ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

盛り上がる仮想通貨のプレセールシーンに正面から飛び込んだ、新たなプレーヤーが波紋を広げている。その名もビットボット(Bitbot)。1月17日にプレセールをスタートしたビットボボットは、開始わずか3週間で45万ドルという驚異的な資金を獲得し、瞬く間に多くのユーザーを魅了した。

ビットボットの魅力は、テレグラム上のチャットボットの増加傾向を活用することにある。このアプローチが多くの投資を呼び起こしただけでなく、これからの成長に注目が集まっているのかを解説していく。

テレグラムボットのマニアが3億4000万ドル以上を集める

テレグラム取引ボットの台頭により、仮想通貨取引に革命が起きている。これらのボットは、8億人以上のユーザーを抱えるコミュニティのホットスポットであるテレグラムアプリ内に設置され、分散型取引所で取引する際に高度なUXを提供する。

本稿執筆時点でのCoinMarketCapのデータによると、テレグラムボットの上位トークンの時価総額は3億4,000万ドルを超えている。しかしながら、この急成長分野にも落とし穴が存在する。

テレグラムの代表的なボットであるユニボットの最近の事件では、今後の課題を浮き彫りにした。2023年10月、ユニボットが導入した新しい契約が侵害され、約56万ドルものユーザー資金が失われた。

驚くべきことに、この挫折の後でもユニボットは時価総額でテレグラムボットトークンの上位3位以内の地位を維持しており、その価格は6月中旬にCoinMarketCapに上場して以来、依然として250%上昇している。

ユニボットのこの展開は、市場が熟しており適切な解決策を待ち望んでいるという重要な側面に光を当てている。

ビットボットの登場:世界初のノンカストディアルテレグラム取引ボット

世界初のノンカストディアルテレグラム取引ボットとしてビットボットは、最先端の取引ツールと組み合わせた比類のないセキュリティという魅力的な約束を携えてこの分野に参入した。

ハッキングやデータ漏洩の恐怖がつきまとうこの業界で、ビットボットは際立った存在だ。ノンカストディアルウォレットとの統合を提供することで、安全な取引の概念に革命を起こす。このようなユニークなアプローチにより、ユーザーは資金を完全に管理し、取引が完了した時のみ資金を送金することができる。これにより、デジタル取引に欠落していた高度なセキュリティがもたらされる。

さらにビットボットは安全な避難所以上のものを提供する。洗練された直感的なインターフェイスはボンネットの下の複雑な最先端技術を裏切る。ビットボットを使えば、ユーザーは高度な取引機能を利用できるようになり、ペースの速い市場で一歩先を行くことができるようになる。機関投資家のトレーダーと歩調を合わせるだけでなく、彼らを出し抜くのだ。

ビットボットを取り巻く興奮は、プレセール開始からわずか数週間で驚異的な45万ドルを集めたことからも明らかで、コミュニティがビットボットに寄せる信頼と熱意の証だ。コミュニティは現在、X(旧Twitter)で10万人以上のフォロワーを数え、ビットボットのテレグラムグループには6,000人以上のトレーダーが参加している。

ビットボットのアプローチ:利便性か、それとも強固なセキュリティ?

テレグラム取引ボットといえば、利便性と強固なセキュリティの二者択一というジレンマが常につきまとう。しかし、ビットボットはこのパラダイムを打ち砕いた。両者の長所を見事に組み合わせ、テレグラム上でエレガントでノンカストディアル的な取引ソリューションを提供する。

機関投資家レベルのツールと独自のAI統合で武装したビットボットは、これまで熟練トレーダーが支配していたレベルで競争する力をユーザーに与える。

ユーザーの資産や秘密鍵を管理し、顧客をサイバー脅威にさらす多くの競合他社とは対照的に、ビットボットはユーザーの自律性を支持している。最近のユニボットでのハッキングは従来のモデルに内在するリスクを浮き彫りにした。

これに対しビットボット、KnightSafeに支えられた超柔軟なウォレット管理を実装している。オープンソースのスマートコントラクトウォレットを利用することで、KnightSafeはセキュリティレベルを高め、比類のないノンカストディアルソリューションを提供する。

