今後の強気相場到来に向けて、今注目の仮想通貨8選:2022年12月

by BITTIMES   

強気相場の到来が見込まれる今、現在の仮想通貨価格は大幅な割引価格で購入して仮想通貨投資の次の波に乗る絶好の機会となっています。しかし、市場には12,000を超える暗号通貨があります。どこから始めればいいのでしょうか?この記事では、今後数ヶ月の間に急上昇する可能性があると期待されている8つの暗号資産を紹介します。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Metacade(MCADE):GameFi分野のリーダーへ

Metacade(MCADE)は、新興のGameFi空間におけるリーダーとなることを目指している野心的な計画を持つプラットフォームであり、ゲーマー・仮想通貨投資家・起業家・開発者が活気あるコミュニティーの場でつながるためのプラットフォームです。メタケードでは、最新のPlay2Earnゲームをプレイし、ゲーム収入を高める複数の方法を発見し、将来のPlay2Earnタイトルの開発に直接的な役割を果たすことができるようになります。

Metacadeのビジョンのひとつは『従来の中央集権的なゲームモデルを覆すこと』です。ゲーム業界の多くの企業は、ユーザーから価値を得ることはあっても、その見返りはほとんどありません。Metacadeは、コミュニティリワード、Play2Earnを最大限に活用するための学習スペース、メタグラントなどの機能により、あらゆる段階でユーザーの価値を最大化することを計画しています。

Metacadeをより良いGameFiの拠点としていただくために、ユーザーがレビューを投稿したり、アルファ版を提供したり、コミュニティが価値を見出すコンテンツを共有するたびに、MCADEトークンが付与されます。経験豊富なプレイヤーは、すでに知っていることを共有するだけで、報酬を得ることができます。初心者は、偉大な人たちの肩の上に立ち、自分が試しているゲームのレビューを共有するだけで報酬を得ることができます。

プラットフォーム上では、Play2Earnの各ゲーム専用のエリア、お気に入りのゲームのリーダーボード、さらには定期的なトーナメントや賞品の抽選に参加することができます。中でも、最も注目を集めているのが「メタグラント」です。メタグラントは、コミュニティが最もプレイしたいと思うゲームを開発するために、開発者に人生を変えるような資金を提供し、ユーザーは自分のお気に入りのアイデアに投票し、支援を提供することができるのです。ゲームが完成すると、Metacadeのバーチャル・アーケードに追加され、誰でもプレイできるようになります。

プラットフォームが自給自足で繁栄するコミュニティの本拠地になれば、Metacadeは分散型自律組織(DAO)になるよう努力します。この時点で、リーダーシップの役割はコミュニティのメンバーに引き継がれ、MCADEトークンの保有者は、新機能やパートナーシップなど、プラットフォームの今後の変更について投票できるようになります。Metacadeの最終目標は「ユーザー価値の最大化というコミットメントの一環として、世界初のプレイヤー主導型バーチャルアーケード」となることです。

Metacadeは、成功するプロジェクトの特徴をすべて備えています。Crypto.comが「2025年までに従来のゲームの10倍の速度で成長する」と予想している急成長中のGameFi業界に参入し、多くの人々を魅了するであろう機能をたくさん備えています。このトークンはまだプレセール中なので、初期投資できる点でも優れています。このため、MCADEは今注目の仮想通貨の1つとしてリストアップされています。

>>> Metacadeの詳細などはこちらから確認できます <<<

ビットコイン(BTC)

今注目すべき2番目の仮想通貨としてランクインしたのは、仮想通貨市場のリーダーであるビットコインです。ビットコインは、記事執筆時点におけるCoinGeckoのデータで時価総額4,000億ドルとされる市場で最も価値のあるコインです。参考程度ではありますが、これはNetflix・Morgan Stanley・Intelの合計よりも価値があることになります。

ビットコインは2021年の強気相場で68,000ドルまで上昇した後、2022年の弱気相場でも最強の仮想通貨の1つであり続けています。2021年の高値から今年の底値まで約75%下落していますが、この下落率はピーク時から90%以上下落した、より投機的なアルトコインと比べるとかなり少ないものです。

ビットコインは再びこの高値に到達する可能性が非常に高いと考えられているため、今のビットコイン価格である約20,000ドルは信じられないほど安いとも見られています。ビットコインに関しては「いつか価値が50万ドルに達する」という予測も出ているため、そのような予想を信じる場合は、次の上昇相場前にある程度のBTC拾っておけば、素晴らしい投資になる可能性があります。

