AKONが仮想通貨”未来都市”を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

by BITTIMES   

セネガル出身のR&BシンガーソングライターであるAKON(エイコン)は独自の仮想通貨『Akoin(エイコイン)』の発行を予定しています。彼は『Akon Crypto City(エイコン・クリプト・シティ)』を立ち上げアフリカの人々に貢献することを目指しています。

未来都市「Akon Crypto City」と「AKoin」

AKON(本名:Aliaune Thiam/アリウネ・チアム)氏は、セネガル出身の有名なR&Bシンガーソングライターでありながら、音楽プロデューサー、実業家、慈善家といった様々な側面を持っています。

国際的なアーティストとして活動を行なっていたAKONは、スタジオの外でも常に人々に必要不可欠なものを提供してきました。そんな彼は次なる計画の一部として、彼自身の街を作ることを目指しています。

セネガルの大統領によって、東京ドーム174個分に相当する2000エーカー(8,129,600平方メートル)の土地を授与された彼は『Akon Crypto City』を作るための取り組みを行なっていることを明かしています。その計画の一つとして発行される『Akoin』は、その"未来都市"で取引の中心として機能します。

『Akon Crypto City』はAKoinで全面的に運営される予定となっており、国際空港からわずか5分で到着する場所に建てられるとされています。それはつまりセネガルの首都ダカールからも短時間で移動できる場所であることを意味します。

フランスの2018年カンヌ・ライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルで『Akoin』を発表した彼は、Akoinが「アフリカの人々に力を与えることができる」と語っています。

私は、ブロックチェーンと仮想通貨がアフリカの救世主になることができると考えています。
なぜならば、それらは人々に力を与え、通貨システムに安全性をもたらすとともに、人々が自ら進歩し、政府から邪魔されることなくそれを利用できるようにすることができるからです。

米国大統領に立候補?

彼はこの他にも、自由な時間を見つけることができれば、2020年に米国の大統領に立候補する可能性があることも明かしており、「Kanye West(カニエ・ウェスト)に立ち向かうことを望んでいる」と語っています。

「私は実際にカニエが立候補することを本当に望んでいます。
それはきっと面白いものであると同時に、見る価値のあるものになるでしょう。」

彼はすでに祖国でも歴史を築いており、2013年には自身のAkon Lighting社を通じて6億人以上のアフリカ人のために電力を提供しています。

仮想通貨に積極的なミュージシャンたち

Young-Dirty-Bastard

独自の仮想通貨の発行を計画しているアーティストはAKONだけではありません。

HIP-HOPアーティストであるヤング・ダーティー・バスタード(Young Dirty Bastard)氏は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で独自の仮想通貨ダーティー・コイン(Dirty Coin/ODB)を発行する予定であることを明かしました。

Dirty Coinは、バスタード氏のコンサートチケットや商品の購入に利用できるほか、彼の父親でありヒップホップ歌手の故オール・ダーティー・バスタード(Ol'Dirty Bastard)氏の音楽製品も購入できるようになると説明されています。

ダーティー・コイン(DirtyCoin/ODB)に関する記事はこちら

世界的にも知名度のあるアーティストが積極的に参入している仮想通貨は、今後をさらに世界を賑わす存在となっていくでしょう。

Akoin(エイコイン)の詳細は以下の公式サイトからどうぞ
>icoimpact.co

ビットコインを痛烈に批判するラッパーも

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

注目度の高い仮想通貨ニュース

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す