bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

by BITTIMES   

bitFlyer は日本最大のビットコイン取引所であると同時に「世界最大のビットコイン取引所」でもある。
さて、そんな日本を代表する取引所 bitFlyer が「アメリカでの取引所を立ち上げ」を発表した。
新しいオフィスはサンフランシスコの金融特区にすでに用意されている。
更に、bitFlyer はアメリカの 34州で取引所の許可を取得済みだと発表している。
今回のアメリカ進出で bitFlyer 代表理事の加納裕三氏は下記のように語っている。

「 bitFlyer は日本に本社を置いていますが、私のビジョンは常にグローバル企業を作ることでした。今回アメリカ進出がグローバル展開の第一歩になることに非常に興奮しています。」

bitFlyerは世界トップ取引所

先日の「ワシントン州で取引所 2社が規制へ」でもお伝えしたが、アメリカの暗号通貨市場では各州に規制当局が監査体制を強化している。
その中でも bitFlyer が 34州で許可を取れたのは非常に重要なことだろう。
bitFlyer はすでに事実上「世界最大のビットコイン取引所」だ。
現在、日本でのビットコイン取引量は 1日で 9000億円を超えており、世界でもトップを独走している。

その中で bitFlyer 内だけでの取引量は 80%(7200億円)を超えており、数字だけで判断しても「世界一のビットコイン取引所」であることは事実である。
この事実が、今回の 34州でのライセンス獲得に繋がっていると考えるのはごく自然なことである。
TOYOTA 以来の日本から世界をリードするグローバル企業はすでに誕生している。世界中で巻き起こる暗号通貨旋風を日本がリードしていく未来もそう遠くないのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

Binance Japan「30,000円が当たるキャンペーン」開始|仮想通貨16銘柄が対象

Binance Japan「30,000円が当たるキャンペーン」開始|仮想通貨16銘柄が対象

仮想通貨取次所「Sakura Exchange BitCoin(SEBC)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取次所「Sakura Exchange BitCoin(SEBC)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

ジャスミー:シリコンバレー拠点のゼロ知識証明技術「Mystiko.Network」と技術協力開始

ジャスミー:シリコンバレー拠点のゼロ知識証明技術「Mystiko.Network」と技術協力開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説