AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

by BITTIMES   

Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス/AWS)は、ConsenSys(コンセンシス)と提携を結び、ブロックチェーンクラウドプラットフォームであるKaleido(カレイド)を提供することを発表しました。

ブロックチェーンプラットフォーム『Kaleido(カレイド)』

Kaleido(カレイド)は、ブロックチェーンビジネス向けのクラウドサービスです。

このクラウドサービスは、企業やユーザーが膨大な専門的な知識を学ぶことなくブロックチェーンを利用するための『簡単なパーツ』を提供することを目指しています。

このサービスを利用する企業は、専門的な知識をゼロから学ぶ必要なくイーサリアム(ETH)ブロックチェーンに基づいたブロックチェーンプラットフォームを構築および管理できいます。

ConsenSysのジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)氏は、ニューヨークでこのプロジェクトを発表しました。

「企業向けのWeb3を根本的にシンプルに作りましょう。Kaleidoを通じてあなたと会えるのを楽しみにしています。」

ルービン氏は、このAmazonの動きが「会社をブロックチェーンソリューションにする完全なスタック方法だ」とCNBCに語っています。

Kaleido(カレイド)の概要

Kaleidoは既にAWSの市場にリリースされています。AWSで紹介されている製品の概要は次のような内容となっています。

Kaleidoは、安全なプライベート・チェーンの展開と運用を根本的に簡素化する、オールインワンのエンタープライズSaaSプラットフォームです。

このブロックチェーンソリューションは、実験やPoC(proof-of-concept)の試験的な運用や生産までの行程を加速するように設計されているとのことです。

クライアントは、イーサリアムプロトコルパッケージGeth/Quorumから選択することができ、RAFT/IBFT/POAなどのコンセンサスアルゴリズムを切り替えることができます。

イーサリアムブロックチェーンアプリプラットフォームで最も人気のあるクライアントであるGeth/Quorumは、JPモルガン・チェースによって開発されたethereumのエンタープライズ版です。

コンソーシアムジャーニー

Kaleidoはスクリプトやテンプレートを加速する以外にも、実験やPoCからパイロットや生産に至るコンソーシアム全体の旅を加速するように設計されています。コンセプトからコンソーシアムまで数分で移行します。

SIMPLICITY

サービスは、単純なオンボーディング、分散プロキシオペレータモデル、および統合されたブロックエクスプローラおよび分析を提供します。AWSアカウントをリンクし、プライベートリンクなどの統合サービスを有効にすることで、他の一般的なAWSサービスにシームレスかつ安全に接続できます。

柔軟性

Kaleidoは現在、EthereumプロトコルパッケージGethとQuorumの間、およびRAFT、IBFT、POAなどのコンセンサスアルゴリズムの中から選択肢を提供しています。Ethereumメインネットへの統合状態リレーまたはトランザクションアンカーリングのためのテストネットを介して、パブリックブロックチェーンレベルのセキュリティでプライベートチェーンを強化します。

ガバナンス

複数の関係者がネットワークを一緒に管理できない限り、分散ネットワークは本当に配布されません。Kaleidos統合ツールは、ネットワークの集団的ガバナンスのために設計されています。

無料トライアル

Kaleidoは現在無償でアクセスしています。

関係者からのコメント

Kaleidoの創設者の一人であるSteve Cerveny氏はCNBCに対して次のように述べています。

「彼らは自分たちのシナリオに集中することができ、暗号化技術の博士号を取得する必要もありません。私たちは会社にブロックチェーンを構築するためのシンプルなプラットフォームを提供します。」

AWSは4月にイーサリアム(ETH)とHyperledger Fabricのブロックチェーンフレームワークをリリースしました。

ユーザーは独自のブロックチェーンに対応した分散型アプリケーション(DApps)を構築および管理できます。

昨年、アマゾンの創業者であるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏の申立てでは、暗号通貨を電子商取引プラットフォームの支払い形態として受け入れるよう要求していましたが、同社はこのオプションを利用可能にしていません。

Kaleido(カレイド)の詳細はこちらからどうぞ
>aws.amazon.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

3.11からの復活となるか?「福島でブロックチェーン送電システムのテスト開始」

3.11からの復活となるか?「福島でブロックチェーン送電システムのテスト開始」

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

世界一のモバイル決済アプリAlipayついにブロックチェーン技術導入へ

世界一のモバイル決済アプリAlipayついにブロックチェーン技術導入へ

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

DAppsランキングトップ10「TRON・EOS」が独占|TRX価格も順調に回復

DAppsランキングトップ10「TRON・EOS」が独占|TRX価格も順調に回復

注目度の高い仮想通貨ニュース

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

カルダノ(Cardano)ロードマップ「日本語版」ついに公開

カルダノ(Cardano)ロードマップ「日本語版」ついに公開

環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す