Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

by BITTIMES

Huobi Labsは、海南省のソーシャルネットワーキングプラットフォームである「Tianya Community Network Technology」と戦略的協力契約を結んでいることを発表しました。この2つの組織は、中国海南省に拠点を置く「グローバルな文化的かつ創造的なブロックチェーンラボ」を共同で作成する予定であるとのことです。

Huobiが2018年に予定する5つの計画

Huobi Exchangeの一員でありブロックチェーンインキュベーターであるHuobi Labsは、Tianya Communityと中国海南省に「Global Cultural and Creative Blockchain Lab」を建設する契約を締結し、10億ドルの産業基金の立ち上げとともに世界のブロックチェーン業界を後押ししています。

Huobiの公式ブログによるとこの計画は、Xi Jiping大統領によって個人的に具体化され実行された省の発展レベルを高めるための全国レベルの戦略と並行して実施される予定であるとされています。

Huobi Groupは、2018年に世界トップクラスの大学と共同でブロックチェーン研究所を設立し、4万平方メートルのブロックチェインインキュベーターを建設し、10社のGlobalBlockchain+ラボの設立を目指す大手企業との協力を計画しています。

また、Huobiの本部を2018年に北京から海南に移転し、海南のエコシステムソフトウェアパークに配置する計画があるとも発表しています。

Huobiの公式ブログには今年の計画として次の5つが掲載されています。

  • Huobiの本部を2018年に北京から海南に移転する。
  • 世界のトップ企業と協力して、10のグローバルブロックチェーンラボを構築する。
  • 世界トップクラスの大学とグローバルブロックチェーン研究所を構築する。
  • 4万平方メートルのブロックチェインインキュベーターを建設する。
  • 10億ドル規模のグローバルブロックチェーン産業基金を創設する。
Huobiグループ

Huobi Chinaは、愛国中国企業として積極的に国家レベルの戦略をフォローアップするとのことで、将来的にはHuobi Groupの技術/リソース/才能/資本優位性を利用して海南特別経済区の発展に寄与し、国際自由貿易港を建設することも視野にいれているとのことです。

Huobi.proはイギリスにも進出

Huobiグループの仮想通貨取引所Huobi.pro(フォビ)は、新たにイギリスのロンドンに事務所を開設する計画も発表しています。

Huobiは、あえて仮想通貨に関連する規制が厳しいロンドンを選択したことについて「関連する規制に準拠した上で主流になる」ことを目指していることを明確に伝えています。

今回の発表やイギリスへの進出を決定したことなどからは、Huobiが今後国家と協力しつつ規制に準拠してしっかりとした基盤を整えたうえで取引所サービスを提供していく姿勢が現れています。

Huobiは最近「Huobi Token(HT)」と呼ばれる独自のトークンを提供することを発表しています。このユーティリティートークンは、イーサリアムブロックチェーンのERC-20規格に基づいて設計されており、5億個のトークンで保護されています。

(引用:https://blog.huobi.pro

多くの仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】NBA初「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」と提携

【Chiliz&Socios】NBA初「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」と提携

Polygen:Inazuma Capitalなど著名機関投資家から230万ドルを調達|真の分散型ローンチパッドを構築

Polygen:Inazuma Capitalなど著名機関投資家から230万ドルを調達|真の分散型ローンチパッドを構築

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

注目度の高い仮想通貨ニュース

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す