ぺぺコインの熱狂が落ち着く一方、アルトシグナル・ASIトークンの人気が高まる

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ぺぺコイン(PEPE)が価格急騰で大きな注目を集めていた一方、一部の投資家は"この通貨への投資には価値があるのか"について今一度考えを巡らせています。この新しいミームコインは、現在の価格水準に至るまでに目覚ましい上昇を見せました。この盛り上がりはいつまで続くのでしょうか?

最近、更なる盛り上がりを見せるアルトシグナル(AltSignals)は、現在開催中のプレセールで大きな注目を集めており、短期間で既に748,000ドルの調達に成功しています。ASIトークンのプレセールは信頼できる長期投資を求める投資家にとって魅力的なものとなっています。

アルトシグナルが、2023年の優れた投資先の一つとなる可能性

過去数週間の注目ニュースの一つとしては、ぺぺコインの急上昇が挙げられます。PEPEは4月中旬に発売されて以来、20倍以上の上昇を見せています。しかしアナリストは「この通貨は投資をするタイミング次第で天と地ほどの違いがある」と解説しています。

一方、Web3ではアルトシグナルもぺぺと同様レベルの成功を納めており、ASIは初期投資家に大きな利益をもたらす可能性があると期待されています。

アルトシグナルは、投資などで使用される取引ツールを発売しているオンライン取引コミュニティです。近年、素晴らしい精度で収益性の高いシグナルを共有してきたこのプラットフォームですが、今回新たにローンチされることにより、人工知能機能も追加される予定です。

ASIトークンは5つのステージにわたって販売され、価格はプレセール期間中に0.012ドルから0.02274ドルまで上昇します。その後トークンは取引所にて公開され、より多くのユーザーが利用できるようになる予定です。

アルトシグナルとは?

アルトシグナルは2017年にローンチして以来、収益性の高い取引シグナルを提供しているオンライン取引プラットフォームです。このプラットフォームは、バイナンスフューチャーで行われた32ヶ月の取引のうちの19ヶ月で10,000%のリターンを生み出した「AltAlgo™」を含む、一連の取引ツールを50,000人以上のユーザーに提供しています。

アルトシグナルは現在「ActualizeAI」と呼ばれる新たに改良された取引スタックを開発しています。これは、プラットフォームのこれまでの取引ツールを機械学習で補強し、ユーザーに提供するシグナルの精度と頻度をさらに高めることができます。

ActualizeAIは、自然言語処理(NLP)と、予測モデリングを使用して、AIを利用した機能向上を実現します。このツールは、時間の経過と共に多くのトレーダーに貢献することが可能なAIプロトコルであるため、トレーダーが仮想通貨市場のボラティリティを予測しうまく回避することができるようになると期待されます。

ASIの仕組みは?

ASIトークンの主な用途は、ActualizeAIへの直接アクセスが可能になることです。50,000トークン以上を保有する投資家はアルトシグナルプラットフォームでAIメンバーズクラブ限定の様々な特典を得ることができます。さらに、ActualizeAIが開発された後は、このツールへの生涯アクセスも得られます。

AIメンバーズクラブは、競合他社に先駆けてプレセールの機会を独占的に提供します。アルトシグナルは、Web3で最も成長の見込みのある投資機会を発見するために、市場をスキャンします。ここで発見されるプロジェクトの中には、開発初期段階から100倍以上の利益を生み出すものもあります。

AIメンバーズクラブでは、賞金のASIトークンを賭けてトレーダーが直接対決できる取引トーナメントが開催される予定です。それに加えて、メンバーはアルトシグナル社が開発した最新取引ツールが一般公開される前に試用することも可能です。

2023年、ASIは0.25ドルに達することができるのか?

2023年の仮想通貨市場は、爆発的な値動きを見せています。そんな中、アルトシグナルは最も注目の新開発プロジェクトの一つであり、プレセールでは新たなAI搭載取引ツールキットのおかげで幅広く支持を集めています。

ASIは、プラットフォームでデフレ型トークンとして高い実用性を発揮します。アナリストは、プレセール後に素晴らしいパフォーマンスを見せると予想しており、初期の価格予測では、0.20ドルと0.50ドルが重要なレジスタンスレベルになると言われています。ASIトークンは現在プレセールを開催しており、0.015ドルで入手可能となっています。

ぺぺコインとは?

ぺぺコインは、ここ数週間で大きく注目を集めている新しいミームコインです。通貨自体に実用性はほとんどありませんが、カエルのぺぺ(Pepe the Frog)をユーモラスに表現したミームにより、注目を集めています。ぺぺコインは、デフレ型トークンを採用しており、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上のERC-20トークンとしてリリースされました。

ぺぺコインは、4月17日に誕生以来、ソーシャルメディアを中心にトレンドとなり、初期の価格水準から20倍以上もの上昇を見せました。プロジェクトは、ブロックチェーン上の完全なる分散型デジタル資産であるため、ベンチャーキャピタルの介入がないことを誇りとしています。

2023年、ぺぺコインは0.000004ドルに到達できるのか?

ぺぺコインは既に、0.000000057ドルから、現在価格の0.000001919ドルまで上昇しました。専門家は、新たなトークンに対する誇大広告が落ち着けば、トークンは再び上昇すると予想しています。しかし、長期的な将来性においては不透明なままです。

ぺぺコインの現在の時価総額は既に8億ドルです。これは、仮想通貨市場でトップ50に位置し、長期に渡って注目を集め続ける可能性を示しています。しかし、一部では「過去最高値到達後に大幅な下落が起きる可能性が高い」と指摘する意見も出ており、0.000004ドルを突破するまでには時間がかかる可能性があるとの予想も出ています。

アルトシグナル・ぺぺコインの価格予測

ぺぺコインはこの数週間で驚くべきパフォーマンスを発揮しましたが、実用性には欠けているため「PEPEへの投資はギャンブルに近い」という声も出ています。もしも、投資時期が遅れてしまった場合には、利益が得られない可能性もあるため注意が必要です。

アルトシグナルは人工知能を活用することによって、トレーダーが仮想通貨市場で安定した利益を上げることができよう支援する有望なWeb3プロジェクトとなっています。今後数年間は、力強いパフォーマンスが期待されていることから、持続可能な長期投資として注目を集めています。

ASIの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ミームネーターとフュージョニストは2024年の投資機会になる?

ミームネーターとフュージョニストは2024年の投資機会になる?

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

犬vs猫:ビッグアイズコインはドージコインとシバイヌのドミナンスを上回るか?

犬vs猫:ビッグアイズコインはドージコインとシバイヌのドミナンスを上回るか?

AIが全ての答え?成長が期待されるCardano(ADA)、VC Spectra(SPCT)、Flow(FLOW)

AIが全ての答え?成長が期待されるCardano(ADA)、VC Spectra(SPCT)、Flow(FLOW)

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す