています。

グローバル市場に焦点を当てているCoinExは、過去2年間に「中国語・英語・日本語・コーラン語・ロシア語」など複数の言語でのサポートを導入しました。100以上の国と地域のユーザーに提供している安全で信頼できる仮想通貨取引サービスを通じて、同取引所は世界中のユーザーが資産の迅速な流通と安全な取引の恩恵を受けられるようにしています。

今日のグローバル化した暗号市場において、CoinExの努力は報われています。常にユーザーを第一に考えるCoinExは、マーケティングで強固な基盤を築いただけでなく、特定の暗号分野に焦点を当て、グローバルなビジネスエコシステムを構築しました。ローマは一日にして成らず。4年間の暗号通貨への冒険を通して、CoinExは一流の安全な資産サービスを提供し、健全な暗号のエコシステムを構築しながら、これからも努力を続けていきます。

>>「CoinEx」の公式サイトはこちら


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

バイナンス:独自ステーブルコイン「Binance GBP」発行へ|今後2ヶ月以内に予定

バイナンス:独自ステーブルコイン「Binance GBP」発行へ|今後2ヶ月以内に予定

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

注目度の高い仮想通貨ニュース

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

暗号資産交換券が当たる「2つの共同キャンペーン」開始:新生銀行×SBI VCトレード

暗号資産交換券が当たる「2つの共同キャンペーン」開始:新生銀行×SBI VCトレード

暗号資産取引所FTX:人気掲示板サイト「Reddit」と提携

暗号資産取引所FTX:人気掲示板サイト「Reddit」と提携

ファイルコイン財団「ハーバード大学・図書館ラボの分散型技術活用」を支援

ファイルコイン財団「ハーバード大学・図書館ラボの分散型技術活用」を支援

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

HashPort×三井住友「NFT・トークンビジネスにおける協業」に向けて協議

HashPort×三井住友「NFT・トークンビジネスにおける協業」に向けて協議

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

暗号資産取引所「Hotbit」取引・入出金などを一時停止|停止理由は?

暗号資産取引所「Hotbit」取引・入出金などを一時停止|停止理由は?

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す