2023年注目の仮想通貨12選

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

2022年に弱気相場が落ち着いてデジタル通貨の価値が軒並み数十億円減少したことから、多くの専門家は「2023年は市場で回復が見られ始める年になるだろう」と予測しています。

しかし、2023年は2021年のような強気相場に戻ることは難しいかもしれません。ビットコイン(BTC)が20,000ドルを超えて回復したことを受けて、他の暗号資産の価格も2023年の幕開けと共に上昇しましたが、未だに多くの仮想通貨の価格は低い水準にあります。

ですがこれは「来年訪れるビットコインの半減期に向けて準備するチャンスが残されている」ということでもあります。

この記事では、2023年に高いパフォーマンスを実現すると期待されている12種類の仮想通貨をご紹介します。

  • チャンサー(Chancer/CHANCER)
  • シバメム(Shiba Memu/SHMU)
  • アルトシグナル(AltSignals/ASI)
  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
  • カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
  • エックスアールピー(XRP/XRP)
  • ソラナ(Solana/SOL)
  • シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)
  • ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
目次

チャンサー:ベッティング分野に革命を起こす分散型予測市場アプリ

チャンサーとは?

チャンサーは、ブロックチェーンベースの新しいWeb3ベッティングベッティングファシリテーターであり、世界初の分散型予測市場アプリです。

従来のベッティングハウスとは異なり、ベッティングハウスを排除し、プラットフォーム利用者の手にベッティングを委ねることで差別化を図っています。

このプラットフォームでは、友人や家族間でのプライベートな賭けや、スーパーボールやチャンピオンズリーグの決勝戦など、誰でも賭けることができるビッグイベントでのパブリックな賭けをすることができます。

チャンサーの大きな魅力の一つとしては「ユーザーが自分のベットを完全にコントロールでき、ベッティングハウスに負けることなくWeb3のコミュニティとして参加できること」が挙げられます。これはスポーツやベッティングの愛好家を惹きつける機能となるでしょう。

CHANCERが期待されている理由

システムに対する賭けはすべてCHANCERトークンで行われることから、チャンサーは価格上昇にも期待が高まっています。2022年のギャンブル産業の規模が約635億3,000万ドルであることを考えると、チャンサーがもつ伸び代が非常に大きいことがわかります。

チャンサーは、Googleが提供するWebRTCのリアルタイム通信機能によって、マーケットメイキング・コミュニティへのライブストリーミングを公開します。さらに、公平なマーケットモデレーターを配置することで、すべての結果が正しく全ての関係者にとって公正であることを保証します。

メリットはそれだけに留まりません。ユーザーへの報酬を重要視しているチャンサーは、プラットフォームを利用するなどのコミュニティ活動に対して、CHANCERトークンを提供します。

さらに、Share2Earn(共有して稼ぐ)機能の提供、ステーキング、マーケットを作成・参加する人への手数料割引など、頻繁にプラットフォームを利用する人にとって費用対効果の高いサービスの提供をする予定です。

また、チャンサー経由で受動的な収入を得るもう一つの方法としてノードのバリデーターになることが挙げられます。このようにCHANCERは、手軽に報酬を獲得したい人にも魅力的な機能を提供しています。

CHANCERの投資リスク

プレセールを開始したばかりのCHANCERのような新しい仮想通貨プロジェクトへの投資にはリスクが伴います。しかし、業界の規模やハウスやブックメーカーに負けることがないという魅力から、チャンサーはベッティング愛好家や投資家の間で注目を集めています。

>>> CHANCERの詳細はこちらをご覧ください <<<

Shiba Memu:真の実用性を備えたミームコイン

Shiba Memuとは?

Shiba Memuは、柴犬をモチーフにした新しいミームコインです。Shiba Memuはその愛らしい見た目とは裏腹に「ミームコイン市場を破壊して、マーケティングに革命を起こすこと」を計画しています。

具体的にはブロックチェーンとAI技術を活用することで、一般的に時間のかかるマーケティング作業を自動化し、PR記事からソーシャルメディア投稿など、あらゆるプラットフォームにおいて、100以上の代理店を合わせたよりも多くのコンテンツを制作することを目的としています。

Shiba Memuは、AIを通じて成功したマーケティング戦略から学習し、独自のPRを作成し、関連するフォーラムやソーシャル ネットワーク全体で自らを宣伝します。

また、AIが継続的に分析したデータをもとにコンテンツを生成し、複数のオンラインプラットフォームで公開することも可能です。そして、マーケティング活動の成果を監視・分析し、それに応じてコンテンツを調整し、成果を最適化するために常に学習・改善します。

