日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

by BITTIMES   

金融庁が 4月に試行した「改正資金決済法(通称仮想通貨法案)」は、ビットコイン保有者など、仮想通貨を取り扱う人々を守る法案だ。
ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う取引所を設立するには金融庁の許可が必要であり、現在取引所を開設するには「事前審査→登録申請→本審査→登録→取引所設立」の 5段階のステップが必要である。
法案があることで取引所開設までに一定のハードルが存在し、取引所運営を安定化することでユーザーの資産を守るはたらきがある。
さて、4月の法案施行から約 5ヶ月がたったが話題になるような新しい取引所開設の噂も聞かない。
あれから現在の日本の「取引所情勢」はどのような状況なのだろうか?

金融庁へ取引所開設の相談は50社

金融庁が公式に発表した情報では 6月30日時点での「取引所設立の相談」の件数は約「 50件」
すでに申請を出している取引所も存在し、彼らは「 9月30日」までに無事審査を突破し、登録までこじつければ良い。
期限まで約 1ヶ月だが、相談があった 50社のうち一体何社が「取引所開設」までたどり着けるのだろうか?
現状、登録までいく取引所は「十数社」になるのではないかと言われているが、今日まで新取引所が誕生したというニュースは出回っていない。
今回、設立までたどり着き現状存在する取引所とは全く違うサービスを展開できる取引所は、これから日本の仮想通貨市場で重要なポジションに位置付けられることは間違い無いだろう。
わずか 1ヶ月で十数社の取引所が誕生すれば、それ自体が話題を呼び、また日本の仮想通貨市場に新しい参入者が入ってくるだろう。
日本の仮想通の歴史はまだ始まったばかりである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

国内初の「NFTアート専用保険」提供開始:HARTi×三井住友海上

国内初の「NFTアート専用保険」提供開始:HARTi×三井住友海上

αU marketとαU walletが「パレットチェーン」に対応|先着順のNFTプレゼント企画も

αU marketとαU walletが「パレットチェーン」に対応|先着順のNFTプレゼント企画も

Huobi Japan:販売所で「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始

Huobi Japan:販売所で「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始

金持ち父さん著者「米ドルの価格暴落」を予想|金・銀・BTCは買い時

金持ち父さん著者「米ドルの価格暴落」を予想|金・銀・BTCは買い時

Zaif「IEO事業の検討」を開始|トークン発行による資金調達を支援

Zaif「IEO事業の検討」を開始|トークン発行による資金調達を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説