bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

by BITTIMES

bitFlyer は日本最大のビットコイン取引所であると同時に「世界最大のビットコイン取引所」でもある。
さて、そんな日本を代表する取引所 bitFlyer が「アメリカでの取引所を立ち上げ」を発表した。
新しいオフィスはサンフランシスコの金融特区にすでに用意されている。
更に、bitFlyer はアメリカの 34州で取引所の許可を取得済みだと発表している。
今回のアメリカ進出で bitFlyer 代表理事の加納裕三氏は下記のように語っている。

「 bitFlyer は日本に本社を置いていますが、私のビジョンは常にグローバル企業を作ることでした。今回アメリカ進出がグローバル展開の第一歩になることに非常に興奮しています。」

bitFlyerは世界トップ取引所

先日の「ワシントン州で取引所 2社が規制へ」でもお伝えしたが、アメリカの暗号通貨市場では各州に規制当局が監査体制を強化している。
その中でも bitFlyer が 34州で許可を取れたのは非常に重要なことだろう。
bitFlyer はすでに事実上「世界最大のビットコイン取引所」だ。
現在、日本でのビットコイン取引量は 1日で 9000億円を超えており、世界でもトップを独走している。

その中で bitFlyer 内だけでの取引量は 80%(7200億円)を超えており、数字だけで判断しても「世界一のビットコイン取引所」であることは事実である。
この事実が、今回の 34州でのライセンス獲得に繋がっていると考えるのはごく自然なことである。
TOYOTA 以来の日本から世界をリードするグローバル企業はすでに誕生している。世界中で巻き起こる暗号通貨旋風を日本がリードしていく未来もそう遠くないのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

「ビットコインは詐欺」発言でJPモルガンが訴えられる【業界の闇について】

「ビットコインは詐欺」発言でJPモルガンが訴えられる【業界の闇について】

イラン政府と中央銀行、仮想通貨に対する認識の違い

イラン政府と中央銀行、仮想通貨に対する認識の違い

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

マイニングマシンの70%が停止する危険性もThe Antbleed Backdoor問題

マイニングマシンの70%が停止する危険性もThe Antbleed Backdoor問題

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す