イーサリアムが少額の不動産投資を可能にした

by BITTIMES   

シンガポールを中心に不動産投資案件を扱う企業「 REIDAO 」は、イーサリアム・ブロックチェーンを使用した不動産投資システムを運営する会社である。
同社の不動産投資システムが秀逸なのは、「極めて少額」から不動産投資を始められるところにある。
今回は REIDAO が行う最先端の不動産投資方法について特集していきたいと思う。

イーサリアムの力で個人でも不動産投資が可能に

「手堅い投資とは何か?」と 100人に質問すれば半数は不動産投資を思い浮かべるだろう。
不動産投資には「毎月の不労所得」「売却すれば大金になる」「担保にすればさらに大きなお金を借りることができる」など大きなメリットがある。
しかし、一方で「参入には最低数千万円単位の資金が必要」「先見性がなければリスクを抱える」「建物の長期的な維持・運営」などのデメリットも存在し、
不動産投資は、大きなメリットがあるにもかかわらず、”個人”で参入するにはあまりにも参入障壁が高い投資方法でもある。
この参入障壁の高さから不動産投資は「一部の富裕層」しか参加できない限られた人のための投資方法とも言える。
ところが、そんな「手堅く難しい不動産投資」へのハードルを下げた企業が REIDAO である。

スマートコントラクトを最大限に活かす投資方法

REIDAO の不動産投資システムは、1つの不動産の所有権をデジタルデータ化し ID を発行。ID を販売することで行われる。
例えば、REIDAO が「 10億円の資産価値・毎月1000万円の家賃収入」が見込める不動産を運営した場合。
1000個の ID を発行すれば、1つの ID の購入額は 100万円になり 1つ購入で、毎月 1万円の不労所得が手に入り、売却時には 100万円が戻ってくる計算になる。
このシステムなら手堅く難しい不動産投資が 100万円やそれ以下の金額からスタートできるのだ。
日本の不動産の場合、売却時に投資額と同額が戻る可能性はほぼゼロだが、
REIDAO の場合、不動産投資のプロが集まって投資案件を厳選することで価値の保証を行い、更にマレーシア不動産など「これから価格が上がる不動産」をメインに取り扱っている。
同社の不動産投資はシステムは、スマートコントラクトを使用することでリスクを最小限にしている。
普通、このような不動産投資案件の場合は、仲介業者が資金の徴収と配当金の管理を行なっているため、
仲介業者の人件費や運営費、ヒューマンエラーや不正による配当金の滞りや減収なども起きてくる。
更に家賃の回収もスマートコントラクトで容易になる。
イーサリアムのスマートコントラクを使用すれば、不動産投資に必ず付いてまわるこのようなリスクが「入り込む余地」すらなくなる。
このシステムを使用することで、
・不動産開発の資金集め
・不動産の所有権の管理
・参加した投資家の記録
・毎月の安全な家賃収入配当
・平等な資金管理
・最小限に抑えたリスクマネジメント
が容易に実現可能となる。
今後、REIDAO の不動産投資・運営システムが不動産業界のメインストリームへ躍り出てくることになるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨市場に影響力のある重要人物|Part 2

仮想通貨市場に影響力のある重要人物|Part 2

ビットコインが使える不動産会社をついに発見

ビットコインが使える不動産会社をついに発見

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

Liquid(リキッド)現物取引や証拠金の対象通貨に「Ripple/XRP」などを追加

Liquid(リキッド)現物取引や証拠金の対象通貨に「Ripple/XRP」などを追加

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す