仮想通貨投資で200%の利益を出すPantera Capital CEOの戦略とは?

by BITTIMES   

仮想通貨ヘッジファンドであるPantera Capital(パンテラ・キャピタル)でCEOを務めているDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏は「現在すべての仮想通貨が非常に安値であり、買うのに丁度いい時期である」と述べています。

仮想通貨投資で成功するための戦略

ダン・モアヘッド氏がCEOを務めている『Pantera Capital Management』は、ブロックチェーン、デジタル通貨、デジタル資産の技術に関連するトークン、プロジェクト、ベンチャーを中心に集中している堅固な投資ヘッジファンドであり、仮想通貨市場で10億ドル(約1,095億円)を保有しています。

モアヘッド氏は6月1日のCNBCとのインタビューの中で、仮想通貨市場は高値の時から65%下落していることから、今は仮想通貨を非常に安く買えるため、ラリーに参加する丁度いい時期であると語っています。

また彼は仮想通貨で利益をあげることを望む投資家に向けて、自身の経験から次のようなコメントも残しています。

「われわれの見解ではすべての仮想通貨は今のところ非常に安価であり、最高価格から65%低下しています。高い価格の時は誰もが投資したいと思っています。今すぐ購入しラリーに参加することができれば、はるかに安く投資することができます。通貨が破たんしたときに見える優れた技術指標があります。230日移動平均線を突破した時に購入して1年後に売った場合、平均で239%の売却益を得ることができます。それは非常に単純な戦略です。」

モアヘッド氏は、この戦略が「過去6年間で約5回起こったコインであるビットコイン(BTC)で最もよく描かれている」と述べています。

『オン・オフのスイッチ』

「仮想通貨市場が大きく反発するためには、機関投資家が次の『大きな触媒』になるのでは?」というCNBCからの質問に対しては、その手の話は修正されるべきところがあると述べています。

「世間では、そこに『オン・オフのスイッチ』があるというイメージを持っていると思います。現在は『オフ』で(機関投資家が)適切な日にそれを『オン』に入れるつもりなのだと考えているでしょう。我々は2013年以来機関投資家を抱えていますが、それは成り行きでのことです。リスクと報酬は常に一体ですが、まだSEC(米国証券取引委員会)で規制されたカストディアン(*1)がありません。それは誰もが切望している銀の弾丸です。」

(*1)カストディアン(Custodian)とは、投資家に代わって有価証券の保管・管理を行う金融機関のこと。

『噂で買い、事実で売る』

またモアヘッド氏は、実際のところ機関投資家はすでに『SECの規制が明らかになったという噂で買い、事実で売る』という投資方法を実行しているとも述べています。

彼は品質管理されたカストディアンがオンライン上にやってくる前である今こそ、ポジションを取っておくことがアドバンテージになると投資家にアドバイスしています。

Pantera Capitalが保有している通貨は?

モアヘッド氏の率いるパンテラ・キャピタルは2013年頃からビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの流動性のある仮想通貨を25種類とイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行された通貨を35種類をほど保有しています。

彼らがこれまでに投資を行ってきたICO関連の通貨にはKik、Ox、FunFair、Omise、Civicなどがあると言われています。

1BTCあたり65ドル(約7,100円)の頃からビットコインへの投資を行なっていた同氏のファンドは、昨年12月にビットコインが2万ドルの高値をつけたときに25,000%以上のリターンを生んだとも言われており、仮想通貨の未来についても非常に強気な姿勢を取っています。

モアヘッド氏は4月に行われた別のインタビューで「仮想通貨全体の時価総額が10年以内に40兆ドル(約4,381兆円)に達する可能性がある」とも語っています。

実際に大きな利益をあげた実績を持つダン・モアヘッド氏の助言を参考にして、今後の投資プランを考えてみてはいかがでしょうか?

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

ASローマ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」と提携

ASローマ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」と提携

「イスラエルの首都はエルサレム!」発言でビットコインが高騰なぜ?

「イスラエルの首都はエルサレム!」発言でビットコインが高騰なぜ?

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

デジタル担当相に「ブロックチェーン推進派」の平井卓也氏|業界で期待高まる

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す