Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

by BITTIMES

2023年2月14日に、Bitpandaのチームによって考案されたマルチチェーントークンシステムであるPantosがマルチチェーンプロトコルのパブリックベータのローンチを発表した。これにより、開発者およびユーザーは、パブリックベータ版を使用してトークンを送信、サポートされているチェーンのネイティブコインをラップし、数回クリックするだけでマルチチェーントークンを簡単に作成してデプロイすることもできるようになる。

Pantosは、真のマルチチェーントークンシステムを一般に広めるために、PANDAS(Pantos Digital Asset Standard)という新しいマルチチェーントークン規格を導入し、安全でシームレスなWeb3相互運用を実現する。Pantosは現在、testnetでEthereum、Polygon、Avalanche、BNB、Cronos、Celo、Fantomの7つのチェーンをサポートしており、さらに今後EVMおよび非EVMチェーンを継続的に統合していく予定だ。

今日のWeb3アプリケーションやブリッジの大半は、Web3の機能性を一般に広めるためには不可欠なセキュリティ面とスムーズなユーザーエクスペリエンスに不安が残るが、Pantosはこれを解消する事を目指しており、そのために開発者が簡単にマルチチェーンアセットを作成できるような信頼度の高いインフラと適切なツールを提供していく。

Pantosは、2018年には真の分散型マルチチェーントークン転送とブロックチェーンの相互運用のためのオープンスタンダードを確立するために、TU Wien(オーストリア)、後にTU Hamburg(ドイツ)と共同でBitpandaによる社内研究プロジェクトとしてスタートした。

オラクル、リレー、スマートコントラクト、ブロックチェーン効率化の分野における数年にわたる目覚ましい研究を経て、パブリックベータ版がついに発表となったのである。Pantosは、大学の研究者とともに、Christian Doppler Laboratory Blockchain Technologies for the Internet of Thingsの一部として、世界最大級のブロックチェーン研究室を運営しており、オーストリア政府からのプロジェクト資金調達にも成功した。

PantosとBitpandaの両社のCEO兼共同創業者であるエリック・デムス(Eric Demuth)氏は、次のように述べている。

ヨーロッパで最も有名な大学と共同で何年も研究してきた結果、パブリックベータを導入できることにワクワクしている。我々は、マルチチェーン技術がWeb3のカタリストとなり、仮想通貨の普及を促進すると信じている。Pantosは、ユーザーがどこよりも簡単にマルチチェーンWeb3にアクセスできる方法を提供していく。

Bitpandaが持つ専門知識は、Pantosが研究プロジェクトの1つから、一般ユーザーや開発者が利用できるフルファンクションのプロダクトへの移行をシンプルかつアクセスしやすい方法でできるようにサポートしており、Bitpandaは、Pantosのマルチチェーントークンシステムを最初に採用した企業の1つでもある。さらに、Pantosはオーストリアの大手銀行であるRaiffeisen Bank International(RBI)とパートナーシップを締結し、Pantosとブロックチェーン相互運用性ソリューションにも取り組んでいる。Pantosのネイティブ・トークンPANは、現在BitpandaとN26で取引可能。

Pantosの開発者は、ユーザーがあらゆる種類のデジタル資産を異なるブロックチェーンプロトコル間で完全に分散化されたトラストレスな方法で自由に転送できる技術を開発しており、新規格であるPANDAS-20 standardを使用すれば、開発者はメンテナンス作業なしに様々なブロックチェーンに資産をデプロイすることができるようになる。関心があるユーザーやコーディング知識のないデジタルクリエイターでも、独自のマルチチェーントークンを簡単に展開することができるようになるのだ。

Pantosのパブリックベータ版には、スムーズな立ち上げを保証するための信頼できる検証メカニズムが搭載されており、最終的にはPANを独自のガストークンとする完全分散型のオープンソースプロトコルになることを目指している。これにより、ネットワークが徐々に完全な分散型システムへと進化する前の初期段階で攻撃を防ぐことができるようになる。

【Pantosについて】
2018年にBitpandaの開発チームによる研究プロジェクトとして開始されたPantosは、Web3を真に相互運用可能にすることをミッションとするオープンソースのプロトコルで、洗練されたWeb3アプリケーションのイネーブラーになることを目指している。Pantosの最先端技術により、既存および今後のトークンを複数のブロックチェーンネットワークに展開することができるため、ユーザーは自分のデジタル資産に最も適したネットワークを自由に選択することができるようになる。2018年にBitpandaでのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通じて1210万ドルのファンディングを確保した。

詳細はこちら: Website | Twitter


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

ドージコイン(DOGE)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ドージコイン(DOGE)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す