ポルシェ、ブロックチェーンコンテストに賞金290万円

by BITTIMES   

Wi-FiやBluetoothなどの無線接続されたシステム、Google Mapなどのリアルタイム交通情報網、車専用アプリケーションなど、ITを使用した車用テクノロジーの進化は、過去数十年の自動車産業の進歩よりはるかに大きいものです。
そして先週、このデジタル・テクノロジーの先頭を突き進むために高級車ブランドポルシェ(Porsche A.G.)が「Porsche Innovation Contest(ポルシェ・イノベーション・コンテスト)」の応募を開始しました。
第1回目のテーマは「ブロックチェーン」

コンテストの優勝者には賞金25,000ユーロ(約290万円)と起業家サポートプログラム「SpinLab - HHL Accelerator(スピンラボ・HHL・アクセレーター)」の3ヶ月間のコーチングが提供され、ポルシェから多大なサポートを受けることができます。

ブロックチェーン×ポルシェ・デジタル

今回コンテストを主催するのはPorsche A.G.の子会社「Porsche Digital(ポルシェ・デジタル)」であり、高級車のデジタル機器の製品開発、ITを使用したサービスの提供をより強化するためにブロックチェーンを取り入れる方針です。

ブロックチェーンを自社に取り入れるだけで、ハイブリット車、電気自動車の管理技術はコストを抑えながら圧倒的に飛躍し、電気インフラの整備もシステマチックに行えます。
さらに顧客管理、車専用アプリケーションと車両との連携など幅広い活用ができ、その可能性はポルシェ側でも把握できないほど大きなものになっているはずだ。同社は今回のコンテストを行う理由をこう語っています。

ポルシェとお客様のデジタル機器にサポートされた未来を実現するために、独自の技術革新の可能性に頼るだけでなく、下記のような将来性あるものを築きあげるために積極的に投資します。

ポルシェは近い将来、自動運転や高級車アプリケーションが自動車産業にとって非常に重要な意味を持つと考えています。
その実現のためには

  • 新しい才能の発掘
  • ベンチャー企業への投資
  • 最高のオフィス&コーチング環境
  • 高い目的意識と情熱を持ったチーム
  • ポルシェネットワークの強化
  • ファイナンス事業の拡大

が必要だと認識し、その実現のためにポルシェ・イノベーション・コンテスト(Porsche Innovation Contest)をスタートさせ、その第一歩としてブロックチェーンで高い技術力を持っておくことが将来ポルシェにとって非常に有益であると考えたのだろう。

ポルシェ・イノベーション・コンテストで得られるもの

ポルシェの本気度は、賞金25,000ユーロを用意したことSpinLab - HHL Acceleratorとのコラボレーションを実現させた姿勢からもうかがえる。
特にSpinLab - HHL Acceleratorとの連携はベンチャー起業やこれから成長していく技術者にとって最高の環境になるだろう。

SpinLabはドイツのライプツィヒ大学院経営大学院と共同設立され、起業家がビジネスを行うには最高の環境が整っています。
ポルシェの工場のすぐ近くにあるこの環境には多くの投資家、マーケッター、コーチ、インフラストラクチャー、起業家が集まっています。まさに自動車産業最高峰のブロックチェーン技術開発環境になりうるだろう。わずか3ヶ月間だけでも、賞金とともに手にした最高の環境はコンテスト優勝者にとっては人生を変えるほどの経験になるはずです。

ブロックチェーン(Blockchain)導入が止まらない自動車産業

最近、多くの世界中の自動車メーカーはブロックチェーン技術を開発する環境に多くの労力と資金の投資を行っている。
Ford Motor Companyは、今回のポルシェの共同プロジェクトと同レベルのビジネス開発環境、Techstarsとパートナーシップを組み、GMはLyftと協力して自律運転車を開発している。

ブロックチェーン技術が自動車産業に与えるメリットは数多くあり、販売時の決済と手続き、顧客管理、車用のシステムの運営など全てがほぼ自動運営が可能になる。
ブランドは変わるが、日本で最も有名な高級車ベンツは2月に「ビットコインでベンツを購入し、自動手続き後にそのまま車両に乗って変えることが可能なプロジェクト」を発表している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

BitFuryが世界一のブロックチェーン技術提供企業へと飛躍

BitFuryが世界一のブロックチェーン技術提供企業へと飛躍

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

ドイツ中央銀行:分散型情報共有ネットワークに「Ocean Protocol」の技術活用

ドイツ中央銀行:分散型情報共有ネットワークに「Ocean Protocol」の技術活用

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す