イーサリアム(ETH)

スマートコントラクトを導入した最初の暗号資産の1つであるイーサリアム(ETH)は、スケーラビリティの低さ・セキュリティの欠如・環境負荷の高さといった問題解決を目指した複数のライバルを生み出しています。しかし、最近のマージ実施でイーサリアムがプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行したことによって、本当の「イーサリアムキラー」はイーサリアムそのものになる可能性があるようです。

このアップグレードにより、取引速度の向上と手数料の低減、さらに環境負荷の最大99.5%削減が約束されています。イーサリアムは現在でも1秒間に30トランザクション(TPS)の速度で取引を行っていますが(ethtps.info)、今回のアップグレードによって、最終的には10万TPSの速度を達成することができるようになると期待されています。これは、最大65,000TPSを処理できるVISAやMastercardと容易に競合することになります。

このスピードが実現されるのはまだ先の話かもしれませんが、継続的にアップグレードが行われているため、このスピードが実現するのは時間の問題であると考えられます。現在ETHは大幅な割引価格で取引されているため、今注目すべき仮想通貨の第3位にランクインしています。

エイプコイン(APE)

エイプコイン(APE)はApe Ecosystemのネイティブトークンで、今注目すべき仮想通貨の第4位にランクインしています。APEは市場で最も広く認知されているNFTプロジェクトの1つであるBored Ape Yacht Club(BAYC)の会社である「Yuga Labs」によって作成されたものです。APEはユーティリティ&ガバナンストークンであり、保有者はApeエコシステムの独占機能にアクセスでき、新しいリーダー、機能、パートナーシップなどの重要な決定について投票することができるようになります。

メタバースへの熱狂が高まる中、Yuga LabsはOthersideでこの空間への進出を果たしました。Othersideは「オープンで相互運用可能なメタバース」であり、プレイヤーは何千ものOthersideの住人と共に、自分の望むものを何でも作ることができるようになるとのことです。Othersideのウェブサイトによると、チームのミッションは「Othersideをこれまでにない方法で、没入型、インタラクティブ、コラボレーションにすること」だそうです。

先日、ゲームの土地である55,000のOtherdeedsを24時間以内に5億円以上で売り切ったことで、多くの人がOthersideの成功に対して非常に強気になっているようです。APEトークンがゲーム通貨になることを考えると、2023年のOtherside発売時には大きな盛り上がりを見られるかもしれません。

バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)は、暗号資産取引所「Binance」における取引手数料の割引トークンとしてその歴史をスタートさせました。しかし現在では、何千ものトークンとdAppsのバックボーンを提供するスマートコントラクトプラットフォームである、大人気のチェーン「Binance Smart Chain(BSC)」にパワーを供給しています。

ETHと同様に、BNBはそのチェーン上に構築されたプロジェクトのガス代を支払うために使用されます。また、Binanceの取引所で新しいプロジェクトを取引できる唯一の通貨であることも多く、需要をさらに押し上げています。25%のスポット取引割引を提供しているため、BNBは強気市場の時に需要が急増し、仮想通貨全体への投資の優れた代用品となります。

最近では「カザフスタンがBNBチェーンで中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテストを計画している」というニュースも報告されているため、BNBは今注目すべき仮想通貨の第5位にランク付けされています。

ファイルコイン(FIL)

ファイルコイン(FIL)は、中央集権的な巨大ストレージ業界に挑む分散型ストレージ・ソリューションです。これは、誰でもFILトークンと引き換えに無料のストレージスペースを貸し出せるようにするもので「クラウドストレージのAirbnb」と評されることもあります。CoinTelegraphによると、ストレージプロバイダーが最安値を競う中、Filecoinネットワークにデータを保存するコストは、従来の中央集権型プロバイダーのわずか0.5%だとされています。

ファイルコインのプロバイダーは、2022年だけですでに約259ペタバイト(259,000,000ギガバイト)を保存しており、この数は毎月25%の割合で増加しているそうです。最近、Saturnコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)が開始され、これまで10テラバイト必要だった無料ストレージの最低条件が1テラバイトに引き下げられたため、プロバイダーの数は急上昇すると予想されています。

もしもファイルコインが現在の軌道を維持することができれば、クラウドストレージ業界に良い革命を起こすことができるでしょう。これらの素晴らしい統計値を念頭に置いて、FILは今注目すべき仮想通貨の第6位にランク付けされています。

