受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

by BITTIMES

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)は、7月17日から新規口座開設の受付を開始したことを発表しました。20歳〜70歳までの個人であれば、現時点でも登録を行うことができます。なお法人の方からのお申し込みは現在は受付けていないとのことです。

取引を開始するための手順としては、
・メールアドレス登録(仮登録)
・本人情報の入力と本人確認書類の提出(本登録)
・SBIVCからの簡易書留郵便の受領
の3ステップとなっています。

SBIVCでは、以下3種類の仮想通貨の現物取引を提供しています。

SBIVCは、これら3つの仮想通貨を日本円でのみ購入することができるようになっており、業界最小のスプレッド(手数料)での提供を目指しています。入金手数料は無料となっており、出金手数料は「住信SBIネット銀行」であれば『税込51円』、その他の金融機関への出金は、3万円以下の出金で税込『165円』、3万円以上の出金は『税込258円』となっています。

長い間待ち望まれてきたSBIバーチャル・カレンシーズの今後のサービスに注目が集まります。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトはこちらからどうぞ

SBIがリリースしている仮想通貨アプリはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインアドレスで音声通話できるアプリ「TKS Cell」登場|特徴・機能・使い方も

ビットコインアドレスで音声通話できるアプリ「TKS Cell」登場|特徴・機能・使い方も

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

Bitcoin投資家は5年以内に5〜10倍の利益を得る|億万長者Marc Lasry

Bitcoin投資家は5年以内に5〜10倍の利益を得る|億万長者Marc Lasry

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説