仮想通貨下落の原因は「ホールドできない個人投資家」Ronnie Moas

by BITTIMES   

仮想通貨市場で続く下落の原因は資産を売却している「個人投資家」に関連していると語るStandpoint Research(スタンダードポイント・リサーチ)の創設者Ronnie Moas(ロニー・モアス)氏は、『2019年末のビットコイン(Bitcoin/BTC)価格目標を28,000ドル(約308万円)に再設定する』とTwitter上で語りました。このコメントは暗号通貨(Cryptocurrency)全体の時価総額が22兆円を下回った瞬間に投稿されています。

こちらから読む:下落続く仮想通貨市場「大物投資家たち」はどう見ている?

ビットコイン価格は「300万」に|Ronnie Moas

株式の調査・分析・予測を行なっている独立研究機関「Standpoint Research(スタンダードポイント・リサーチ)」の創設者であるRonnie Moas(ロニー・モアス)は、仮想通貨市場で見られている現在の下落は資産を売却している「個人投資家」に関連していると述べており、将来的にどのようにして価格が回復するかについてのコメントをTwitter上に投稿しました。

大胆な相場予想を語ることでも知られているモアス氏は、『ビットコインの大部分を保有するトップ1%の人々と機関投資家が下落時に買い増している』と述べています。

損失を恐れている個人投資家が短期間で売却することによって、価格の下落が継続していると考えている同氏は『2019年末の目標価格を28,000ドル(約308万円)に再設定する』とコメントしています。

同氏は先週、数千億円分ものビットコイン(BTC)が取引されており、2008年に株式市場が暴落した際にもこれと同様のことが起きていると説明しています。

このタイミングで小規模な投資家の人々が資産を売却していることを哀れんでいるモアス氏は、現在の値動きに落胆していることも語っており、『無理な資金計画で仮想通貨に投資すべきでない』と指摘すると共に、長期保有できていない投資家の人々に"買ってホールドする"ことを勧めています。

仮想通貨市場は上向きな傾向へ|Omar Bham

Omar Bham(オマー・バム)氏という別のTwitterユーザーは、2017年11月から今日までのビットコイン価格と2013〜2015年のビットコインのチャートを比較してコメントを投稿しています。

バム氏は仮想通貨の価格がフラクタルパターン(*1)を繰り返すと説明しています。彼は『価格が底値に達した時に再び買い増す』と述べており、現在のチャートは上向きに動く傾向を示しているとコメントしています。
(*1)フラクタルパターン:一部分だけをとって見ても全体の動きと相似しているもの。一部が全体を表しているもの。

私はウキウキしています。
仮想通貨の価格はフラクタルパターンを繰り返してきました。
2015年の初めは私が真剣にビットコインを購入しホールドし始めたときです。

価格が最安になった時点で、私たちは再びその時点に戻ります。
トレンドは上向きの傾向を示し始めています。

イーサリアム(Ethereum)開発者は反対意見

buterin

しかし「仮想通貨市場の価格が回復する」という予想は、全ての専門家が信じているわけではありません。イーサリアム(ETH)の開発者として知られるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は先日、『仮想通貨が1,000倍も成長する機会はもうない』と述べています。

また、PayPal(ペイパル)の元CEOであるBill Harris(ビル・ハリス)氏は、『ビットコインにはそもそも潜在的な価値がない』と語っており、最終的にビットコイン価格はさらに下落することになると説明しています。

Bitcoin(BTC)の価格|2018年9月11日

ビットコイン価格は、今年の初めから長い間下落が続いていますが、650,000円〜700,000円近くでの買い支えが長期的に続いており、2018年9月11日の時点でも約700,000円近くで取引されています。

2018年9月11日 BTC/JPYのチャート(引用:bitbank)2018年9月11日 BTC/JPYのチャート(引用:bitbank)

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

トロン(TRX)時価総額ランキング「11位」まで回復|Tron版McAfeeDEX公開の可能性も

トロン(TRX)時価総額ランキング「11位」まで回復|Tron版McAfeeDEX公開の可能性も

Chiliz&Socios:過去最多「合計12のNHL所属アイスホッケーチーム」と連続提携

Chiliz&Socios:過去最多「合計12のNHL所属アイスホッケーチーム」と連続提携

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

著名R&B歌手の仮想通貨「Akoin」ホワイトペーパー公開|IEOなどの情報も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す