Shiba Memuは機械学習によってあらゆるオーディエンスに対してすべてのコンテンツをパーソナライズすることができ、エンゲージメントとコンバージョンを高めることができます。

SHIBA MEMUが期待されている理由

Shiba Memuはマーケティング大国を目指し、より多くの業界がAIの力を取り入れる中、マーケターの仕事のやり方を完全に変えることができるかもしれません。

時間のかかる平凡な作業の多くを自動化することで、マーケティング担当者は他の取り組みや成長分野に集中できるようになるのです。

他の多くのミームコインが単に流行することに依存して宣伝が一段落すると価値を失うのとは違い、SHIBA MEMUには真の実用性があるため、長期的な投資になる可能性があると期待されています。

SHIBA MEMUの投資リスク

すべての仮想通貨投資にはリスクが伴います。ただし、Shiba Memuはその有用性によって長期的に成長する可能性があるため、より安全な投資になる可能性があると期待されています。

>>> SHMUの詳細はこちらをご覧ください <<<

アルトシグナル:AI技術を取り入れたトレーディングシグナル

アルトシグナルとは?

アルトシグナルとは、取引シグナルの分野を先導する確立された取引シグナルプロバイダーであり、最先端のAI技術を開発し、ユーザーの取引効果や成果を最大化するための市場分析を提供しています。

同プラットフォームのAltAlgo™指標は、最終的に最新のAI対応技術を複数組み合わせた新しいActualizeAI搭載の取引ツールキットを搭載し、ユーザーは最新の取引シグナルにアクセスできるようになります。

ActualizeAIは学習機能・機械学習・予測モデリング・自然言語処理(NLP)を用いて24時間365日市場を調査し、最適な取引情報を提供します。

アルトシグナルは、ASIトークンのリリースに加えて、 AIメンバークラブを設立することによって、提供するサービスのクオリティ強化に力を入れています。

ASIトークンは、クラブメンバーがWeb3分野での有利なプレセールやプライベートセールの機会に早期アクセスできるようにします。ASIコインの保有者は、このような様々な特典を受けることができます。

ASIが期待されている理由

ASIトークンは現在プレセールを開催しており、2023年のICOの中でも注目が集まっています。ASIのプレセールでは、1トークンあたり0.012ドルの価格で販売が開始されており、市場における正確なAI対応取引シグナルの主要プロバイダーであるアルトシグナル自体も大きな可能性を秘めています。

ASIコミュニティは信用度が高く、確立しているプラットフォームからの心強いバックアップを受けています。トークン価格は、プレセール期間中に0.012ドルから0.02274ドルに上昇します。専門家はユニスワップなどの取引所に上場した際には、ASI価格が大幅に上昇する可能性がある予測しています。

ASIの投資リスク

新しい銘柄へのプレセール時点での投資には常にリスクがついて回ります。しかし、確立されている取引シグナル指標の新しいトークンであるASIは、市場からの影響は低いと考えられており、弱気市場であっても未熟なプロジェクトと比べて価格への影響はごくわずかであると期待されています。

>>> ASIの詳細はこちらをご覧ください <<<

メタケード:最高のGameFiコイン

メタケードとは?

メタケードは、ゲーム愛好家と仮想通貨ファンを1つの場所に集めることを目的とした、最もエキサイティングな新しいプロジェクトです。

このバーチャルオンラインアーケードは、イーサリアムベースのプロジェクトであり、Web3技術や P2E(遊んで稼ぐ)の仕組みを全面的に採用した革新的なゲームタイトルとともに、クラシックなアーケードタイトルの提供もしていきます。

メタケードは膨大なゲームタイトルと卓越したP2Eエンジンと共に、GameFiコミュニティの最前線を走るための計画の中心にコミュニティを据えています。

MCADEトークンの保有者は、Create2Earn(交流して稼ぐ)、Compete2Earn(競って稼ぐ)、Work2Earn(働いて稼ぐ)など、報酬を得るためのさまざまな機会にアクセスできるユーティリティを得ること可能で、それぞれの取り組みを通じてハブで交流し、報酬を手に入れることができます。

MCADEが期待されている理由

メタケードのネイティブトークンであるMCADEは、魅力的な投資機会として注目されています。優れたトークノミクスと高レベルの組み込みユーティリティは、トークンの魅力を高めています。

