仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

by BITTIMES

ギリシャ警察は、マウントゴックス事件などに関連するマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いでギリシャに拘留されているAlexander Vinnik(アレクサンダー・ビニック)氏の暗殺計画があることを明らかにしました。

マウントゴックス事件の重要人物

マウントゴックス事件」の犯人である可能性が高いと言われているAlexander Vinnik(アレクサンダー・ビニック)氏は、マウントゴックスから盗まれた資金をロシアのビットコイン取引所「BTC-e」などの複数の取引所を通じて資金洗浄を行ったとみられています。

ロシア人であるビニック氏は、ギリシャで休暇を取っていた際に現地の警察に逮捕され、米国からの要請でギリシャに拘留されていました。彼は資金洗浄に利用されたと見られている「BTC-e」の運営者でもあるとも言われており、6年で4,400億円相当のビットコイン(BTC)を用いて資金洗浄を行っていたとも言われています。

海外のメディアであるSputnikは、このアレクサンダー・ビニック氏を暗殺する計画が明らかになったと報じています。

ビニック氏の暗殺計画

ギリシャの法執行機関は、犯罪者の助けを借りてビニック氏を暗殺する計画があることを明らかにしました。

刑務所の長官とテッサロニキ市の検察官は、ビニック氏本人に毒殺が計画されている事実を伝え、それに関連した特別な安全対策をとっています。

ビニック氏は知らない人から食べ物や水などを受け取ることを禁じられています。
他の受刑者との接触がないように彼の警備は強化されているため、ビニック氏は周囲のセキュリティが強化された状態で刑務所の周りを移動することのみが許されています。

警察は今年初めに殺人事件に関する情報を受け取っていましたが、捜査官を支援するために公表を控えています。

Sputnikの報道によると、この暗殺計画には国の特別な機関などは一切関連しておらず、殺人の試みは犯罪界に関連しているとされています。

また、ロシアの未知の人物から暗殺が命じられたとも報じられています。

「ビニック氏のアメリカへの引渡しが妨害された後、すべてが始まりました。ロシアに来ないことに非常に関心のある人がいます。ロシアの未知の人物が暗殺を命じました。」

ロシアでの調査を支援する準備ができている

ビニック氏はロシアの金融技術分野で犯された犯罪について知っていると述べ、罪を認めているとも述べています。さらにビニック氏はロシアでの調査を支援する準備ができているとも語っています。

ビニック氏の弁護士は殺人計画の報告についてのコメントを拒否しており、弁護士の一人はSputnikに対して「このような声明は公式の声明と討議を通じてではなく、適切な手続きを経て調査されるべきだ」と語っています。

ビニック氏は仮想通貨取引を通じて40億ドルから90億ドルの間の資金洗浄を行なった疑いがあるとされており、アメリカからの要請でギリシャに拘留されています。

昨年の10月テッサロニキの裁判官2人は、お互いに相容れない判決を下しました。
その1つはビニック氏のロシアへの引渡しであり、もう1つはアメリカへの引渡しでした。

その後12月にギリシャの最高裁判所は、アメリカへの引き渡しを支持しました。

ビニック氏の弁護士であるTimofey Musatov氏は、ビニック氏が欧州人権裁判所での犯人救済訴訟に抗議することを明かしましています。

(引用:sputniknews.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2019年版】仮想通貨市場予測を公開「9つのポジティブ要因」で徐々に回復へ:Tom Lee

【2019年版】仮想通貨市場予測を公開「9つのポジティブ要因」で徐々に回復へ:Tom Lee

MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

bitwise:仮想通貨ETF登録に向けSECに申請|承認の可能性は?

bitwise:仮想通貨ETF登録に向けSECに申請|承認の可能性は?

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

ビットコインキャッシュ(BCH)タイの仮想通貨取引所「bitkub」上場へ

ビットコインキャッシュ(BCH)タイの仮想通貨取引所「bitkub」上場へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月13日〜19日

【Android】エイダコイン(ADA)をアプリで管理「YOROI-The Cardano Wallet」公開

【Android】エイダコイン(ADA)をアプリで管理「YOROI-The Cardano Wallet」公開

ロシア:合法化されたビットコインATM「51台」に|規制明確化で倍増の可能性も

ロシア:合法化されたビットコインATM「51台」に|規制明確化で倍増の可能性も

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

ブロックチェーンゲーム「Chainbreakers」限定ユニット配布キャンペーン:本日開催

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

eToro CEO:Ripple(リップル)社との提携に高い関心|ネットワークの発展「強く望む」

eToro CEO:Ripple(リップル)社との提携に高い関心|ネットワークの発展「強く望む」

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

スマホ決済サービス「メルペイ」始動|全国約90万箇所のiD加盟店に対応:メルカリ

スマホ決済サービス「メルペイ」始動|全国約90万箇所のiD加盟店に対応:メルカリ

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す