ビットコイン投資で大損した芸能人の今…

by BITTIMES   

「芸能人のビットコイン投資」が話題となったことで、ビットコインが一般的に知られるきっかけになりました。
特に話題になったのが、ロンドンブーツ1号2号の淳さん、平成ノブシコブシの吉村さん、後は芸能人と呼んで良いのか分かりませんが、元ライブドア社長のホリエモンもビットコインというよりは暗号通貨自体に早くから注目していました。
彼らが始めたビットコイン投資は現状どのようになっているのでしょうか、追跡レポートという形で調査を行なっていきたいと思います。

マウントゴックス社にやられたロンブー淳

ロンブー淳さんは 2014年2月に 10万円分のビットコインを購入したと自身のウェブマガジンで公表しています。
ただ、その時に使用した取引所がマウントゴックス社だったので、破綻と共に淳さんのビットコインは消失してしまった可能性が非常に高いです。
淳さんは自身のツイッターでも「俺のビットコインどうなるんだろうか…」とツイートしていました。


現状ビットコインは消失なども全て自己責任になるので保証はありません。彼が購入したビットコインは消えてしまったと考えるのが普通ですね。
2014年2月のビットコイン価格は 5万円前後でしたから 10万円分で 2BTCほどを所有していたと思われてます。
もしも現在まで所有していたとしたら 24万円前後になっており、投資金額の 2.4倍ですからかなり良い投資になったはずです。

大勝ちの可能性も!平成ノブシコブシ吉村

吉村さんは 2016年3月放送のラジオで「 10万円損した!」と発言していました。
吉村さんは2016年2月に 100万円分のビットコインを購入しており、購入時のレートが 1BTC=5万円。合計 20ビットコインほどを所有していたと考えられます。
ラジオ放送時は 1BTC=4万5000円だったので、20BTC × 5000円の下落でちょうど 10万円の含み損ですね。
しかし、この 1年でビットコイン価格は 1BTCあたり 5万円から 12万円と2.4倍になっていますから、やはり吉村さんも売却せずにそのまま保有していたら240万円ほどになっているはずです。
1年で2.4倍ですから、かなり良いビットコイン投資になっているのではないでしょうか。

ビットコインとホリエモン

ホリモンの場合は 3年ほど前からビットコインを含めた暗号通貨の可能性を話していました。
https://youtu.be/DI3Xm_-iIZA
https://youtu.be/XjyNwO40BKA

「イーサリアムやべぇ…」

イーサリアムのスマートコントラクトを付与したブロックチェーン技術の可能性に気づいたホリエモンは当時プレセールスを行なっていたイーサリアムに多額の投資を行なっています。
当時、自身のブログでも「イーサリアムやベぇ…」というタイトルでイーサリアムについて語った記事を書き残しています。下記はその一部の抜粋
ビットコインについて色々調べてたら2014年2月にプロジェクトが始まったばかりのイーサリアムってのを見つけた。ブロックチェーンにコインの金額や受取人などの取引情報ではなく、契約(スマートコントラクト)を記述してしまおうという仕組みがイーサリアムだ。
これってすごい。自治体とか国とか要らなくなる!だってこのネットワークに数千万人、いや億単位の人が参加して、その人達の合意のもとに色々な契約が最小コストで出来るようになるからだ。改めて、公開鍵暗号方式とビットコイン型のブロックチェーン方式の認証システムのコンボの凄さを思い知ったよ。。。

20万円のイーサリアムが700万円に

イーサリアムの可能性に気がついたホリエモンはすぐに多額の投資を行ったとされていますが、いくら買ったのかは不明です。
しかし、一緒にイーサリアムに投資した森田社長(株式会社ヒトメディア社長)は 20万円分のイーサリアムを購入し、その数ヶ月でイーサリアム価格が 35倍まで高騰、数ヶ月で 20万円が 700 万円になったというエピソードを話しています。
https://youtu.be/HNM5J52iEao
最後までホリエモンがいくらイーサリアムに投資したのかは分かりませんが、友人を誘ったくらいですからそれ以上の投資は行なっていると考えて良いでしょう。
仮に 100万円の投資だったとして 3500万円、1000万円の投資なら 3億5000万円です。
元々エンジニアとしてビジネスを行なっており、ブロックチェーン技術自体に詳しいホリエモンならそれくらいの投資を行っていてもおかしくないですね。
イーサリアムの可能性を技術面とビジネス面から理解し、良い投資対象として判断し、その通りになったホリエモンの目はさすがです。
今後もビットコインをはじめとした暗号通貨投資を芸能人が行い、話題になることはビットコイン市場にとってプラスになるので、芸能人にはどんどんビットコイン投資を始めてもらいたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

Twitterで「ビットコインの少額送金」が可能に|拡張機能ベータ版リリース:Tippin

仮想通貨投資で200万円を5億円に変えた投資家たち

仮想通貨投資で200万円を5億円に変えた投資家たち

ビットコインにかかる税金の簡単な計算方法【国税庁のアナウンスより】

ビットコインにかかる税金の簡単な計算方法【国税庁のアナウンスより】

CoinEx Dock|暗号資産投資と資金調達を合理化する全く新しいサービス

CoinEx Dock|暗号資産投資と資金調達を合理化する全く新しいサービス

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ロシア大手銀行子会社:スイス規制当局から「暗号資産交換業」のライセンス取得

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

Solana関連ウォレット「Solflare」大手暗号資産取引所FTXと提携

Solana関連ウォレット「Solflare」大手暗号資産取引所FTXと提携

BTCBOX「最大10万円が当たる!!新規コイン上場記念キャンペーン」開始

BTCBOX「最大10万円が当たる!!新規コイン上場記念キャンペーン」開始

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Ledger Live「FTXを介した暗号資産交換機能」を追加|アプリ内で直接交換可能に

Ledger Live「FTXを介した暗号資産交換機能」を追加|アプリ内で直接交換可能に

Talk-To-Earn採用のWeb3メタバース「AZITO」ホワイトペーパー公開|NFT販売も予定

Talk-To-Earn採用のWeb3メタバース「AZITO」ホワイトペーパー公開|NFT販売も予定

Bitget「メンター募集プログラム」開始のお知らせ

Bitget「メンター募集プログラム」開始のお知らせ

GMOコイン:暗号資産の預入れで「現金最大10万円が当たる」キャンペーン開始

GMOコイン:暗号資産の預入れで「現金最大10万円が当たる」キャンペーン開始

HEXA:ホルモン食堂「食樂」のメニュースポンサーNFT販売へ|本日21時から

HEXA:ホルモン食堂「食樂」のメニュースポンサーNFT販売へ|本日21時から

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す