また、メタケード専用の新しいゲームを開発するために資金を提供する「メタグラント」と呼ばれるプログラムは、プラットフォームの成長を促進し、仮想通貨ゲーム業界全体を活性化する可能性があります。

開発者は助成金調達のためにアプリケーションを提出し、コミュニティが投票を通してメタグラントを受け取る案を決定します。それらの案は、本格的にプロダクションされる可能性がありコミュニティは、プレイしたいゲームが実現させる権限を与えられていることを意味します。

MCADEの投資リスク

トークンの供給が固定され、数々の特典がより多くの人々に行き渡ることで、MCADEトークンへの需要が急増し、価格が上昇する可能性があります。もちろん、メタケードは他の多くの仮想通貨と同様に、一般的な市場の変動の影響を受けるため、投資家はどの通貨に投資する場合にも、十分な調査をする必要があります。

>>> MCADEの詳細はこちらをご覧ください <<<

イーサリアム:新しいアップデートを備えたブロックチェーンの巨人

イーサリアムとは?

イーサリアムとは、市場の時価総額においてビットコインの次に人気のある銘柄であり、世界有数のブロックチェーンプロバイダーです。優れたスマートコントラクト機能を持つ分散型オープンソースチェーンで、ユーザーは分散型アプリケーション(dApps)を簡単に構築することができます。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)はコストや効率などの面で問題を抱えていますが、イーサリアムの開発チームは2022年の上海アップグレードで多くの問題の多くを改善し、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行を実現しました。

ETHが期待されている理由

ETHの最近の価格上昇は、世界の仮想通貨市場全体の改善を反映していますが、イーサリアム2.0の展開が成功したことにも起因しています。

PoSへの移行によって、イーサリアムではPoWと比較してエネルギー使用量が約99.95%削減されています。これによってETHの魅力は高まりましたが、依然としてガス代は高い水準にとどまっています。

さらなる開発計画は2023年と2024年にリリースされる予定です。イーサリアムネットワークのデータ保存容量を拡大し、スケーラビリティを高め、取引手数料を削減する新しいシャーディング機構など、ますますのアップデートが期待されています。

これらの新機能により、イーサリアムのエコシステムは、今後何年にもわたって世界をリードする暗号資産の1つとして確固たる地位を築くことになると期待されています。

ETHの投資リスク

イーサリアムのエコシステムはビットコインと密接しているため、一般的な市場変動に最も強いコインの1つと言えます。これは「現在の弱気な市場環境においてETH価格は大きな影響を受けにくい」ということを意味します。

世界の複数の政府は、仮想通貨市場の規制導入を検討しています。イーサリアムなどの、ビットコインとは別の通貨が享受している自由を阻害するような規制が導入された場合は、ETH価格に悪影響を及ぼす可能性があります

BNB:大手の中央集権型取引所が支援するスマートチェーン

BNBとは?

バイナンスは、仮想通貨の世界で最も知名度の高い中央集権型取引所であり、取引量は世界一を誇ります。しかし、バイナンスは取引所と並行して、独自のブロックチェーンであるBNB Smart Chain を生み出すために多大な費用を費やしています。

BNBはバイナンスによって作成されたブロックチェーンのネイティブトークンです。

バイナンスが支えるBNB Smart Chainは急速なスピードで開発が行われました。このスマートチェーンは、イーサリアムなどの他のチェーンに比べて著しく中央集権的ですが、0.02ドルからという低い取引手数料とスピーディーなブロックタイムを提供しています。これにより、分散型通貨取引所からNFTまで、新しいプロジェクトからの絶大な人気を博しています。

BNBが期待されている理由

BNB Smart Chainは、スマートコントラクトをサポートする優れた機能を備えており、すでにいくつかの既存プロジェクトで利用されています。ガス代も安いため、今後このチェーンはますます新規プロジェクトの対象として注目されそうです。

トークン保有者はBNBをステーキングすることが可能で、コインがプラットフォーム上の取引をサポートすることで、報酬を得る機会を提供しています。

開発者にとって、低コストで効率的かつ安全な市場投入ルートは、BNBへの投資家に優れたリターンをもたらす可能性があると期待されています。BNBは既に高い時価総額を誇っていますが、BNB Smart Chainがさらに成長をすると、より優れたリターンが得られる可能性があると期待されています。

BNBの投資リスク

BNBの高い時価総額と成長の余地は、確立されたコインを購入することを好む投資家にとって魅力的に見えるでしょう。しかし、バイナンスは幅広いサービスを提供しているため、エコシステムの一部が失敗した場合にはバイナンス全体に対する信頼が大きな打撃を受けることになり、リスクが高まるため注意が必要です。

カルダノ:拡張性の高いブロックチェーンネットワーク

カルダノとは?

