BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の共同創設者であるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、ビットコイン(BTC)の価格は年末までに約5万ドル(約550万円)に達すると予測しています。

Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏の価格予測

BitMEXのCEOを務めるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、2008年にペンシルバニア大学のWharton School of Business(ウォートン・スクール・オブ・ビジネス)で経済学の学士号を取得しています。その後、香港に移った彼は、5年後にはDeutsche BankとCitigroupの株式デリバティブトレーダーとして働き、50以上のETF(*1)で香港とシンガポールの市場で証券取引所を立ち上げています。
(*1)ETF(Exchange Traded Fund):証券取引所に上場している誰でも取引可能な投資信託のこと

そんなヘイズ氏は、仮想通貨の価格が依然として下落し続けていることなど気にしておらず、「年末までに2万ドル前後の金額が修正される可能性がある」と述べています。

「3,000〜5,000ドル(約33〜55万円)の範囲で底をつくことは間違いありません。しかし、私たちは証券取引委員会(SEC)の承認を受けた多くのETFが、年末までに2万ドル(約220万円)以上、さらには5万ドル(約550万円)を超えるような規制上の決定を下しています。」

ヘイズ氏は5月の時点でも「ビットコインが年末までに5万ドルに達する」と語っています。仮想通貨全体での大幅な下落に多くの投資家が不安を募らせている一方、ヘイズ氏は以前からの強気な予測を維持しています。

しかし実際には、イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)リップル(XRP)などの通貨も同様に下落しています。それでも彼は「このようなビットコインの揮発性と大きな利益の可能性は、投資家にとって非常に魅力的なものだ」と指摘しました。

「私たちはこれまでもこのような動きをみてきました。市場にいる人が増えるにつれて、資本が増加し、より早い価格でのジャンプが可能になるでしょう。」

「ビットコインについて話している人が増えているため、積極的な弱気市場と積極的な強気市場の間の時間は短くなると私は考えています。」

ビットコインの価格に対して強気な姿勢を示しているのは、ヘイズ氏だけではありません。
仮想通貨ヘッジファンドであるPantera Capital(パンテラ・キャピタル)でCEOを務めているDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は6月1日に「すべての仮想通貨が非常に安値であり、買うのに丁度いい時期である」と述べています。

ビットコインの価格|2018年7月2日

ビットコインの価格は現在も下落を続けており、2018年7月2日の時点では1BTC=70万円前後で推移しています。

ヘイズ氏は、ビットコインが約33〜55万円の範囲で底をつくと予想していますが、最近の安値は約65万円となっているため、彼の予想が正しければもうしばらくは下落が続くことになるでしょう。

2018年7月2日ビットコインのチャート(引用;coingecko.com)2018年7月2日ビットコインのチャート(引用;coingecko.com)

BitMEX(ビットメックス)とは

BitMEX(ビットメックス)は、香港とサンフランシスコにオフィスを構える仮想通貨のデリバティブ取引所です。

ビットコインの信用取引において、レバレッジ100倍での売買ができるほか、流動性が非常に高いことでも知られており、日本語にも対応しているため多くの方におすすめできる仮想通貨取引所の一つです。

BitMEXでは、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨に加え、カルダノエイダコイン(ADA)ダッシュ(DASH)などの通貨も取り扱っています。

より詳しい情報や利用登録は以下のリンクからどうぞ

bitmexBitMEX(ビットメックス)の登録はこちら

国内の暗号資産取引所GMOコインならビットコイン(BTC)を取引手数料無料で購入することができます。今なら「20,000Satoshi」も貰えます。

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月21日〜27日

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す