ビットコインでベンツを購入しそのまま乗って帰れるようになった

by BITTIMES   

高級車ブランドMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)の親会社であるDaimler AG(ダイムラー)がPayCash Europe SA(ペイキャッシュ・ヨーロッパ)を買収し、ビットコイン(Bitcoin/BTC)でベンツが直接買えるようになりました。

PayCash Europe SAは、VISA・JCB・MasterCardなどのクレジット決済、paypal・アマゾンペメント・Alipay などの電子決済、そしてビットコインでの仮想通貨決済を行なっている企業です。

今回の買収によりPayCash Europe SAはブランド名が「Mercedes Pay(メルセデス・ペイ)」に変わり、事実上ビットコインでベンツが直接買えるようになりました。メルセデス・ベンツはなぜ今ビットコイン決済を始めとするPayCash Europe SAの買収に踏み切ったのでしょうか?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)

ダイムラー社のCEOが今回の買収について公式サイトにてこのように発言しています。
「メルセデス・ペイはダイムラーのモバイルデジタル戦略において中核を担う、メルセデス・ペイの存在は我々の商品サービスをより魅力的にし、ダイムラーの野望を叶えてくれます。」
すでにダイムラーはモバイル決済をスタートさせており、タクシー決済アプリなどの複数のサービスを展開しています。今回の決済サービスの導入により、ダイムラー社は新たに資金調達を行い更に多くのサービスを展開することも公表しています。

カー・シェアリングサービスの開発

現在ダイムラーは「Car2Go 」のようなサービスの展開も進めていると公表しています。
Car2Goとは「自動車のシェア」を行うサービスのことで、わずか0.41ドルから車を使用することができます。カー・シェアリングサービスを使用すると、使いたい時だけ車を使用でき、車の維持費も税金もかからず、自由に車に乗ることができます。この Car2Go は、すでにアメリカとヨーロッパで実用化され、1万2000人の顧客がサービスを利用しています。また、顧客数が年々増加している将来有望な市場です。
今回のメルセデス・ペイは、このようなシェアリング・エコノミーサービスと相性が良く、今後自動車産業以外でも使用される可能性が高いです。

Daimler AG(ダイムラー)顧客のメリット

メルセデス・ペイでは「顧客のメリット」を最も重要度が高い項目として上げています。
高額な商品の場合、従来の決済サービスを使用すると割高の決済手数料を支払うことになり、それは顧客のデメリットにしかなりません。この「割高の決済料金」を無くすために今回メルセデス・ペイは誕生したのです。今後、メルセデス・ペイはビットコインをはじめとした暗号通貨、暗号通信サービスの展開まで考えていると公式に発表しています。
「こちらのベンツを頂いても宜しいですか?支払いはビットコインで行います。」と言いスマホをかざす。
すると、支払いと車両登録証など手続きが自動で行われそのままベンツに乗って帰る。SF小説のような現実がついにスタートしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

仮想通貨で海外旅行!航空会社Peachが年内にもビットコイン決済スタート

仮想通貨で海外旅行!航空会社Peachが年内にもビットコイン決済スタート

オランダの空港がビットコインATMを設置!余ったユーロはBTCやETHに

オランダの空港がビットコインATMを設置!余ったユーロはBTCやETHに

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

注目度の高い仮想通貨ニュース

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

コインセキュリティーの落とし穴

コインセキュリティーの落とし穴

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す