ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ビットボットの仮想通貨プレセールは急速に駒を進めており、320万ドルもの資金をわずか16週間で調達したことで、投資家は先駆的なプラットフォームが提供するユニークな機会と捉えているようだ。先駆的なAI取引能力と他を引き離すセキュリティ機能を融合させたサービスを提供するこのプロジェクトには、投資家を惹きつける多くの魅力が存在する。

最終段階では0.02ドルまで上昇するようプログラムされているため、5.89%の含み益を得ることになる。加えてビットボットによるトークン保有者全員への収益分配があるため、トークンの価値と取引所上場時のパラボリックな上昇の可能性は大きくなるのかもしれない。

急成長を見せるテレグラム取引ボット市場

多くの魅了する市場の初期段階への期待は高まるばかりで、報道時点では約10億ドルと評価されている。1日の利用者数は平均6万人、取引件数は約50万件、1日の平均取引額は8,000万ドルを超え、市場の累積取引額は200億ドルを突破した。

ここからは、この分野でのサクセスストーリーを紹介しよう。バナナガンは10ドル前後でスタートし、4月には50ドルを超えるピークをつけた後、現在は35ドル前後で取引されている。同様に、BONKボットは生涯取引高が50億ドルを超え、30万人以上のユーザーを獲得している。さらに、ソラナ上のトロイは、開始後わずか24時間で1日の取引高が3,600万ドルを超え、3,000人以上のユーザーを獲得した。

昨年夏以降のテレグラムボットの急成長は、その大きな可能性を浮き彫りにしている。そして、この分野には本格的で確立されたプレーヤーがいないため、ビットボットのようなプロジェクトには、この新市場が軌道に乗る前に制覇するチャンスがある。

ビットボットの特徴:セキュリティ、AI技術、コミュニティ

ビットボットの仮想通貨プレセールが投資家の注目を集めている理由は、3つの重要な柱に分けられる。

妥協のないセキュリティ

ビットボットは、ナイツセーフとの提携により実現した初のノンカストディアルテレグラム取引ボットとして、取引ボットのセキュリティに革命を起こした。このアプローチは、ユーザーが自分の秘密鍵を100%管理することを保証し、多くの競合他社に影響を与えた侵害のリスクを大幅に軽減する。

仮想通貨の世界にはリスクの高いプロジェクトが溢れている。Cointelegraphによると、新しいミームコインの6つに1つは詐欺だと報告されている。ビットボットの高度なアンチラグテクノロジーは、このような脅威を回避するための重要な安全対策を提供する。

また、ビットボットのマーケティングチームと開発チームには12ヶ月のトークン排出スケジュールが組まれており、プロジェクトは不正行為とは無縁であることを投資家に保証している。

高度で使いやすいAI取引ツール

ビットボットの提供するサービスの中心は、AIを搭載したツールであるGem Scanner(ジェムスキャナー)であり、ユーザーに洗練された市場インサイトを提供する。データ集約、機械学習、自然言語処理、予測分析を活用し、ジェム・スキャナーは継続的に市場の状況に適応し、ユーザーが新たな機会を迅速に活用できるようにする実用的な洞察を提供する。

コミュニティ中心のアプローチ

ビットボットは、8万人以上のX(旧Twitter)フォロワー2万6,000人以上のテレグラムのグループメンバーが示すように、強力で熱心なコミュニティの育成に深くコミットしている。

同プラットフォームは、ボットの取引手数料の最大50%をトークン保有者に分配する有利な収益分配モデルを提供しており、コミュニティの繁栄をプラットフォームの成功に直結させることで、コミュニティの絆を強化している。さらに、ビットボットの紹介プログラムは、紹介されたユーザーが行った取引に対して15%の生涯手数料を提供することで、コミュニティの成長を後押ししている。

透明性とエンゲージメントをさらに高めるため、ビットボットでは定期的にチームとのAMA(Ask Me Anything)セッションを開催している。また、ビットボットのメディウムブログにも最新情報が掲載され、コミュニティは開発や今後の機能について情報を得ることができる。

このようなコミュニティの団結力強化は、プラットフォームの継続的な成功に貢献し、BITBOTトークンの長期的・短期的な強気の主要な原動力となるだろう。これは、ビットボットの画期的なAIとセキュリティ機能と相まって、競合他社を凌駕するものであり、市場シェアを獲得し、新規ユーザーをこの分野に誘い込むことでテレグラムボット市場を成長させる準備が整っている。

BITBOTトークンの長期および短期予測

ビットボットの厳格なセキュリティは、敏感な投資家をも魅了する潜在的な業界リーダーとしての地位を確立している。セキュリティの高さは即座に信頼を呼び、分野で長期的に優位に立つための鍵となる信頼性への評価を醸成する。

AIジェムスキャナーの統合は、現在200億ドル以上と評価され、拡大し続けている急成長中のAI関連仮想通貨市場に直接参入することになる。

ライバルプロジェクトのバナナガンが、セキュリティに関していくつかの悪いPRがあったにもかかわらず、プレセールから史上最高値の80倍を記録したことを考えると、市場は優れたテレグラムボットを切望していることがわかる。そして、ビットボットのようなセキュリティに十分に対応したプロジェクトはその切望にピッタリいやそれ以上のものだ。

ビットボットは期待ができる投資機会?

ビットコインの半減期や、連邦金利の引き下げなどマクロ経済の変化の可能性により、仮想通貨ランドスケープがダイナミックなシフトに備える中、ビットボットはこれらの動きをうまく利用できる立場にある。このような重要なイベントは、歴史的に強気相場と市場の活発化を示すものであり、ビットボットが提供するサービスのすでに大きな可能性を増幅させる可能性がある。

ビットボットの強固なセキュリティ、革新的なAI、熱心なコミュニティの強固なバックアップと組み合わせることで、このプラットフォームはこの強気相場の勝者の中で傑出した存在になるだろう。

ビットボットは取引所上場に向けて準備を進めており、一部の専門家は大きく飛躍するのではと予測しているようだ。これまでの常識を根本から覆す新しい技術に注目してみてはどうだろうか。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

「Wiki Finance Expo シドニー 2023」まもなく開催

「Wiki Finance Expo シドニー 2023」まもなく開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す