イーサリアムの共同創設者であるCharles Hoskinson氏によって作られたカルダノは、イーサリアムの制限を解決するために作られたブロックチェーンです。

Hoskinson氏と開発チームは、カルダノを設計する際に綿密な調査を行い、学識経験者による査読を受け、コーディングとプラットフォームの機能性の品質を保証しています。

カルダノが代替案を提示したイーサリアムの制限の2つは「スピード」と「コスト」です。カルダノはPoSの仕組みを通じて取引の検証を行います。また、カルダノのレイヤー構造は、Cardano Settlement Layer(CSL)とCardano Computation Layer(CCL)を含み、分散型アプリの取引処理とホスティングを異なるネットワークに分割することが可能です。

この多層的なアプローチにより、開発者は拡張性と柔軟性を大幅に向上させるとともに、ブロックの採掘に必要なコンピューティングパワーを削減し、より分散されたネットワーク制御を実現することができます。

ADAが期待されている理由

カルダノのブロックチェーン技術の革命的な性質は、忠実で熱心なファンを集めており、dApp開発のための活発なレイヤー1ブロックチェーンプラットフォームの1つとなっています。

仮想通貨プロジェクトは、NFTから分散型金融ソリューションまで多岐にわたっており、開発者はカルダノのプラットフォームを最も安全で柔軟なものとして信頼しています。

これらの高い評価が追い風となり、今後はさらなる数の開発者がプラットフォームに参加すると期待されています。その場合はプラットフォーム上で行われる取引の数が一段と増加し、ADA価格の上昇にも繋がると期待されます。

ADAの投資リスク

カルダノは高い知名度と高品質なサービスを提供している一方、いくつかの問題も抱えています。イーサリアムのネットワークは新機能の開発を急ピッチで進めているため、開発者はカルダノから離れ、ブロックチェーンの巨人を支持する可能性があります。

また、ADAは時価総額が大きいため、ADAがホストするプロジェクトの多くが開発の初期段階にある場合、投資家が受け取るリターンが制限される可能性があります。

XRP:仮想通貨市場で最高の銀行コイン

XRPとは?

XRPは2012年に設立された、非常に知名度の高い分散型金融ソリューションです。XRP関連の取り組みを主導しているリップル社は、独自のプラットフォームを使用して国際的なクロスボーダー決済を促進しています。

ネイティブトークンであるXRPは流動性を持ってシステムを動かします。リップル社は、比較的高価で時間のかかるSWIFTシステムに対抗するため、ブリッジ通貨で収益を上げようと考えています。

XRPは、時価総額は常にトップ10位以内を維持している銘柄です。世界的な大手銀行をはじめとする多くの有名企業は、国際決済でリップル社やXRPの技術を利用しており、大幅なコスト削減・取引所間の短縮を実現しています。

XRPが期待されている理由

多くの投資家は、米国証券取引委員会がリップル社を相手取って起こした現在進行中の訴訟の行く末を見守っています。XRPの分散型通貨としての有効性や証券性の有無に異議が唱えられています。

しかし、世界の金融大手はリップルやXRPに集まり続け、開発者が分散型アプリケーションを作ることができるプラットフォームを提供し、広範な銀行巨頭への無比のアクセスを実現しています。

この支援とリップル社の忠実で献身的なコミュニティが中心となり、訴訟の結果はリップル社に有利に進むと言われています。専門家は「これが実現した場合は、現状に代わる選択肢としてXRPに目を向ける顧客が増え、XRP価格も大幅に上昇する可能性がある」と予想しています。

XRPの投資リスク

XRPの高いポテンシャルはまさに紙一重の状態にあります。高い時価総額は、リップル社の投資家のリターンを制限するかもしれませんが、最も大きな脅威は、リップル社を相手取った訴訟の影響がXRPの価格に何を引き起こすかです。

訴訟の結果は、2023年後半に発表されると言われており、どちらにせよ影響は早々に実現する可能性があります。

ソラナ:成長を続けるレイヤー1プロトコル

ソラナとは?

