ビットコインの時代は終わり「イーサリアム」の未来が幕をあける|Chris Skinner

by BITTIMES

FinTech(フィンテック)業界を代表する金融市場の独立した解説者として知られるChris Skinner(クリス・スキナー)氏は、マネーロンダリングと仮想通貨(Cryptocurrency)を関連付ける人々は「赤ちゃん」だと述べており、『銀行口座を使って資金洗浄を行う方が遥かに簡単』だと説明しています。ブロックチェーン(Blockchain)技術に期待している同氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)ではなくイーサリアム(Ethereum/ETH)の未来を強く信じています。

こちらから読む:"5分"で理解できる「イーサリアム」の魅力

Chris Skinner(クリス・スキナー)とは

Chris-Skinner

Chris Skinner(クリス・スキナー)氏は、FinTech関連のブログ「Finanser.com」で最もよく知られており、ベストセラーの書籍である
・Digital Bank
・ValueWeb
・Digital Human
の著者としても知られています。

同氏は欧州のネットワーキングフォーラムの議長も務めており、米国のThe Wall Street Journal(ウォールストリート・ジャーナル)紙の「2014年のFinTechリーダー・トップ40」に選ばれたことでも有名な人物です。

仮想通貨と銀行口座

cryptocurrency

スキナー氏は、資金洗浄を行う場合には仮想通貨を使うよりも銀行口座を使う方が遥かに簡単だと述べており、『もしそれが違法だとされるならばそうだ』と述べています。

ビットコインを使用すると、どこに誰と誰がいるのかを特定する必要があります。

現在約2兆ポンド(約286兆8300億円)ものお金が資金洗浄されており、その99%は追跡されていません。デジタル化されていれば、追跡は遥かに容易になります。

しかしスキナー氏は、ビットコイン(BTC)は成功しないだろうと考えています。その理由について同氏は『グローバル通貨の規模とニーズに合わせて作られたものではないため』だと説明しています。

その一方で彼は、イーサリアム(ETH)の方が成功するチャンスが大きいと考えています。イーサリアムは、パブリックブロックチェーンベースの分散型コンピューティングプラットフォームとスマートコントラクト機能を備えたオペレーティングシステムとして、2013年に設計が始められました。

スキナー氏は、ビットコインの取引にかかる時間をその他の送金手段と比較して、
ビットコイン:7
VISA:2.000
Alipay:125,000
と表しており、ビットコインは現在よりも大きな規模と実用的なシステムが必要だと指摘しています。

ブロックチェーン(Blockchain)の可能性

network

『ビットコインは悪だ』と単純に批判している銀行家とは異なり、スキナー氏はブロックチェーンは良いものだと述べています。さらに彼は規制されていない市場を好んではいません。

現在の取引時間は非常に遅いため、主流の店舗で実際に決済取引を処理できるようになるためには、あと10年かかるだろうとスキナー氏は考えています。

ビットコインの市場は変化が激しく非常に不安定です。
スキナー氏は、ビットコインを早い時期から保有していた人々がその大部分を保有しているため、残っているBTCはほんのわずかであり『その大半を保有している人々が売却することを決定すれば、それらの人々が価値をコントロールする人になる』と説明しています。

彼は分散型台帳技術とビジネスコミュニティのデータベースから生まれた、自動的にネットワークに接続して数千億円の管理費用を節約することができる"2つのブロックチェーン"に興奮しています。

『私たちはグローバルネットワークを持っているが、まだグローバル通貨を持っていない』と彼は主張しています。

ビットコイン(BTC)と政府の関係

btc

『一部の人々はビットコインが"お金を分散化させる手段"だと信じ続けていますが、政府なしではお金を稼ぐことはできないため、それは政府が生み出したもの』だとスキナー氏は述べています。

ビットコインは"レンガのない家"のようなものです。
それに住むことはできますが、あなたたちはそこに住みたいとは思わないでしょう。

ビットコインのマイニング(採掘)についてスキナー氏は、技術的な理解が難しいことを問題点としてあげています。

ロケット科学者でない限り、技術的にはっきりと理解するのは非常に難しく、それらのお金を正しく理解するためには、ロケット科学者の知識を持った上で、投資銀行のコミュニティの一員でなければならないため『本当に全てを理解できるのはごく少数の人々』だと彼は考えています。

スキナー氏は、2002年まで銀行で"然るべき仕事"を請け負っており「FinTech」というクールな名前がつけられる以前からそれらの技術に興味を持っていました。

それ以来の大きな違いは"ビッグデータを計算していた2005年まで"は起こらなかったと言います。

その後ムードが変わったのは2008年のことであり、人々が銀行に幻滅し、専門企業のコーディング担当者が大成功を収めた時に、謎の人物とされる"サトシ・ナカモト"によって、ビットコインのホワイトペーパーが作成されています。

スキナー氏は『銀行業界は変化を嫌う』と述べており『彼らは1ヶ月に60もの大手支店が閉鎖するのを見ており、テクノロジーが業界を壊滅させている』と説明しています。

イーサリアム(ETH)が未来への鍵

ethereum

スキナー氏はイーサリアムの未来を固く信じています。
イーサリアムはビットコインを書き直し、いくつかの不具合を取り除くための試みとして始まりました。同氏はイーサリアムについて次のように語っています。

イーサリアムは改ざんを証明し、はるかに堅牢です。
2008年のホワイトペーパーではブロックチェーンについては決して言及していません。Ethererumはこの問題に取り組み、マイクロソフトの支援を受けています。

スキナー氏は、最終的にイーサリアムを『インターネットや携帯電話のような基盤技術』だと結論づけており、次のように述べています。

短期的には企業の財務基盤であるため、私たちはブロックチェーンで馬を得たようなことになりますが、その馬で牽引するカートはまだ設計されていません。

イーサリアムの誕生以降は世界中で数多くの新しい仮想通貨が誕生していますが、未だにビットコインが世界最大の時価総額を誇る仮想通貨としてトップに君臨しています。

しかし以前に比べると、ビットコイン以外の仮想通貨も直接法定通貨で購入できるようになってきているため、全ての仮想通貨の価格がビットコインの価格変動に大きな影響を受ける可能性も少なくなってきました。

ビットコインやイーサリアムだけに限らず、主流な仮想通貨の多くが何らかの方面から"中央集権的な支配構造"が絡んでいるといった批判を受けており、多くの議論を呼んでいます。

しかし今後は、徐々にそれぞれの価格にも具体的な違いが現れてくるとともに、ブロックチェーン技術とともに実際に利用される通貨も明確化されることになってくるでしょう。

Ethereum(ETH)の価格|2018年9月8日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は依然として下落が続いており、2018年9月8日の時点では1ETH=25,000円前後で取引されています。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

SpaceChain(SPC)宇宙空間で「初のマルチシグトランザクション署名」に成功

SpaceChain(SPC)宇宙空間で「初のマルチシグトランザクション署名」に成功

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

サトシ・ナカモトの正体「突き止めるのは簡単だ」ジョン・マカフィー氏が発言

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)がもらえる取引所一覧

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)がもらえる取引所一覧

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す