AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

by BITTIMES

Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス/AWS)は、ConsenSys(コンセンシス)と提携を結び、ブロックチェーンクラウドプラットフォームであるKaleido(カレイド)を提供することを発表しました。

ブロックチェーンプラットフォーム『Kaleido(カレイド)』

Kaleido(カレイド)は、ブロックチェーンビジネス向けのクラウドサービスです。

このクラウドサービスは、企業やユーザーが膨大な専門的な知識を学ぶことなくブロックチェーンを利用するための『簡単なパーツ』を提供することを目指しています。

このサービスを利用する企業は、専門的な知識をゼロから学ぶ必要なくイーサリアム(ETH)ブロックチェーンに基づいたブロックチェーンプラットフォームを構築および管理できいます。

ConsenSysのジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)氏は、ニューヨークでこのプロジェクトを発表しました。

「企業向けのWeb3を根本的にシンプルに作りましょう。Kaleidoを通じてあなたと会えるのを楽しみにしています。」

ルービン氏は、このAmazonの動きが「会社をブロックチェーンソリューションにする完全なスタック方法だ」とCNBCに語っています。

Kaleido(カレイド)の概要

Kaleidoは既にAWSの市場にリリースされています。AWSで紹介されている製品の概要は次のような内容となっています。

Kaleidoは、安全なプライベート・チェーンの展開と運用を根本的に簡素化する、オールインワンのエンタープライズSaaSプラットフォームです。

このブロックチェーンソリューションは、実験やPoC(proof-of-concept)の試験的な運用や生産までの行程を加速するように設計されているとのことです。

クライアントは、イーサリアムプロトコルパッケージGeth/Quorumから選択することができ、RAFT/IBFT/POAなどのコンセンサスアルゴリズムを切り替えることができます。

イーサリアムブロックチェーンアプリプラットフォームで最も人気のあるクライアントであるGeth/Quorumは、JPモルガン・チェースによって開発されたethereumのエンタープライズ版です。

コンソーシアムジャーニー

Kaleidoはスクリプトやテンプレートを加速する以外にも、実験やPoCからパイロットや生産に至るコンソーシアム全体の旅を加速するように設計されています。コンセプトからコンソーシアムまで数分で移行します。

SIMPLICITY

サービスは、単純なオンボーディング、分散プロキシオペレータモデル、および統合されたブロックエクスプローラおよび分析を提供します。AWSアカウントをリンクし、プライベートリンクなどの統合サービスを有効にすることで、他の一般的なAWSサービスにシームレスかつ安全に接続できます。

柔軟性

Kaleidoは現在、EthereumプロトコルパッケージGethとQuorumの間、およびRAFT、IBFT、POAなどのコンセンサスアルゴリズムの中から選択肢を提供しています。Ethereumメインネットへの統合状態リレーまたはトランザクションアンカーリングのためのテストネットを介して、パブリックブロックチェーンレベルのセキュリティでプライベートチェーンを強化します。

ガバナンス

複数の関係者がネットワークを一緒に管理できない限り、分散ネットワークは本当に配布されません。Kaleidos統合ツールは、ネットワークの集団的ガバナンスのために設計されています。

無料トライアル

Kaleidoは現在無償でアクセスしています。

関係者からのコメント

Kaleidoの創設者の一人であるSteve Cerveny氏はCNBCに対して次のように述べています。

「彼らは自分たちのシナリオに集中することができ、暗号化技術の博士号を取得する必要もありません。私たちは会社にブロックチェーンを構築するためのシンプルなプラットフォームを提供します。」

AWSは4月にイーサリアム(ETH)とHyperledger Fabricのブロックチェーンフレームワークをリリースしました。

ユーザーは独自のブロックチェーンに対応した分散型アプリケーション(DApps)を構築および管理できます。

昨年、アマゾンの創業者であるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏の申立てでは、暗号通貨を電子商取引プラットフォームの支払い形態として受け入れるよう要求していましたが、同社はこのオプションを利用可能にしていません。

Kaleido(カレイド)の詳細はこちらからどうぞ
>aws.amazon.com

イーサリアム(ETH)の購入は仮想通貨取引所bitFlyerからどうぞ

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

イーサリアム市場にTOYOTA・三菱東京UFJ銀行も

イーサリアム市場にTOYOTA・三菱東京UFJ銀行も

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

スマートコントラクト分散型取引所Dex.topが今月中に取引を開始

スマートコントラクト分散型取引所Dex.topが今月中に取引を開始

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

Weiss Ratingsが格付けを公開|ハードフォークへの懸念も

Weiss Ratingsが格付けを公開|ハードフォークへの懸念も

真のビットコインはどちらか?|元ゴールドマンサックス関係者の見解

真のビットコインはどちらか?|元ゴールドマンサックス関係者の見解

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

ビットコインキャッシュで簡単に寄付を募る|Akari-Pay

ビットコインキャッシュで簡単に寄付を募る|Akari-Pay

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す