Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場が強気相場を予想する中、多くのプロジェクトが次の高騰に向けて燃料を補給している。Cardano(ADA)はClientLabの新バージョンを発表してエコシステムをアップグレードしており、Render(RNDR)は2023年第4四半期のパフォーマンス指標を発表した。

一方、Pullix(PLX)は市場での採用が進み、これまでに1万5,000人のユーザーが登録している。Pullixのハイブリッドな性質は、仮想通貨市場における最高のDeFiプロジェクトの1つとなることを目指しており、ローンチの日付は次のように設定されている。

Pullix(PLX)、プレセールで15,000人のユーザー登録を獲得

CardanoとRenderが次の強気相場への地ならしをしている一方で、Pullixの印象的なパフォーマンスは、注目すべき仮想通貨の1つと言えるだろう。Pullixのプレセールは投資家を魅了し続け、すでに15,000人のユーザーがこのプロジェクトに登録し、500万ドル近い資金を調達している。

プラットフォームは30日でプレセールを終了するため、投資家たちが将来の成長に期待してプロジェクトに参加している。一部のアナリストは、プロジェクト開始後の価格上昇にも期待しているようだ。

Pullixはハイブリッド・アプローチを採用し、流動性不足やセキュリティ侵害などの問題を解決する。投資家の資金を預かる取引所とは異なり、Pullixは投資家が自ら資金を確保する非預かり型の取引所であり、信頼性の向上と第三者の介入を排除する。

Pullixには投資家が流動性プールに貢献し、プラットフォームの日々の収益から一定の割合の利益を得るプロフィットシェアモデルなどの目を引く特徴がある。プラットフォームのユーティリティトークンであるPLXは、現在プレセールの最後の2段階にあり、トークンは0.10ドルで販売されている。

今トークンを購入した投資家には10%のボーナスが与えられ、一部のアナリストはこのプロジェクトを最高のDeFiプロジェクトの1つと見ているようだ。また、現在進行中のミームコンテストでは、プラットフォームから250ドルの賞金が授与され、2位と3位にはそれぞれ100ドルと50ドルが贈られる。トークン保有者がプロジェクトの開始を心待ちにしている一方で、CoinGeckoはすでにPLXトークンの情報を掲載している。

Cardano(ADA)が新しいバージョンを発表

ネットワークをよりユーザー主導型にアップグレードする取り組みの一環として、Cardano(ADA)はクライアントラボの新バージョンをリリースした。v0.5.1にタグ付けされた新バージョンはConway Eraをサポートし、Cardanoのエコシステムにとってより多くのコミュニティの採用を促進することが期待されている。

新しいCardanoのクライアントラボバージョンはQuickTX Governance APIとも統合されており、DRepの登録、提案の作成、委任、通常のアカウントを使用した投票などの優れた機能を実現している。Cardanoの継続的な開発は、プラットフォームをよりユーザーフレンドリーにすることに重点を置いており、Cardanoのエコシステムは、より多くのコミュニティの関与を見るかもしれない。

Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表

Render(RNDR)ネットワークによって2023年第4四半期の活動と成果を詳しく説明したレポートがリリースされた。レポートによると、前四半期比のレンダリング数は3,026,317に増加し、第3四半期の記録値2,345,476からほぼ700,000増加した。

Renderネットワークのソーシャルメディア指標も成長を続けており、X(旧Twitter)のフォロワー数は122,000、Instagramのフォロワー数は4,000、Mediumの登録数は3,400で閲覧数は1,700となっている。この最新のソーシャルメディアの改善は、Renderによってプッシュされるコンテンツへのエンゲージメントと関心の高まりを浮き彫りにしていると言えるだろう。

Render価格は過去1週間で20%上昇しており、一部のアナリストは今後数週間で上昇していくのではと予測している。

Pullix(PLX)の詳細は公式サイト公式Xからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説