リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

by BITTIMES   

仮想通貨に対して寛容的な姿勢を取っていたリトアニアでは、仮想通貨ブームが巻き起こりました。しかし仮想通貨への関心が高まったことによって、ロシアの犯罪組織がマネーロンダリングに利用する動きが活発化し、多くの懸念が生まれています。

ロシアの犯罪組織に対する懸念

politico.euの報告によると、リトアニア銀行の取締役であるマリウス・ユリラス(Marius Jurgilas)氏は、バルト国家がロシアの地下経済から恩恵を受けていることに関する懸念について話し合ったと報じられています。

ユリラス氏は、ICO投資の70%が主にロシアによるものであることを懸念しています。
彼は「ロシアからの不透明な資本の流入はリトアニアの国益と一致しない」と語っており、「そのことを投資家に伝えるために何度も訴えている」と述べています。

リトアニアにおける"仮想通貨規制の欠如"に関しては業界に携わる人々の間でも認識されており、『仮想通貨を規制する適切なルールがなければ、投資家から調達された資金が個人的な利益のために悪用される可能性がある』という懸念を生んでいます。

適切な規制が設定されていなければ、リトアニアのICOはロシアの犯罪組織がマネーロンダリングのような犯罪行為を行うための"理想的なルート"になってしまう可能性もあります。この可能性も踏まえたユリラス氏は「ロシアの資本が地元経済に浸透することを望んでいない」と述べています。

ICOの重要な中心地

リトアニア

ICOを行う上での重要な中心地となっているリトアニアでは、多くの仮想通貨プロジェクトが資金を調達しており、すべてのグローバルICO投資の10%を占めています。

また過去1年間に、同国の仮想通貨企業の起業家が、ICOやブロックチェーンをベースにした企業から約5億ユーロ(約641億円)を調達したことも報告されています。

仮想通貨への適切な規制

リトアニアの財務省は6月11日に証券法の新しい解釈を概説する文書を発表しました。この枠組みはリトアニアの中央銀行が商業銀行と仮想通貨企業に関与して仮想通貨の立場を明確にするための取り組みに従ったものであり、ICOのガイドラインを提供し、欧州連合(EU)の複数の同盟国を規制の面で先導しています。

同国は経済副大臣によるブロックチェーンの支持声明とともに、仮想通貨の点でも漸進的な地位を確立するために多くの努力を払っています。このアプローチによって、伝統的な投資と仮想通貨の関係を監視することが、仮想通貨に関わりのある人々の起業家精神に役立つ環境をサポートしながら規制当局の懸念を示すことができます。

リトアニア、エストニア、ラトビアなどのバルト諸国では、ここ最近で急速に仮想通貨の導入が進んでいました。これらの地域では、さまざまな分野でビットコイン決済が導入されているだけでなく、独自トークンの発行も検討されています。

新しい規制やこれらの懸念などが、バルト諸国の今後にどのような影響を与えることになるかに注目が集まります。

バルト諸国の仮想通貨事情についてはこちらをどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

BINANCE:ビットコインのP2P取引所「Paxful」と提携|法定通貨サポート拡大へ

BINANCE:ビットコインのP2P取引所「Paxful」と提携|法定通貨サポート拡大へ

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

FCoin:仮想通貨の「残高確認用ウォレットアドレス」を公開

FCoin:仮想通貨の「残高確認用ウォレットアドレス」を公開

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す