Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

by BITTIMES

Huobi Labsは、海南省のソーシャルネットワーキングプラットフォームである「Tianya Community Network Technology」と戦略的協力契約を結んでいることを発表しました。この2つの組織は、中国海南省に拠点を置く「グローバルな文化的かつ創造的なブロックチェーンラボ」を共同で作成する予定であるとのことです。

Huobiが2018年に予定する5つの計画

Huobi Exchangeの一員でありブロックチェーンインキュベーターであるHuobi Labsは、Tianya Communityと中国海南省に「Global Cultural and Creative Blockchain Lab」を建設する契約を締結し、10億ドルの産業基金の立ち上げとともに世界のブロックチェーン業界を後押ししています。

Huobiの公式ブログによるとこの計画は、Xi Jiping大統領によって個人的に具体化され実行された省の発展レベルを高めるための全国レベルの戦略と並行して実施される予定であるとされています。

Huobi Groupは、2018年に世界トップクラスの大学と共同でブロックチェーン研究所を設立し、4万平方メートルのブロックチェインインキュベーターを建設し、10社のGlobalBlockchain+ラボの設立を目指す大手企業との協力を計画しています。

また、Huobiの本部を2018年に北京から海南に移転し、海南のエコシステムソフトウェアパークに配置する計画があるとも発表しています。

Huobiの公式ブログには今年の計画として次の5つが掲載されています。

  • Huobiの本部を2018年に北京から海南に移転する。
  • 世界のトップ企業と協力して、10のグローバルブロックチェーンラボを構築する。
  • 世界トップクラスの大学とグローバルブロックチェーン研究所を構築する。
  • 4万平方メートルのブロックチェインインキュベーターを建設する。
  • 10億ドル規模のグローバルブロックチェーン産業基金を創設する。
Huobiグループ

Huobi Chinaは、愛国中国企業として積極的に国家レベルの戦略をフォローアップするとのことで、将来的にはHuobi Groupの技術/リソース/才能/資本優位性を利用して海南特別経済区の発展に寄与し、国際自由貿易港を建設することも視野にいれているとのことです。

Huobi.proはイギリスにも進出

Huobiグループの仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)は、新たにイギリスのロンドンに事務所を開設する計画も発表しています。

Huobiは、あえて仮想通貨に関連する規制が厳しいロンドンを選択したことについて「関連する規制に準拠した上で主流になる」ことを目指していることを明確に伝えています。

今回の発表やイギリスへの進出を決定したことなどからは、Huobiが今後国家と協力しつつ規制に準拠してしっかりとした基盤を整えたうえで取引所サービスを提供していく姿勢が現れています。

Huobiは最近「Huobi Token(HT)」と呼ばれる独自のトークンを提供することを発表しています。このユーティリティートークンは、イーサリアムブロックチェーンのERC-20規格に基づいて設計されており、5億個のトークンで保護されています。

(引用:https://blog.huobi.pro

多くの仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

Huobi(フォビ)仮想通貨取引所をカナダにも開設

Huobi(フォビ)仮想通貨取引所をカナダにも開設

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

ビットバンク「取引手数料ゼロキャンペーン」開催へ|複数の通貨ペアで無料化

ビットバンク「取引手数料ゼロキャンペーン」開催へ|複数の通貨ペアで無料化

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す