SHIBの大規模なバーンで犬ミームコインが話題に、投資家はWienerAIをポートフォリオに追加する流れ

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ミームコイン分野をリードするShiba Inu($SHIB、シバイヌ)は、プロジェクトチームがバーン(焼却)の強化をほのめかしていることで注目されています。

ミームコイン市場では、バーンによって$SHIBの価値が高まれば価格上昇に繋がるだろうという前向きな予測が立てられており、他の犬ミームコインも話題に上がっています。

一部の投資家は、AIを搭載した革新的な犬ミームコインであるWienerAI($WAI、ウィーナーAI)の取引ボット機能を高く評価して、ポートフォリオに追加する動きも見られます。

SHIBのバーンが加速、コミュニティが主導か

$SHIBのバーンは最近加速する流れがあり、コミュニティ主導のバーンが増加傾向にあると見られています。

ShibburnのX(旧Twitter)によると、昨日にかけての24時間で一時1500万を超える$SHIBがバーンされ、前日の172%増となりました。

そのような中、Shiba InuのマーケティングリーダーであるLUCIEは、$SHIBのバーンメカニズム強化を示唆するような投稿を行い、Shiba Inuに対する市場の関心は大きく高まりました。

一部の仮想通貨系インフルエンサーは、「全員が協力すれば、何兆もの$SHIBをバーンして、価格の急騰を引き起こすことができるだろう」と強気な発言をしています。

ミームコイン市場は最近低迷する流れがあり、過去1週間で$SHIBは約19%、dogwifhat($WIF、ドッグウィフハット)は約11%、Pepe($PEPE、ぺぺ)は約32%も下落しています。

そのため投資家たちは$SHIBのバーンが引き起こすミームコインの強気相場に期待しており、より大きなリターンを狙おうと最新犬ミームコインのプレセールにも着目しています。

WienerAIの画像

投資家は新しいタイプの犬ミームコインWienerAIに注目

一部の投資家が注目しているWienerAIは、最新のAIを用いた取引ボットをメイン機能として提供する予定です。

$WAIは、$SHIBと同様にEthereum(ETH、イーサリアム)上に構築されたERC-20トークンとなっています。

WienerAIの取引ボットは、仮想通貨の取引用ChatGPTのような機能で、ユーザーは希望条件や質問を投げかけられます。

ユーザーから指示を受けた取引ボットは、高度な予測技術を駆使して市場を徹底的に調査し、膨大なデータを瞬時に分析した上で、各ユーザーに適した回答を与えてくれます。

これによって、ユーザーは投資初心者であっても、市場の分析に長い時間をかけずに有望な仮想通貨を、最適なタイミングで取引することが可能になります。

また、取引はボットのインターフェースからそのまま実行できるため効率的です。取引にかかる手数料は、無料となっています。

近年の仮想通貨業界では、投資家の先回りをして利益を最小化することで利益を盗み取る悪質なMEVボットが出回っていますが、WienerAIはこれらのMEVボットをさらに先回りする能力を備えており、ユーザーへ安全性の高い環境を提供できる点も高く評価されています。

700万ドルを突破したWienerAIのプレセール

WienerAIの画像

WienerAIのプレセールは、すでに700万ドルの資金を調達しており、1355万ドルのハードキャップ(資金調達上限)達成に向けて順調に販売を進めています。

本稿執筆時点では、1トークンあたり0.000725ドルで取引されていますが、チームはステージごとに価格を上昇させる方法を導入しています。

ステーキング機能はプレセール段階から開放されており、ユーザーは現在161%のAPY(年間利回り)からなる受動的な報酬を手に入れることができます。

具体的なステーキング報酬額は、ETHブロックあたり3938$WAIの割合で発生し、ステーキングプールにおけるシェア率とその時のAPYによって決定されます。

WienerAIチームが発表しているトークノミクスによると、トークン総供給量の690億$WAIのうち、最も多い割り当てが30%でプレセールへ、続いて20%がステーキングとなっており、ステーキング機能にも力を入れていることがわかります。

WienerAIは、ミームコイン市場で根強い人気を誇る犬をミームとしていますが、柴犬ではなくダックスフンドという新しいテーマで挑戦しています。

また、WienerAIがターゲットとしているミームコイン分野とAI市場の時価総額を合わせると1000億ドル近い大規模なマーケットとなっています。

ポテンシャルの高いこれら2つの市場をターゲットとした犬ミームコインは希少性が高く、多くの投資家がWienerAIの今後に期待しています。

WienerAIの最新情報に関しては、公式サイトの他、XTelegramチャンネルをご確認ください。

WienerAIの公式サイトを見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ハムスターコンバットがロシアで禁止となるか、代わりにPlayDogeが注目を集める

ハムスターコンバットがロシアで禁止となるか、代わりにPlayDogeが注目を集める

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

Mainbot「世界初のグローバル教育ゲームメタバース」を独自仮想通貨・NFTと共にローンチ

2024年:アルトシグナルのAI取引シグナルが注目される仮想通貨となる可能性

2024年:アルトシグナルのAI取引シグナルが注目される仮想通貨となる可能性

3つのトレンド|ChatGPTがWeb3コインの通貨価格予測を発表

3つのトレンド|ChatGPTがWeb3コインの通貨価格予測を発表

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説