仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)は、新たにイギリスのロンドンに事務所を開設する計画を発表しました。

イギリスは仮想通貨に関連する規制が厳しいことでも有名です。

Huobiはあえてロンドンを選択したことについて「関連する規制に準拠した上で主流になる」ことを目指していることを明確に伝えています。
フオビは、Finance Magnatesの記者団に対して、その意思を次のように語っています。

「我々は規制を恐れていない」

「規制を恐れず、規制を免れている」

Huobiは2013年に中国で設立され、現在はシンガポールに本社を置く仮想通貨取引所です。設立後はシンガポール/韓国/中国内陸エリア等の多くの国や地域に独立な取引業務及び取引サービスセンターが設置されており、全世界の130カ国の数百万のユーザーにサービスを提供し、世界でも最大級の仮想通貨取引所にまで成長しました。

Huobiはロンドンの事務所を開設した後には、サンフランシスコでも事業を開始する予定とのことです。

HuobiのWebサイトは日本語にも対応しており、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)SIRIN LABS Token(SRN)なども取り扱っているため、日本人ユーザーも増えてきています。

Huobi Proの公式サイトはこちら
>>huobi.pro

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

VISA「国際決済ネットワーク」にブロックチェーン技術活用|銀行間の直接取引を実現

VISA「国際決済ネットワーク」にブロックチェーン技術活用|銀行間の直接取引を実現

ツイッター:仮想通貨・分散型アプリ特化の専門チーム「Twitter Crypto」立ち上げ

ツイッター:仮想通貨・分散型アプリ特化の専門チーム「Twitter Crypto」立ち上げ

仮想通貨取引所Huobi:フィリピン・台湾・インドネシアなど5ヶ国に進出

仮想通貨取引所Huobi:フィリピン・台湾・インドネシアなど5ヶ国に進出

MicroStrategy「ビットコイン貸出などで利回りを得る方法」を検討

MicroStrategy「ビットコイン貸出などで利回りを得る方法」を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説