FTX創業者のサム・バンクマン=フリード氏「全ての容疑」で有罪判決

by BITTIMES

最長懲役110年の可能性

昨年11月に経営破綻した暗号資産取引所FTXの創業者であるサム・バンクマン=フリード氏が、米ニューヨーク・マンハッタン連邦地裁の陪審による刑事裁判において7つ全ての容疑で有罪判決を受けたことが明らかになりました。

サム・バンクマン=フリード氏は「電信詐欺2件・電信詐欺の共謀2件・証券詐欺の共謀1件・商品詐欺の共謀1件・マネーロンダリングの共謀1件」という合計7つの罪で告発されていましたが、今回はこれら全ての罪状で有罪判決を受けたことが報告されています。

これら全ての罪で有罪が認められたことによって、同氏に科される懲役は少なくとも数十年に及ぶと見られており、最長110年の懲役が言い渡される可能性があるとも報告されています。

なお、サム・バンクマン=フリード氏はルイス・カプラン・ニューヨーク地区判事による判決を受けるために後日法廷に戻る予定で、量刑公聴会の期日は2024年3月28日とされています。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Semler Scientific:ビットコイン投資を加速「最大1.5億ドルの資金調達」も計画

Semler Scientific:ビットコイン投資を加速「最大1.5億ドルの資金調達」も計画

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

Vodafone:SNSで「ビットコイン広告」を投稿|Libra協会脱退から1ヶ月

VTuberのバーチャル美少女ねむ、国連主催の「IGF京都2023」に登壇|アーカイブ動画も公開

VTuberのバーチャル美少女ねむ、国連主催の「IGF京都2023」に登壇|アーカイブ動画も公開

ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説