2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

コインベースとSECの間で進行中の法廷での争いは、ビットコインの価格予測やビットボットなどのアルトコインへの潜在的な影響について鋭い憶測を呼んでいる。

仮想通貨市場は規制の監視には慣れているものの、この注目度の高い訴訟の結果は、コインベースだけでなく、より広範なアルトコインのエコシステムの将来にとって極めて重要であることを証明する可能性がある。

クジラや投資家が法廷で繰り広げられるドラマを注意深く見守る中、ビットボットの軌跡への潜在的な影響や、コインベース勝利の波に乗って2024年に最高値を更新できるかどうかに期待が高まる。

この記事では、SECが価格やビットボットに与える影響を探る。また、最近48万ドルを調達し、現在3段階にあるプレセールを開催しているビットボットの可能性についても解説する。

SECとコインベースの裁判が価格に与える影響

証券取引委員会(SEC)は、その規制決定や声明を通じて仮想通貨価格に影響を与える重要な役割を果たしている。非中央集権的で投機的な仮想通貨市場では、クジラは規制の動向に特に敏感なため、ビットコイン価格の予測に影響を与える。したがって、SEC対コインベースの訴訟発表は、市場のダイナミクスに大きな影響を与えると考えられる。

ビットコインETFを承認するようなSECからのポジティブなシグナルは、しばしば投資家の信頼を高め、価格の急上昇をもたらす。これは、従来の金融の枠組みの中で仮想通貨がより受け入れられることを示すものだからだ。

しかし、コインベースの訴訟のような否定的な行動や発言は、市場の低迷につながるかもしれない。投資家はより慎重になり、売りが誘発され、市場全体の価値が下落する可能性がある。

コインベースが勝訴すれば投資家の信頼が高まり、市場はポジティブに変化する可能性が高い。結果として、ビットボットなどのアルトコインは上昇トレンドに転じるにつれてその価値を高めていく可能性がある。

ビットボットとは?

ビットボットは、幅広いレベルのユーザーに対応するよう設計されたテレグラム取引ボットで、プラットフォームがユーザーの資産や秘密鍵を管理する必要のない非保護(ノンカストディアル)ウォレットを提供する。

これは、ユニボットのハック事件やバナナガンの契約コードバグに代表されるセキュリティ脆弱性に直面している競合他社との区別を図るものである。

さらに、ビットボットには統合された紹介プログラムが組み込まれている。紹介されたトレーダーから発生した手数料から、生涯にわたって15%の配当がアフィリエイトに提供される。これは、プラットフォームの利点を共有することに熱心な個人投資家にとって、潜在的な受動的収入源を確立する絶好の機会を生み出す。

セキュリティを強化した画期的なプロジェクト

ビットボットは強固なセキュリティ機能を優先し、ユニボットやバナナガンのような他の有名なボットで観察された脆弱性に対処することで、テレグラム取引ボットの競争の中で差別化を図っている。

同業他社とは異なり、ビットボットは取引に参加する前に資金を入金することを要求しない。"あなたの鍵・あなたのウォレット・あなたの資産" というスローガンを掲げたノンカストディアルテレグラム取引ボットであることを示す。

このアプローチは、ナイツセーフによる高度なウォレット技術に支えられており、ユーザーの資金は取引が完了したときにのみ移動、第三者にはアクセスできない状態を維持するため、ハッキングのリスクを大幅に最小限に抑えることができる。

ビットボットのセキュリティへの取り組みは、アンチMEV機能にも及んでいる。これらはMEV攻撃からユーザーを保護し、悪意ある行為者が人為的にガス代をつり上げることによる利益の消滅を防ぐ。また、プラットフォームは反麻薬メカニズムも実装しており、疑わしい行動がないかプロジェクトの契約を積極的に監視している。

コインの総供給量の20%が12ヶ月のリニアな排出スケジュールで開発に割り当てられるため、チームのコミットメントはより強固にそして継続的な改善のインセンティブとなり、ラグプルの可能性が低くなる。

