Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

by BITTIMES

世界的な大手暗号資産取引プラットフォームである「Bitget(ビットゲット)」は2022年6月22日に、現在の暗号資産市場が低迷しているにもかかわらず、今後6ヶ月で従業員を倍増して1,000人に達する予定であることを発表しました。

こちらから読む:ビットゲット関連の記事を新着順で「Bitget」関連ニュース

2022年末までに「従業員数1,000人」目指す

Bitget(ビットゲット)は2022年6月22日に、現在の暗号資産市場が低迷しているにもかかわらず、今後6ヶ月で従業員を倍増して1,000人に達する予定であることを発表しました。

2022年第2四半期の初めから、暗号資産市場全体は下落傾向にあり、この分野で進行中だった多くのプロジェクトやイニシアチブが短縮されました。市場のボラティリティの中で、ネガティブな市場のセンチメントは、急速な経済状況の変化に拍車をかけ、様々なグローバル暗号資産オペレーターの人員削減・リソースの過剰雇用や配置ミスにつながりました。

世界有数のデリバティブ取引所である「Bitget」は、不確実な市場環境にもかかわらず、驚異的な成長を遂げ、強力で定期的なキャッシュフローを生み出しています。このような市場環境にもかかわらず、同プラットフォームは、提供サービスの強化や、ユーザーからの急増するニーズの充足を妨げてはいません。2021年初頭、Bitgetは150人の小さなチームでしたが、その後、2022年半ばには3倍を達成しました。急成長に対応するため、Bitgetは採用計画を加速させ、今後の新たな展開に道を開いていく予定です。

「Bitget」のマネージングディレクターであるGracy Chen氏は今回の従業員倍増計画について次のように述べています。

世界50カ国以上で展開するBitgetは、前例のないスピードで成長も遂げています。今年初めには、当社のデリバティブ取引高が2022年3月に86億9000万ドルと過去最高を記録したことを発表しました。過去12ヶ月の間に、私たちの取引量は10倍以上に成長し、注目すべき業績が解放されました。さらに、私たちのユーザーベースも、世界中で200万人のユーザーに大きく成長しました。

もちろん、急成長する市場のニーズに応えるため、チームの拡大にも意欲的でしたが、当初からより慎重なアプローチを採用することにしました。グローバルチームと地域チームが頻繁にミーティングを行い、必要なリソースを把握することで、戦略的な採用を計画的かつ効果的に実施することができました。各地域でのオペレーションを強固にし、オペレーション・製品開発・カスタマーサービスなどをカバーする地域密着型の採用を行いたいと考えています。

暗号資産の冬の時代に耐え続ける今は、市場で人材を集め、基盤を強化し、成長を優先し、市場が力を取り戻したときに次の暗号資産採用のラウンドを迎える準備をするための絶好の機会となるでしょう。

Bitgetは今後、製品開発と顧客サービス分野を中心としてグローバル従業員数を1,000人に拡大することを目指しています(年内約500人の新規雇用に相当)。グローバルな暗号資産事業者として、プラットフォームが円滑に運営され、最も重要なことは、ハッカーやウイルスからコンプライアンスと安全を確保するための定期的な更新が不可欠です。

さらに、Bitgetの指針である製品革新は、ソーシャルトレーディングのコンセプトであるワンクリックコピートレード製品で最も意味深く証明されており、製品開発チームはBitgetの提供製品の拡大を支える上で極めて重要な役割を果たすことになります。

「Bitget」のCEOであるSandra Lou氏はこれらの取り組みについて次のように述べています。

この1年でBitgetは驚異的な成長を遂げ、デリバティブ取引において短期間で世界のトップ5にランクされるまでになりました。当社のモットーである "Better Trading, Better Life "に忠実に、コミュニティへのコミットメントを守り、業界標準に沿った開発を行い、トレーダーに最高の経験を提供できるよう努力していきます。成長する市場のニーズに応え、次のブルランに備えるために、従業員を強化することを楽しみにしています。

【Bitgetについて】
2018年末に設立されたBitgetは、世界有数の暗号資産取引所の1つです。現在、世界50カ国以上で200万人以上のユーザーにサービスを提供しているBitgetは、2021年に20カ国以上にまたがる500人の従業員で分散型金融を促進するという使命を加速させました。

2019年6月に暗号資産デリバティブ市場におけるBitgetの正式な立ち上げ以来、このプラットフォームは現在、世界最大の暗号資産コピー取引およびデリバティブ取引所の1つとなり、CoinMarketCapおよびCoinGeckoによるデリバティブ取引量では世界トップ5にランクインしています。この大手取引所は、ソーシャルトレーディングによって人々がつながり、取引する方法を変革することに焦点を当てています。同社の主力サービスであるワンクリックコピートレードは、ソーシャルトレーディングのパイオニアに他ならず、27,000人以上のプロトレーダーと約100万人のフォロワーを集め、世界中の暗号資産デリバティブトレーダーの経験を革新してきました。

Bitgetは、「Better Trading, Better Life」の理念を忠実に守り、世界中のユーザーに包括的で安全な取引ソリューションを提供し、Web2とWeb3を超越し、CeFiとDeFiをつなぐ、暗号資産の広大なウェブへの広大な架け橋となることを目標としています。2021年9月、Bitgetは世界的に有名なサッカーチームであるユベントスの初のスリーブパートナーとして、またその直後にPGL Majorの公式esport cryptoパートナーとしてスポンサーシップを発表しました。また、2022年初頭には、大手esports団体「Team Spirit」、トルコの大手老舗サッカークラブ「Galatasaray」とのパートナーシップも発表されました。

Bitgetの詳細については下記をご覧ください。
>>「Bitget公式サイト」はこちら
>>「Bitget公式Telegram」はこちら
>>「Bitget公式Twitter」はこちら
>>「Bitget公式Linkedin」はこちら
>>「Bitget公式LINE」はこちら
>>「Bitget公式YouTube」はこちら
>>「Bitget公式Instagram」はこちら
>>「Bitget公式Discord」はこちら
>>「Bitget」の登録はこちら


免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

Tesla:サイバートラックの販売で「DOGE決済」対応か

Tesla:サイバートラックの販売で「DOGE決済」対応か

ビットコインが稼げるバトルロワイヤルゲーム「Lightnite」登場:Satoshis Games

ビットコインが稼げるバトルロワイヤルゲーム「Lightnite」登場:Satoshis Games

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ロシア政府・中央銀行:暗号資産を「通貨の類似品」として定義することで合意=報道

ロシア政府・中央銀行:暗号資産を「通貨の類似品」として定義することで合意=報道

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

SBI VCトレード:最大5万円もらえる「初回取引&カムバックキャンぺーン」開始

SBI VCトレード:最大5万円もらえる「初回取引&カムバックキャンぺーン」開始

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す