先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

by BITTIMES

暗号資産市場は過去数年間に渡って拡大を続けており、時価総額は2021年に約3兆ドルのピークに達しました。その潜在能力の高さと卓越したパフォーマンスのおかげで、世界中のより多くのユーザーがこれらの主要な新興資産を採用し、投資を始めています。仮想通貨投資家の増加に伴い、市場は拡大・成熟しています。一方、従来の金融市場で不可欠な要素であるデリバティブは、暗号資産分野において独自の役割を担っています。

先物の取引量が増加し、市場の成長を促進

デリバティブ導入によって、投資家はリスクを回避して減価リスクをヘッジし、合理的なポートフォリオを構築するためのより多くのツールを手にすることができるようになります。仮想通貨市場の幅と深さの両方が拡大するにつれて、先物市場はしばしば価格をリードするスポット市場を凌駕しています。大きな金融市場はデリバティブの発展を促し、デリバティブは金融市場を本格化させることにつながります。

無期限先物契約は、最も広く利用されている仮想通貨デリバティブです。BitMEX(ビットメックス)は2018年に無期限先物契約を導入し、これらのデリバティブを開始した最初の暗号資産取引所となりました。その後、さらに多くの取引所が仮想通貨先物取引サービスをリリースし、主流の暗号資産とUSDTで証拠金化された契約取引をカバーしました。一方、無期限先物契約の取引量は増え続けています。

TokenInsightのレポートによると、2021年に中央集権的取引所と分散型取引所が記録したスポット取引量の合計は49兆ドルに達し、無期限先物契約の取引量の合計は56兆8,000億ドルに到達、2020年のデリバティブ取引量の12兆4,000億ドルと比較して358%増加しました。

(出典:TokenInsight)(出典:TokenInsight)

無期限先物契約は依然として有望であり、暗号取引所の分野に突然の変化をもたらす

仮想通貨無期限先物市場は急速に成長していますが、従来の先物取引所と比較して、取引量にはまだ大きな改善の余地があります。「coinglass」によると、仮想通貨スポット価格の急激な下落にもかかわらず、無期限先物の取引量はあまり影響を受けておらず、ほとんどのトレーダーは非常にアクティブな状態を維持しているとのことです。

(出典:coinglass)(出典:coinglass)

取引所は、仮想通貨市場にとって先物がいかに重要であるかを十分に認識しています。今現在、CoinMarketCapに掲載されている500以上の取引所のうち、50以上の取引所がデリバティブのサービスを提供しています。BitMEXが初めて無期限先物契約を開始して以来、トップクラスの先物取引所の風景に多くの変化が見られました。先駆者であるBitMEXはコンプライアンス問題に見舞われ、徐々にトップの座を失ってきた一方で、かつて先物取引高でトップ3に入っていた「Huobi」と「OKEX」は、現地の政策によりその繁栄は衰退の一途をたどっています。

仮想通貨先物は巨大な潜在力を持つ新興市場として、取引所間の熾烈な競争が繰り広げられる新たな分野となりつつあります。今のところレースの結果は不透明なままですが、特にプロ向けの取引所「FTX」や、使い勝手の良い取引所「CoinEx」など、独自の特徴を持つ新しい取引所は年々強くなってきています。

先物取引の手軽さを追求するユニークな「チャレンジャー」

FTXは、従来の金融のプロトレーダーの需要に応えるために生まれた取引所で、提供される商品もベテラン向けに設計されています。商品のウェブページやユーザーガイドも従来の取引所と酷似しており、こうしたスタイルも多くのプロ投資家を惹きつける要因となっています。

『暗号資産取引をより簡単にすること』にコミットしているCoinExは、FTXとは全く違います。初心者に優しい機能で、多くの暗号資産初心者を魅了しています。製品デザインに特化したこの取引所は「より直感的なビデオチュートリアル」や「イラスト入りの説明書」を提供しています。

CoinExではポジションを開く/閉じるのが非常に簡単です。具体的には、ユーザーはウェブサイトやモバイルアプリでポジションを開始したり、すべてを決済したりすることができます。またCoinExでは「詳細なポジション情報」や「180日間のPNL分析」を提供しているため、投資家は最新の数値に基づき取引を見直し、適切な判断を下すことができるようになっています。

さらに、グローバルプラットフォームであるCoinExは、16の言語に対応しており、ローカライズされたサービスにより、様々な地域のユーザーから認知されています。個人投資家が他者より優位に立つために、同取引所は現在100以上の先物市場を提供しており、その数は増え続けています。

強力な技術チームに支えられセキュリティが強化されているCoinExは、これまでセキュリティ侵害に遭ったことがありません。取引手数料の安さ、シンプルで使いやすいサービスの多彩な品揃え、安全で安定したシステムなど、多くのメリットを持つCoinExは、今日の弱気市場でより多くの先物初心者に好まれる取引所となるかもしれません。

仮想通貨市場は、プロフェッショナルに特化した取引所が決して少なくありません。一方、従来の金融市場も暗号資産デリバティブに進出する準備を進めています。例えば「CBOE」と「CME」は先陣を切って、2017年にビットコイン先物取引を開始しました。その後は「SIXスイス取引所」と「Eurex」も仮想通貨デリバティブを導入しています。CoinExのような「道なき道を行く」取引所は、2022年の先物レースにおける新たな挑戦者となるかもしれません。

>>「CoinEx」の公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

日本政府「暗号資産の法人税」見直しへ|課税方法変更で新興企業の海外流出防ぐ

日本政府「暗号資産の法人税」見直しへ|課税方法変更で新興企業の海外流出防ぐ

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

XANAメタバースNFT「企業コラボ®Tシャツ」がリアルTシャツに|全国のイオン店舗で発売

XANAメタバースNFT「企業コラボ®Tシャツ」がリアルTシャツに|全国のイオン店舗で発売

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

柴犬コイン(SHIB)VS メタケード(MCADE)2023年の仮想通貨投資の成功への道

柴犬コイン(SHIB)VS メタケード(MCADE)2023年の仮想通貨投資の成功への道

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す