チリーズ(CHZ)

チリーズ(CHZ)はファントークンのプラットフォームであり、ワールドカップでの活躍などでも期待されていました。Chilizでは、チームがファントークンを発行し、ファントークン保有者はユニフォーム・祝賀音楽・スタジアムの名称などに関する投票権を持つことができます。また、ファントークンを使って限定グッズやイベントなどに参加することもでき、ファンにとって「お気に入りのクラブとつながるための新しい方法」となっています。

すでに国際的なサッカーチームのアルゼンチンやポルトガルのトークンがあり、イタリアのファントークンも近々リリースされる予定です。これらの国の仮想通貨ファンは、好きなチームを応援するためにファントークンを手にする可能性が高く、特にチームが好調なときには、このトークンが高く評価される傾向があるため、ファントークンの需要が高まることが予想されます。

これは、CHZの需要増加に繋がり、トークン価格上昇にもつながる可能性があると期待されています。このような強力な触媒を持つCHZは、今注目すべき7番目の仮想通貨と評されています。

ソラナ(SOL)

ソラナ(SOL)は、世界最速のスマートコントラクトプラットフォームの1つです。これはSolanaの共同創設者であるAnatoly Yakovenko氏が、中央時計を持つブロックチェーンがより効率的であると理論化した後、イーサリアムの高い手数料と低いTPSに対抗するために立ち上げられたものです。このアイデアは、PoH(proof-of-history)の基礎となるもので、SolanaはPoSと組み合わせて、1取引あたりわずか0.00025ドルの平均コストで3500TPSの速度を達成するために使用しています。

このイノベーションにより、Solanaは主要なスマートコントラクトプラットフォームの1つになり、現在最も価値のある暗号通貨として10位にランクインしています。Solanaの新しいスマホ「Saga」は"モバイルにおけるWeb3体験の新基準 "として、トークンをさらに押し上げる可能性があります。Sagaは、モバイルでのデジタル資産の取引と管理を容易にし、開発者がSolanaチェーンに基づいたリッチなモバイル体験を構築するためのフレームワークを提供する予定です。

アプリケーションから離れた場所にプライベートキーを保管するSeed Vault、Solana Pay、Solana dAppストアなどの機能を備え、携帯電話を使ってブロックチェーンとやり取りする方法に革命を起こす可能性があります。2023年初頭に始動するSagaは、Solanaトークンの需要が急増しているため、SOL大暴走への道を開く可能性があると期待されています。そのため、SOLは今注目すべき8番目の仮想通貨に選ばれています。

Metacade(MCADE)は特に注目すべき?

今回のリストが仮想通貨関連の情報収集に役立つことを願っています。これらのプロジェクトは今後の成長に期待が高まっていますが、Metacade(MCADE)は特に注目されるプロジェクトとなっています。

GameFi業界は、2021年の15億ドル市場から2025年には500億ドル市場に成長すると言われており(Crypto.com)、Metacadeはこの成長加速を牽引する最大のプラットフォームの1つとなる可能性があると期待されています。コミュニティ・オーナーシップとプレイヤー価値の最大化を軸にしたプロジェクトにおいて、GameFi分野ではMetacadeが望むものに近づくことができるプロジェクトはないだろうと考えられています。

Metacade(MCADE)は現在プレセール開催中であるため、早い段階でプレセールに参加すればより多くのトークンを獲得することができます。MCADEのプレセール第1期では1ドルで125トークンを得ることができましたが、プレセール第9期では1ドルで50トークンしか得られません。Metacadeの詳細は以下の公式サイトで確認することができます。

Metacadeの詳細などはこちらから確認できます。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Moonstake Wallet「Shiden Network(SDN)のステーキング」に対応

Moonstake Wallet「Shiden Network(SDN)のステーキング」に対応

Apple:欧州地域で「外部アプリストア」許可か|暗号資産業界にも追い風に?

Apple:欧州地域で「外部アプリストア」許可か|暗号資産業界にも追い風に?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

PlayMining NFT「法定通貨決済」に対応|DEP感謝祭も開始

ロバート・キヨサキ氏が語る「金・銀・ビットコインが高騰する理由」

ロバート・キヨサキ氏が語る「金・銀・ビットコインが高騰する理由」

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

Robinhood「ビットコインSVの上場廃止」を発表|BSV価格は下落

Robinhood「ビットコインSVの上場廃止」を発表|BSV価格は下落

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す