ビットボットのツールとメリット

セキュリティ対策だけでなく、ビットボットは様々な機能を通じてユーザーの収益性を高めている。

宝石スキャナーはアクティブなプレセールから有望な投資機会を選別、スナイピングツールは割安な宝石をリアルタイムで購入し、ピーク時に自動的に売却する。また、プラットフォームはコピートレード機能も提供しており、ユーザーはトップクラスの収益をあげているウォレットのトレードの模範ができる。

BITBOT保有者は、取引ボットが生み出す日々の収益の分配、ユニークな特典やエアドロップへのアクセス、プラットフォームのガバナンスへの関与などの恩恵を受けることができる。定期的なバイバックとバーンオペレーションによって達成されるコインのデフレ的性質は、その希少性と長期的価値を高めている。

これらの包括的な機能は、機関投資家レベルのツールで個人トレーダーに力を与えるというビットボットのビジョンに沿ったもので、テレグラム取引ボット分野で支配的なプロジェクトになると期待されている。ビットボットは、競合他社を凌駕する高い基準を設定し、安全で収益性が高く、適切に管理された取引環境をユーザーに提供する。

2024年ビットボットの価格予測

ビットボットは現在、プレセール3ステージにあり、価格は0.011ドル、最終プレセール価格0.0200ドルまでに全部で15のステージ予定されており、成長の余地は残されている。さらに実際の実用性を提供するテレグラム取引ボットは、ローンチ後に価格上昇をみせたことから、ビットボットの成長に期待する投資家もいるようだ。

リリース後数ヶ月で1,500%の上昇を見せ、史上最高値の236ドルに達したユニボットと比較すると、大幅な値動きには特筆すべき歴史的前例がある。同様に、バナナガンは、サイバー問題にもかかわらず、3ヶ月でローンチ価格の2倍以上に上昇し、現在約3,800万ドルの時価総額を保持している。

ビットボットの高度なセキュリティ基準と最先端のユーティリティ提供などから、ビットボットでも同様の成長を期待する声が上がっている。強気市場が目前に迫っていることもビットボットへの期待感を高めているようだ。

ビットボットのローンチとプレセールは、仮想通貨コミュニティで大きな注目を集めている。同プラットフォームはすでにXで10万人以上のフォロワーを誇り、公式テレグラムチャンネルには6,100人以上のメンバーがいる。

人気の高まりと予想される強気市場の組み合わせは、ビットボットにとっての追い風になると考えられており、機会を求める投資家にとって魅力的な選択肢となっている。

ビットボット革命が進行中

ビットボットのテレグラム取引ボットへの革命的なアプローチは、プレセールの好調な滑り出しをサポートし、最初の数日間で信じられないほどの勢いを得た。価格は0.011ドルで、投資家とクジラには、安全で高度に革新的な仮想通貨プロジェクトに参加する特別な機会が巡ってきた。

コインベースがSECに勝訴する確率は70%だとコインテレグラフが報じた。これは、多くのアルトコインの信用を高め、ビットボットが恩恵を受けるような取引熱狂に火をつける可能性がある。

ユニボット、バナナガン、マエストロのような前任者が築いた基礎の上に構築されたビットボットのプレセールは急速に完売しており、次世代の取引ボットを形成する上で主導権を握る立場にある。

今後の強気相場を通じて業界を導くことを目的とし、飛躍の可能性を秘めながら前方に聖火を運ぶ。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

Play-to-Earnゲームをテーマとしたエコフレンドリーな仮想通貨eTukTuk、プレセールでもうすぐ350万ドルを調達

Play-to-Earnゲームをテーマとしたエコフレンドリーな仮想通貨eTukTuk、プレセールでもうすぐ350万ドルを調達

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

弱気相場の今だからこそ注目すべき暗号通貨

弱気相場の今だからこそ注目すべき暗号通貨

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

シバイヌ(SHIB)の価格上昇はこれから?エリオット波動理論に基づく価格予想

シバイヌ(SHIB)の価格上昇はこれから?エリオット波動理論に基づく価格予想

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す