ソラナは、レイヤー1のPoS型ブロックチェーンです。分散型プロトコルプロバイダーの巨人であるイーサリアムに挑戦し、イーサリアムが直面している問題に対する解決策を提供します。

ソラナがカルダノと大きく異なる点は、Proof-of-stakeと並んでProof-of-Historyというコンセンサスメカニズムを採用し、優れたスケーラビリティと柔軟性を提供しながら、イーサリアムよりも安価で迅速かつ圧倒的に大きな取引容量を誇ることです。

イーサリアムに挑戦を挑むプロジェクトが数ある中でも、ソラナは特に頭角を現しており、注目が集まっています。

SOLが期待されている理由

ソラナのネットワークは、ネイティブトークンの「SOL」に支えられており、ここ数年では多くのプロジェクトに支持されています。

最大の活用例の1つにはデジタル不動産があります。この分野では依然としてイーサリアムが優勢ですが、ソラナの優れたスケーラビリティは開発者にとって魅力的な代替手段となります。

SOLは、今後数年間で時価総額を拡大し、カルダノに挑戦する可能性があると期待されている銘柄です。増え続ける新しいプロジェクトや開発者をプラットフォームに惹きつけることができれば、その可能性はさらに増加していきます。

これらのプロジェクトが十分に成長を遂げた時には、SOLも大きく成長する可能性があるため、長期目線の投資として期待されています。

SOLの投資リスク

ソラナはその名を着実に広めているものの、最悪の敵は自分自身であることが最大の課題です。何度かネットワークが停止し、多くのプロジェクトに悪影響を及ぼしました。これらの問題を解決し、開発者に安定したネットワークを提供することが困難な場合、開発者が他の優れたプロジェクトに流れてしまう状況を作り出してしまう可能性があります。

シバイヌ:ミームコインの枠を超えた成長

シバイヌとは?

シバイヌは、ドージコインのような新しいミームコインとして知られていた暗号資産・ブロックチェーンプロジェクトであり、現在はミームコインの枠を超えて成長を続けています。

このプロジェクトはコミュニティも活発で熱烈な支持を集めています。その結果、ネイティブコインである「SHIB」は期待以上のパフォーマンスを発揮しています。分散型金融ソリューションにユーザーが出資できるプラットフォームを開発した後、ガバナンストークンとして支持を集めています。

ミームコインはしばしばファンへのアピール度が低く、時には実世界での実用性に欠けることもありますが、SHIBは2022年の弱気相場の間その信念を貫き、ストイックなパフォーマンスを展開しました。ボラティリティの波に乗り、時価総額上位20にランクインしています。

SHIBが期待されている理由

SHIBの実用性に懐疑的な一部の仮想通貨投資家は、SHIBを他の小規模銘柄と同様に扱っている傾向にありますが、SHIBコミュニティは「SHIBは低価格で入手できる優れたコインであり、実用的なソリューションを作成している」とを強く強調しています。

また、SHIBはイーサリアムのブロックチェーンに実装することで、セキュリティ・安定性・PoSコンセンサスへの移行による機能性向上などのメリットを享受しています。

SHIBの投資リスク

SHIBコミュニティの活気とは対照的に、懐疑的な投資家は「市場におけるミームコインは非常に不安定であり、その価格には大きな山と谷がある」と指摘しています。シバイヌは、DeFiソリューションでこのボラティリティを安定させようとしていますが、これは成功の保証がないハイリスクなものでもあります。

ポリゴン:革新的なブロックチェーン技術が相互運用性を実現

ポリゴンとは?

ポリゴンは、MATICという名前で知られていたレイヤー2ブロックチェーンソリューションであり、コインベースとバイナンスからの支援を受けています。

現在もブロックチェーンにおける大きな課題の一つとなっている、スケーラビリティ問題の解決と、仮想通貨の普及を促進するために設立されました。ポリゴンは、Plasma FrameworkとPoSを組み合わせることでこれを実現しています。

結果として、ポリゴンはサイドチェーンで1秒間に最大65,000件の取引が可能になり、ブロック確認時間は2秒未満であるとしています。このサイドチェーン機能により、ネットワークパフォーマンスを損なうことなく、相互運用性と無制限の分散型アプリをネットワーク上に収容できる可能性があります。

MATICが期待されている理由

ポリゴンのネイティブコインである「MATIC」は時価総額トップ10のリストに名を連ねています。ポリゴンは、ディズニーを含む有力な企業とパートナーシップを結んでいるため、当面の繁栄は保証されていると言えます。

加えて、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティを向上させるために設計された強力な新しいソリューションのリリースにより、MATICは2023年以降のリターンを求める投資家にとってより魅力的になりました。

MATICの投資リスク

ブロックチェーンのスケーリングソリューションと同様に、MATICへの投資はいくつかのリスクを伴います。まずmこの銘柄はすでに確立されており、高い時価総額を誇っています。

さらに、ブロックチェーンのスケーリングソリューション市場は競争が激化しているため、ポリゴンが生き延びるためには他プロジェクトと一線を画すものが必要になります。

しかし、ポリゴンの開発チームはレイヤー2ソリューションで先行者利益を得ていることも事実です。

ドージコイン:ミームコインの巨人

ドージコインとは?

