イーサリアム(ETH)価格回復の兆しか ー 機関投資家による「空売り」が減少

by BITTIMES   

仮想通貨(Cryptocurrency)の貸付サービスを機関投資家向けに提供しているGenesis Global Trading(ジェネシス・グローバル・トレーディング)は、イーサリアム(Ethereum/ETH)のショートポジションに対する関心はここ最近で大幅に減少していることを報告しています。巨額な「空売り」が減少したことによって、今後は価格が回復するのではないか?という予想が見られ始めています。

こちらから読む:下落は続くも好材料多数「イーサリアム」関連ニュース

機関投資家による多額の「空売り」

Ethereum

機関投資家向けに仮想通貨投資サービスを提供しているGenesis Global Trading(ジェネシス・グローバル・トレーディング)は、同社が貸し出した多額の仮想通貨が「ショートポジション」に当てられていたことを報告しています。これまでにも複数の仮想通貨投資家が述べていたように、これらの多額の「ショート(空売り)」は仮想通貨市場の下落の大きな要因の一つとして考えられています。

同社は3月以降、ヘッジファンドや投資会社に対して
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
などの仮想通貨1億3,000万ドル(約146億円)相当を貸し付けたと伝えられています。

Genesis Global Tradingは、同社からイーサリアムのローンを受け取ったヘッジファンドの大部分が、それらをショートポジションに利用していると述べているため、一部ではイーサリアム市場で顕著に見られていた価格の下落はこれらが影響していると考えられています。

ショートポジション「4%」にまで減少

多くのヘッジファンドは、借り入れた何百万ドルもの資産を使ってイーサリアムのショートポジションを取ってきたものの、Genesis Global Tradingの貸借対照表上にあるイーサリアムの未払い残高は過去6ヶ月間で42%から4%に減少したと伝えられています。

同社は、このようなイーサリアムローンの急激な減少は、仮想通貨市場の下落に対するヘッジファンドの関心が大幅に減少していることを示していると説明しています。

今年の4月から5月にかけての期間ではイーサリアムにまだ十分な勢いがあることが示されており、2018年4月時点で4万円から2倍以上もの価値となる8万円を上回るまでに回復しています。

イーサリアムの長期チャート(引用:coingecko.com)イーサリアムの長期チャート(引用:coingecko.com)

一部の専門家たちは仮想通貨市場全体で激しい下落が長期的に続いている中で、イーサリアムの価格が2倍以上にまで上昇したことによって、より多くのヘッジファンドがイーサリアムのショートポジションに参加し始めたと考えています。

過去4ヶ月間でその他の仮想通貨と同様に低い水準を示しているイーサリアムは、サポートラインを下回った結果、今年の9月には2017年5月以来の価格となる2万円近くの価格を記録していますが、Genesis Global Tradingは、6月以降に再び大きく価格が下落してからイーサリアムの融資が著しく減少していることを強調しています。

開発者や市場参加者が「価格回復」を後押し

eth

イーサリアムはその他の主要な仮想通貨に比べると特に下落傾向が強い印象を受けますが、技術的な面も踏まえて考える投資家たちは価格が底を付いている可能性も高いと考えています。

イーサリアムの技術面に関する開発は継続的に進められており、改善と進歩を続けてきています。最近では、すでにコミュニティで利用することができる「GETH(Go on Ethereum)」が、Microsoft Azure、Wix、Spyderと並んで世界第5位のオープンソースプロジェクトとして認められました。

2017年11月に、イーサリアムの共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、仮想通貨市場のあらゆるバブルに伴い、開発者と市場活動が急増したと述べています。

私たちは今までに6回の大きなバブルを見てきました。これらのバブルは実際起こっている時には衝撃的な印象を受けますが、改めて振り返ってみるとそれぞれのバブルは現在と同様に毎回大きな価格変動が伴っています。

仮想通貨関連の規制枠組みが本格的に導入されていることによって増加している開発者や市場活動は、イーサリアムが現在の下落相場を脱却するための手助けとなります。このようなことなどから、イーサリアムの持つ潜在的な可能性を高く評価している仮想通貨投資家たちは、『イーサリアム市場は今後さらに大きな成長を遂げる』と語っています。巨額な資金でイーサリアムのショートポジションを持っていたヘッジファンドが減少した今、イーサリアムは再び大きな成長を遂げる転換の時期にある可能性があります。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年10月21日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、2018年10月12日に21,000円近くまで下落した後は徐々に回復しており、2018年10月21日の時点では「1ETH=23,000円」前後で取引されています。

2018年10月21日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月21日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPYC:世界中のVisa加盟店で使えるネット専用プリカ「Vプリカギフト」と交換可能に

JPYC:世界中のVisa加盟店で使えるネット専用プリカ「Vプリカギフト」と交換可能に

ビットコイン価格「2021年=1,000万円到達」は間違いない:著名アナリストPlanB

ビットコイン価格「2021年=1,000万円到達」は間違いない:著名アナリストPlanB

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

ビットコイン価格予想対決:2019年末「300万円」説に反論|Civic CEO Vinny Lingham

ビットコイン価格予想対決:2019年末「300万円」説に反論|Civic CEO Vinny Lingham

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

「Aliant Payment Systems」ライトコイン決済機能を追加

「Aliant Payment Systems」ライトコイン決済機能を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す