仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

by BITTIMES   

ギリシャ警察は、マウントゴックス事件などに関連するマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いでギリシャに拘留されているAlexander Vinnik(アレクサンダー・ビニック)氏の暗殺計画があることを明らかにしました。

マウントゴックス事件の重要人物

マウントゴックス事件」の犯人である可能性が高いと言われているAlexander Vinnik(アレクサンダー・ビニック)氏は、マウントゴックスから盗まれた資金をロシアのビットコイン取引所「BTC-e」などの複数の取引所を通じて資金洗浄を行ったとみられています。

ロシア人であるビニック氏は、ギリシャで休暇を取っていた際に現地の警察に逮捕され、米国からの要請でギリシャに拘留されていました。彼は資金洗浄に利用されたと見られている「BTC-e」の運営者でもあるとも言われており、6年で4,400億円相当のビットコイン(BTC)を用いて資金洗浄を行っていたとも言われています。

海外のメディアであるSputnikは、このアレクサンダー・ビニック氏を暗殺する計画が明らかになったと報じています。

ビニック氏の暗殺計画

ギリシャの法執行機関は、犯罪者の助けを借りてビニック氏を暗殺する計画があることを明らかにしました。

刑務所の長官とテッサロニキ市の検察官は、ビニック氏本人に毒殺が計画されている事実を伝え、それに関連した特別な安全対策をとっています。

ビニック氏は知らない人から食べ物や水などを受け取ることを禁じられています。
他の受刑者との接触がないように彼の警備は強化されているため、ビニック氏は周囲のセキュリティが強化された状態で刑務所の周りを移動することのみが許されています。

警察は今年初めに殺人事件に関する情報を受け取っていましたが、捜査官を支援するために公表を控えています。

Sputnikの報道によると、この暗殺計画には国の特別な機関などは一切関連しておらず、殺人の試みは犯罪界に関連しているとされています。

また、ロシアの未知の人物から暗殺が命じられたとも報じられています。

「ビニック氏のアメリカへの引渡しが妨害された後、すべてが始まりました。ロシアに来ないことに非常に関心のある人がいます。ロシアの未知の人物が暗殺を命じました。」

ロシアでの調査を支援する準備ができている

ビニック氏はロシアの金融技術分野で犯された犯罪について知っていると述べ、罪を認めているとも述べています。さらにビニック氏はロシアでの調査を支援する準備ができているとも語っています。

ビニック氏の弁護士は殺人計画の報告についてのコメントを拒否しており、弁護士の一人はSputnikに対して「このような声明は公式の声明と討議を通じてではなく、適切な手続きを経て調査されるべきだ」と語っています。

ビニック氏は仮想通貨取引を通じて40億ドルから90億ドルの間の資金洗浄を行なった疑いがあるとされており、アメリカからの要請でギリシャに拘留されています。

昨年の10月テッサロニキの裁判官2人は、お互いに相容れない判決を下しました。
その1つはビニック氏のロシアへの引渡しであり、もう1つはアメリカへの引渡しでした。

その後12月にギリシャの最高裁判所は、アメリカへの引き渡しを支持しました。

ビニック氏の弁護士であるTimofey Musatov氏は、ビニック氏が欧州人権裁判所での犯人救済訴訟に抗議することを明かしましています。

(引用:sputniknews.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

仮想通貨は通貨ではなく資産である|G20首脳会議

仮想通貨は通貨ではなく資産である|G20首脳会議

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す