BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の共同創設者であるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、ビットコイン(BTC)の価格は年末までに約5万ドル(約550万円)に達すると予測しています。

Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏の価格予測

BitMEXのCEOを務めるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、2008年にペンシルバニア大学のWharton School of Business(ウォートン・スクール・オブ・ビジネス)で経済学の学士号を取得しています。その後、香港に移った彼は、5年後にはDeutsche BankとCitigroupの株式デリバティブトレーダーとして働き、50以上のETF(*1)で香港とシンガポールの市場で証券取引所を立ち上げています。
(*1)ETF(Exchange Traded Fund):証券取引所に上場している誰でも取引可能な投資信託のこと

そんなヘイズ氏は、仮想通貨の価格が依然として下落し続けていることなど気にしておらず、「年末までに2万ドル前後の金額が修正される可能性がある」と述べています。

「3,000〜5,000ドル(約33〜55万円)の範囲で底をつくことは間違いありません。しかし、私たちは証券取引委員会(SEC)の承認を受けた多くのETFが、年末までに2万ドル(約220万円)以上、さらには5万ドル(約550万円)を超えるような規制上の決定を下しています。」

ヘイズ氏は5月の時点でも「ビットコインが年末までに5万ドルに達する」と語っています。仮想通貨全体での大幅な下落に多くの投資家が不安を募らせている一方、ヘイズ氏は以前からの強気な予測を維持しています。

しかし実際には、イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)リップル(XRP)などの通貨も同様に下落しています。それでも彼は「このようなビットコインの揮発性と大きな利益の可能性は、投資家にとって非常に魅力的なものだ」と指摘しました。

「私たちはこれまでもこのような動きをみてきました。市場にいる人が増えるにつれて、資本が増加し、より早い価格でのジャンプが可能になるでしょう。」

「ビットコインについて話している人が増えているため、積極的な弱気市場と積極的な強気市場の間の時間は短くなると私は考えています。」

ビットコインの価格に対して強気な姿勢を示しているのは、ヘイズ氏だけではありません。
仮想通貨ヘッジファンドであるPantera Capital(パンテラ・キャピタル)でCEOを務めているDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は6月1日に「すべての仮想通貨が非常に安値であり、買うのに丁度いい時期である」と述べています。

ビットコインの価格|2018年7月2日

ビットコインの価格は現在も下落を続けており、2018年7月2日の時点では1BTC=70万円前後で推移しています。

ヘイズ氏は、ビットコインが約33〜55万円の範囲で底をつくと予想していますが、最近の安値は約65万円となっているため、彼の予想が正しければもうしばらくは下落が続くことになるでしょう。

2018年7月2日ビットコインのチャート(引用;coingecko.com)2018年7月2日ビットコインのチャート(引用;coingecko.com)

BitMEX(ビットメックス)とは

BitMEX(ビットメックス)は、香港とサンフランシスコにオフィスを構える仮想通貨のデリバティブ取引所です。

ビットコインの信用取引において、レバレッジ100倍での売買ができるほか、流動性が非常に高いことでも知られており、日本語にも対応しているため多くの方におすすめできる仮想通貨取引所の一つです。

BitMEXでは、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨に加え、カルダノエイダコイン(ADA)ダッシュ(DASH)などの通貨も取り扱っています。

より詳しい情報や利用登録は以下のリンクからどうぞ

bitmexBitMEX(ビットメックス)の登録はこちら

国内の暗号資産取引所GMOコインならビットコイン(BTC)を取引手数料無料で購入することができます。今なら「20,000Satoshi」も貰えます。

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

GMOコイン「FC琉球の冠協賛試合」開催へ|豪華景品が当たるキャンペーンも

GMOコイン「FC琉球の冠協賛試合」開催へ|豪華景品が当たるキャンペーンも

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

コイネージ:暗号資産交換業から「撤退」へ|マネーパートナーズは新事業開始を予定

コイネージ:暗号資産交換業から「撤退」へ|マネーパートナーズは新事業開始を予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

Chiliz&Socios:テニス業界初「Kosmos Tennis」と提携|$DAVISファントークン発行へ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す