仮想通貨詐欺の疑いがある「99のウェブサイト」公開 ー ベルギー

by BITTIMES

ベルギーの金融サービス市場局(FSMA)は、2018年10月26日に仮想通貨詐欺の疑いがある21のウェブサイトをブラックリストに追加したことを発表しました。規制当局が公開しているリストには合計99サイトが掲載されています。

こちらから読む:世界各地から報告される「仮想通貨詐欺」警察も対応を開始

ブラックリスト登録済み「仮想通貨詐欺サイト」

scam

仮想通貨詐欺の可能性があるウェブサイトは、ベルギー当局のブラックリストに以前から追加され続けているものの、依然としてオンライン詐欺の被害は増えていると伝えられています。これらのブラックリストに掲載されている企業の多くは、ベルギーの法律を守らずに金融サービスを提供しています。

ウェブサイトを運営している人々は、財務アドバイザー、弁護士、会計士としてサイトを運営しているとのことで、
・仮想通貨の購入を促すもの
・仮想通貨の貯蓄口座、契約管理
ICOを謳ったもの
などの内容となっています。

運営企業はベルギーの管轄外

ブラックリストに掲載されている企業はベルギーの管轄外に拠点を置く企業も多いため、適切な対処を取ることができないとされています。ドイツイギリス日本フランスなどの世界各地の都市に事務所を構えているサイトがあると報告されています。

このようなことからFSMAは、投資家に対して仮想通貨関連のウェブサイトを利用する際には、注意を払う必要があることを訴えており、仮想通貨詐欺サイトに見られる典型的な特徴も掲載しています。

詐欺サイトの特徴

規制当局によると、詐欺師は通常電話などを通じて人々との接触を図るとのことで、「短期間で大きな利益を上げることができる」といったものや「新たに発行されたトークンを購入するように促すもの」「元金保証を謳うもの」などがあるとされています。

しかし「これらの約束には価値がない」とされており、もしサイト自体が詐欺だった場合にはそれに伴う契約も同様に詐欺であると説明されています。

仮想通貨関連の詐欺行為は依然として数多く報告されており、今年の5月には中国政府も421種類もの詐欺コインに共通して見られた特徴を公開しています。仮想通貨投資を行う場合にはこのようなことも事前に確認して、注意を怠ることのないようにしましょう。

ベルギーの金融サービス市場庁(FSMA)が公開したブラックリストは、以下の公式サイトから確認することができます。
FSMAが公開した仮想通貨関連のブラックリストはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米MicroStrategy:株式売却で「ビットコイン追加購入」などの資金調達へ

米MicroStrategy:株式売却で「ビットコイン追加購入」などの資金調達へ

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

自律走行車両にブロックチェーン活用|情報収集時の「プライバシー問題」に対処:IBM

自律走行車両にブロックチェーン活用|情報収集時の「プライバシー問題」に対処:IBM

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

EMURGO:アフリカ地域向けのWeb3ディスカバリー&ニュースサービス「NODO」提供へ

EMURGO:アフリカ地域向けのWeb3ディスカバリー&ニュースサービス「NODO」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す