ドージコインは、市場では珍しくユーモアのセンスを持ったプロジェクトです。ビットコインのゴールドスタンダードの楽しい代替品として開発されたDOGEは、仮想通貨初心者のためのアクセスしやすく楽しいエントリーポイントとして評判を呼んでいます。近年ではイーロン・マスク氏をはじめとする膨大かつ熱心なファンを獲得しています。

この間プロジェクトに関する進展はほとんどありませんでしたが、マスク氏を含む多くの支持者は「今後数年間で注目すべきいくつかの魅力的なユースケースがある」と信じています。

デジタル通貨が法定通貨の代替となることや、スマートコントラクトを実現することなどがその選択肢にあります。

DOGEが期待されている理由

「イーロン・マスク氏からの支持があるという理由だけではDOGEを購入しようとは思わない」と考える方も多いでしょう。しかしドージコインの魅力はこれだけではありません。

DOGEは仮想通貨市場で比較的価格が安いコインの1つですが、時価総額では常にトップ10にランクインしています。さらに「将来的にはPoSに移行する可能性がある」とも囁かれているため期待が高まっています。

仮想通貨の初心者にとってアクセスのしやすい投資先であるのと同時に、確立されたプロジェクトとしての地位を維持しているドージコインは、変化の激しい仮想通貨市場で長期的に生き残っていく可能性があると期待されています。

DOGEの投資リスク

DOGEのような銘柄はボラティリティが高く、他のプロジェクトよりも市場勢力の気まぐれや空想に敏感に反応します。また、高い時価総額と膨大なコインの割り当てにより、DOGE価格は固定供給よりも低く抑えられています。さらに実用性が低い事から、DOGEに投資する人が得られる利益には上限がある可能性があります。

仮想通貨関連のよくある質問

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、暗号技術を用いて安全な状態で取引を検証するデジタル資産です。この技術は、コンピュータのネットワークによって検証された取引を可能にする分散型台帳システムであるブロックチェーンによって提供されています。

一部の仮想通貨は分散型であり、さらに多くの通貨は明確な志を持って展開されています。そしてこれらは、中央銀行・政府・その他の中央当局に制御されないことを意味します。

仮想通貨のプレセールとは?

仮想通貨のプレセールは「ICO」とも呼ばれます。これはプロジェクトが取引所で一般向けにコインを提供する前に資金を調達するために使用する方法です。

多くのプロジェクトは、プレセール開催中に限られた数のコインを割引された固定価格で提供します。集められた資金はプロジェクトの開発を支援します。初期投資家は対象コインが上場した際などに大きなリターンを得る可能性があります。

2023年の成長が期待される通貨は?

仮想通貨の将来を予測するのは困難です。しかし、プロジェクトの方向性が明確で、優れたユーティリティをもつ銘柄のプレセールには、その後の成長を期待する投資家が集まる場合があります。Chancerはそのような銘柄の一例です。

2023年注目の仮想通貨は?

仮想通貨投資で利益を狙う方法の1つには「大きな可能性を秘めた低価格のプロジェクトを見つける」という方法があります。

多くの開発者がサービスを構築できる有望なプロジェクトである場合は、その後数年間にわたる継続的な成長が期待できる可能性があります。

安定した成長計画をロードマップに組み込んでいる仮想通貨は、注目に値する仮想通貨の1つに該当すると考えられます。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトシグナル(ASI)とは?2023年の投資機会の1つであるプレセールについて

アルトシグナル(ASI)とは?2023年の投資機会の1つであるプレセールについて

長期的な成長に期待|2023年10月に注目されているICO

長期的な成長に期待|2023年10月に注目されているICO

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

メタケード(MCADE)はTerra Classicより優れた長期投資先となれるのか

メタケード(MCADE)はTerra Classicより優れた長期投資先となれるのか

ベアマーケットでコインを保有し、より多くの暗号資産を稼ぐ

ベアマーケットでコインを保有し、より多くの暗号資産を稼ぐ

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す