ビットボットの主な安全機能にはアンチMEVボットが含まれ、マイニング手数料を人為的につり上げることでユーザーの利益を盗むことを目的とするボットからユーザーを守る。さらに、詐欺に対する保護機能として、投資家がトークンの価値を吊り上げた後に消えてしまうプロジェクトの餌食にならないようにするアンチラグ機能がある。

また、取引分野の初心者にも対応している。最も成功しているウォレットの戦略を簡単に模範することができ、新しいトレーダーや投資家にとって魅力的な選択肢となっている。

さらに、ビットボットには紹介プログラムが組み込まれており、現在10万ドルのコンペティションが開催されている。紹介したユーザーは、紹介された投資家の取引から取引手数料の15%を生涯受け取ることもできる。この機能は、コミュニティの成長を促すだけでなく、プラットフォームの拡大に貢献したユーザーに報酬を与えるためにある。

BITBOTトークン:ユニークな特徴と用途

BITBOTトークンはビットボットエコシステムの活力源であり、ユニークな機能と利点で脈打っている。その目的はシンプルでありながら野心的。収益分配モデルを通じて、プロジェクトの成長に連動してBITBOT保有者に報酬を与えることである。

エコシステムが拡大するにつれて、トークン保有者の利益も拡大し、ビットボットの成功とコミュニティの繁栄との間に共生関係が生まれる。

ただし、それは始まりに過ぎない。BITBOTを保有することで、仮想通貨銘柄のプレセールやエアドロップへの直接アクセス、さらには経験豊富なトレーディング専門家や愛好家が集う場である専用プライベートチャットへのアクセスなど、限定的な機会への扉が開かれる。

トークノミクスに関しては、ビットボットはバランスと先見の明を持って設計されている。総供給量の上限は10億トークンで、プラットフォームの長期的なビジョンを支える戦略的な配分がなされている。この配分は、持続可能な成長、コミュニティへの参加、継続的なイノベーションへのコミットメントを反映している。

BITBOTの価格予測

ビットボットの立ち上げは、急速かつ飛躍的な成長期の幕開けを意味する。経験豊富な投資家にとってはこれは投資機会の 1つになると言えるだろう。当初、BITBOTトークンは0.0100ドルで提供されたが、15ステージの完了までに0.0200ドルまで上昇する計画だ。

テレグラム取引ボットの人気が急上昇していることを考えると、ビットボットの2桁の急成長予測は楽観的というだけでなく、市場の現状に基づいている。ビットボットの競合他社を見ると、見通しの説得力はさらに増す。サイバーセキュリティの大きな課題を抱えているにもかかわらず、これらのプレーヤーは目覚ましい成長を遂げている。

例えば、ユニボットはプレセール投資家に最大200倍のリターンを提供した。先日のサイバー攻撃により、安全で信頼性の高いテレグラム取引ボット市場にギャップが生じたが、ビットボットはこのギャップを埋めるのに最適の位置にある。

来るビットコイン半減期への期待がコミュニティの興奮をかき立てている。このイベントは歴史的に見ても市場を大きく動かす引き金役となっており、その接近がビットボットに対する好感度を高めている。

これらの要因を考慮し、一部のアナリストはビットボットが大きな成長していくのではと予測しているようだ。いち早く行動を起こす投資家にとって、ビットボットは有望なベンチャーの1つというだけでなく、潜在的な可能性に期待ができるものと捉えているのかもしれない。

ビットボット:業界の巨頭を追い抜く強固なトレーディング・ソリューション

プレセールが本格化する中、これは有望な市場で地上階の機会を求める投資家への明確な呼びかけである。時間は刻一刻と迫っており、ビットボットの旅に初期段階から参加できるチャンスは限られている。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

770万ドルを調達|2024年に期待される仮想通貨ミームネーター

770万ドルを調達|2024年に期待される仮想通貨ミームネーター

Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

814万ドルを調達したビットコインドックICO:日本でも最終週迎える

デジトードがペペコインの勢いを掻っ攫う中、ASIは静かにその歩みを進める

デジトードがペペコインの勢いを掻っ攫う中、ASIは静かにその歩みを進める

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

次世代ミームコイン、MMTRの10桁超えに向けた旅が今始まる

次世代ミームコイン、MMTRの10桁超えに向けた旅が今始まる

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説