チャンサーのプレセールが仮想通貨ベッティング業界の常識を根底から覆す。投資家が熱狂する理由とは?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

チャンサー(Chancer)の概要 : 仮想通貨ベッティング業界で次に来ると言われている。オンライン賭け市場の突破口として登場した。現在、プレセール開催中で投資家達の間で話題になっている。一体チャンサーとは何なのか?今後、ギャンブル業界の概念を変えることができるのか?

チャンサープレセール:Web3で賭け市場に大変革を起こす

透明性が高く、分散化されたオンラインベッティングの世界を想像できるだろうか?これが現実となる日は案外遠くないのかもしれない。ピアツーピア(P2P)ベッティングプラットフォームであるチャンサーは、これを実現するための準備を刻一刻と進めている。仮想通貨ベッティングの常識と、従来のマンモス級の賭け市場の両方を破壊する勢いを見せるプレセールは、変革的なビジョンにより多くのユーザーの関心を引いている。

多くの投資家がチャンサーのP2Pモデルに惚れ込んでいる。従来のベッティングプラットフォームとは異なり、誰でも賭け市場をカスタムできる。従来のサイトを管理をしていた中央集権的存在を排除することで、ベッターがより公平に賭けを楽しめるのだ。友人同士で行う気さくな賭けから、世界的なイベントまで、このプラットフォームではこれまでのサイトの枠をはるかに超え、未来へとその範囲を広げている。

チャンサープレセールの開始からわずか5週間で集まった金額は、圧巻の794,000ドルだ。ここまで投資家を夢中にさせている理由は他にもある。チャンサーは、プレセールイベント期間中に10万ドル相当のCHANCERトークンが当たるキャンペーンを含む複数のプレゼント企画を用意している。当選するには、参加する以外の手はない。

チャンサーとは?

ケルビー家のアダムとポールによって発案されたチャンサーは、オンライン賭け市場におけるゲームチェンジャーとして台頭しつつある。仮想通貨ベッティングプラットフォームの人気が高まる中、彼らは従来の賭け市場に蔓延る問題と同様の悩みがこの分野の成長を遅らせていることに気がついた。そこで彼らは、公平性・透明性を高め、ユーザーがコントロール可能なプラットフォームの構築に取り掛かったのだ。

これまでのベッティングシステムでは、中央集権的存在の決定に大きく左右されていた。そして、仮想通貨ベッティングもその足跡を辿ってきた。利益ばかりを追求するあまり、オッズと最終的な結果をコントロールされてしまい、本来の賭けの意味から遠ざかっていた。オンラインでも同様の不透明なやり方が採用されている。オッズはしばしば、ハウスにとって都合の良いように操作されるのだ。

チャンサーは、これとは対照的に完全に分散化されたモデルを採用しており、今までの概念を根底から覆す。全ユーザーがチャンサーのプラットフォームを通じてカスタムベッティングマーケットを作り、オッズを並べ、独自のルールを設定することができ、世界中からプレイヤーが参加、結果を予想する。支払いは全てゲームに利害関係のない第三者チームによって管理される。また、全ての取引はブロックチェーン上に透明性を持って記録される。

チャンサーチームは、分散化と公平性の原則に忠実である。このコミットメントは、彼らのロードマップにもよく現れており、チャンサーは2024年までに分散型自立組織(DAO)への移行を計画している。これにより、ユーザーの声がプロジェクトを動かす原動力となる。

チャンサーの仕組み

チャンサープラットフォームの心臓は、交換媒体として機能するCHANCERだ。ベットやペイアウトの受け取りなど、プラットフォーム上全ての取引で使用される。

事実上、ここで作成されるベットに制限はない。つまり、次のワールドカップ優勝国、テレビ番組のラストシーン、さらにはホットドック早食い競争の優勝者なんてものに対して予想市場を作れるのだ。チャンサーに不可能はない。

チャンサーをより際立たせるShare2Earn(シェアして稼ぐ)プログラムは、ユーザーがベッティングマーケットの作成だけでなく、その宣伝からも報酬が得られる機能となっており、活発でダイナミックなエコシステムの促進に繋がる。

さらにプロジェクトは、ライブ配信をサポートするためGoogleのWebRTCテクノロジーを導入している。これにより、簡単にベッティングマーケットをシェアし、リアルタイムで賭けに参加することができる。

常連ユーザーには、インセンティブとして取引手数料の割引とロイヤリティプログラムが提供される。受動的収入が欲しいユーザーは、流動性プールにCHANCERを預けることで、ステーキング収益を得られる。これにより、チャンサーが提供する機能の幅はさらに広がる。

つまり、チャンサーが提供するのは公平な賭け方だけではない。これは、分散型予測市場のエキサイティングな可能性を探求し、湧き上がる遊び心によって突き動かされた自立エコシステムなのだ。

チャンサーの価格予測

チャンサーは、現在第1ステージを開催しており、0.01ドルで入手可能だ。多くの人は、これを異例の割安価格だと捉えている。

プレセール最終ステージの価格は0.021ドルになる予定だが、このプラットフォームが完全にローンチした後は、更なる上昇が望めると専門家は予測する。ユニークなP2Pモデルと革新的な機能などから、これが現実になる日はそう遠くないと考えられている。

実際に多くのアナリストは、来年の今頃にはCHANCERが0.40ドルから0.60ドルまで上昇する可能性があると予測をしている。これはプレセール終了時の価格から2,750% 以上の上昇に相当する。将来は誰にも分からないが、この数字は現実的だと考える人が多い。初期段階で投資したユーザーは、のちの利益に驚嘆するかもしれない。

注目を集めるチャンサープレセール

もちろん、プロジェクトが始動してすぐにトークンを購入した場合、のちのリターンは大きくなる。現在のCHANCER価格は0.01ドルだ。現時点で通貨を入手した投資家は初期サポーターの1人になることができる。

従来のオンラインギャンブル業界を破壊する勢いを見せるチャンサー。チャンサーのツイッターページでは、最新プレゼントキャンペーンの情報が入手できるようだ。チャンサーの詳細は以下の公式サイトから確認することが可能だ。

CHANCERの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

$SPONGEに再び脚光、2024年に向けて期待されているV2 Stake-to-Bridgeの仕組みとは?

$SPONGEに再び脚光、2024年に向けて期待されているV2 Stake-to-Bridgeの仕組みとは?

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

注目度の高い仮想通貨ニュース

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す