ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

by BITTIMES

イギリス・ロンドンで仮想通貨(Cryptocurrency)の取引サービスを提供している「London Block Exchange(LBX)」は10月10日、暗号通貨と法定通貨の両方を管理することができるブロックチェーン企業向けの銀行口座サービス「LBXPay」を発表しました。

こちらから読む:ステーブルコインも発行する注目の仮想通貨取引所「LBX」

ブロックチェーン企業に優しい銀行口座|LBXPay

LBX

「LBXPay」は中小企業から新興企業に至るまでのすべての企業が、法定通貨と仮想通貨の両方を保存、管理、送金することができる仮想通貨決済口座となっています。

これまでの銀行業界は、仮想通貨を「資金洗浄のツール」として認識してきました。これは、銀行では預金や取引を簡単には行えないようにしているシステムが主な原因となっていましたが、仮想通貨自体にこのような"汚名"が着せられてしまっていることによって、規制に準拠している正当な仮想通貨企業にも被害がおよんでいました。

このような仮想通貨に対する"悪いイメージ"によって「支払いの遅延」や「サービスの制限」酷いケースでは「アカウントの凍結」などの対応を受ける企業も世界各地から報告されており、ブロックチェーン技術を扱う企業にとって重要な問題となっていました。

LBXはこれらの問題を解決するための、仮想通貨ブロックチェーンの革新を妨げることのないアカウントを提供します。「LBXPay」は、ICO、トレーダー、ファンドなどの仮想通貨業界に携わる人々向けに提供されることになっており、アカウントやサービスプロバイダ間で資金を移動することなく、簡単に財産と仮想通貨を変換することができる利便性を付与すると説明されています。

仮想通貨の保管は「コールドストレージ」

secure

「LBXPay」の利用者は、「LBXアプリ」を通じてすべての残高、取引および支払い(第三者への支払いや一括払いを含む)を管理することができます。

また、より多くの取引が必要なユーザーのために、LBXが提供する店頭取引にも柔軟にアクセスできるようにもなっており、2019年第1四半期からは「LBXPay」のアカウントに直接リンクされたAPIへアクセスすることもできるようになると伝えられています。

口座のすべての預金残高は、通常の口座とは分離された銀行口座に保管され、それぞれ専用の「IBANコード(*1)」と毎月の取引明細書のサービスが提供されます。
(*1)IBANコード:口座の所在国や支店、口座番号を特定するための国際基準

また預金されたすべての仮想通貨は、オフラインで管理される安全性と信頼性の高いウォレットである「コールドストレージ」で安全に保管されるため、より安心して資産を預けることができるようになっています。

「LBXPay」は企業向けにリリースされた後に、個人や小規模事業主向けの製品となる「リテール版」もリリースされる予定とのことで、同社は『すべての消費者が新しい方法で仮想通貨を使用できるようになる』と説明しています。

9月末に英ポンド(GBP)と価格が連動して動くステーブルコイン「LBXPeg」を発表したばかりの「LBX」は、新しいサービスを続々と発表しながら、成長の勢いを加速させています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

北京オリンピック公式NFTゲーム「Olympic Games Jam:Beijing 2022」リリース

北京オリンピック公式NFTゲーム「Olympic Games Jam:Beijing 2022」リリース

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

Sologenic:XRP Ledger基盤トークンと互換性のある「証券取引所リスト」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

仮想通貨ニュース週間まとめ「分散化ランキング・シバイヌ新NFT・BTC10万ドル予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「分散化ランキング・シバイヌ新NFT・BTC10万ドル予想」など

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す