仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

by BITTIMES   

ギリシャ警察は、マウントゴックス事件などに関連するマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いでギリシャに拘留されているAlexander Vinnik(アレクサンダー・ビニック)氏の暗殺計画があることを明らかにしました。

マウントゴックス事件の重要人物

マウントゴックス事件」の犯人である可能性が高いと言われているAlexander Vinnik(アレクサンダー・ビニック)氏は、マウントゴックスから盗まれた資金をロシアのビットコイン取引所「BTC-e」などの複数の取引所を通じて資金洗浄を行ったとみられています。

ロシア人であるビニック氏は、ギリシャで休暇を取っていた際に現地の警察に逮捕され、米国からの要請でギリシャに拘留されていました。彼は資金洗浄に利用されたと見られている「BTC-e」の運営者でもあるとも言われており、6年で4,400億円相当のビットコイン(BTC)を用いて資金洗浄を行っていたとも言われています。

海外のメディアであるSputnikは、このアレクサンダー・ビニック氏を暗殺する計画が明らかになったと報じています。

ビニック氏の暗殺計画

ギリシャの法執行機関は、犯罪者の助けを借りてビニック氏を暗殺する計画があることを明らかにしました。

刑務所の長官とテッサロニキ市の検察官は、ビニック氏本人に毒殺が計画されている事実を伝え、それに関連した特別な安全対策をとっています。

ビニック氏は知らない人から食べ物や水などを受け取ることを禁じられています。
他の受刑者との接触がないように彼の警備は強化されているため、ビニック氏は周囲のセキュリティが強化された状態で刑務所の周りを移動することのみが許されています。

警察は今年初めに殺人事件に関する情報を受け取っていましたが、捜査官を支援するために公表を控えています。

Sputnikの報道によると、この暗殺計画には国の特別な機関などは一切関連しておらず、殺人の試みは犯罪界に関連しているとされています。

また、ロシアの未知の人物から暗殺が命じられたとも報じられています。

「ビニック氏のアメリカへの引渡しが妨害された後、すべてが始まりました。ロシアに来ないことに非常に関心のある人がいます。ロシアの未知の人物が暗殺を命じました。」

ロシアでの調査を支援する準備ができている

ビニック氏はロシアの金融技術分野で犯された犯罪について知っていると述べ、罪を認めているとも述べています。さらにビニック氏はロシアでの調査を支援する準備ができているとも語っています。

ビニック氏の弁護士は殺人計画の報告についてのコメントを拒否しており、弁護士の一人はSputnikに対して「このような声明は公式の声明と討議を通じてではなく、適切な手続きを経て調査されるべきだ」と語っています。

ビニック氏は仮想通貨取引を通じて40億ドルから90億ドルの間の資金洗浄を行なった疑いがあるとされており、アメリカからの要請でギリシャに拘留されています。

昨年の10月テッサロニキの裁判官2人は、お互いに相容れない判決を下しました。
その1つはビニック氏のロシアへの引渡しであり、もう1つはアメリカへの引渡しでした。

その後12月にギリシャの最高裁判所は、アメリカへの引き渡しを支持しました。

ビニック氏の弁護士であるTimofey Musatov氏は、ビニック氏が欧州人権裁判所での犯人救済訴訟に抗議することを明かしましています。

(引用:sputniknews.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

ビットコインの下落市場は「大きな価値」を生み出した:Apple共同設立者

ビットコインの下落市場は「大きな価値」を生み出した:Apple共同設立者

IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す