ハワイ:仮想通貨払いを要求する詐欺行為が蔓延|被害者を増やす犯人の手口とは

by BITTIMES   

仮想通貨関連の詐欺行為は様々な国や地域で依然として被害者を生み出しています。太平洋に位置するアメリカ合衆国の州、ハワイ(Hawaii)の電力会社の顧客は新たなターゲットとなっています。現在蔓延している不正行為の手法を事前に理解して、実際に自身の身起きた場合の対処法を理解しておきましょう。

こちらから読む:仮想通貨と詐欺に関連するこれまでのニュース

仮想通貨の匿名性などを悪用して人々からお金を騙し盗ろうとしている詐欺師たちは、ハワイに拠点を置く電力会社である
・Hawaii Electric Light
・Maui Electric
・Hawaiian Electric
などの企業名を悪用して、顧客からビットコインを騙し取っています。

詐欺師達は、有名な電力会社の名前を使って人々に電話をかけて「期限切れの請求書がある」という嘘の内容を伝えます。もし実際に支払いを怠っていることが判明した場合、詐欺師は「直ちに支払いを行わなければ電気を切断する」と脅しをかけます。このような方法で支払いを促す詐欺師たちは、身元を隠すために仮想通貨の匿名性を利用します。

この手法を使った詐欺行為はかなりの確率で成功しているとのことで、報道によると詐欺が始まって以来、数百にも昇る不正な電話がかけられており、実際にビットコインATMを通じて数百ドル(数万円)の支払いが行われたと報じられています。

「Hawaiian Electric」のディレクターであるShannon Tanganon(シャノン・タンガノン)氏は、「被害を受けた顧客は実際には期限切れではなかったものの、実際に詐欺師の指示に従ってビットコインATMが設置されている場所に行き、現金を支払った」と説明しています。

標的となった大部分の人々は電力会社を偽った『偽の契約解除通知』を受け取っており、その電子メールにはビットコインATMでスキャンするためのQRコードが記載されていたとのことです。

「Hawaiian Electric」の顧客サービス担当上級副社長であるJim Alberts(ジム・アルバーツ)氏は、このようなケースの場合には詐欺の可能性があることを警告しています。

これは古い詐欺手法を用いた新しいタイプの詐欺ですが、私たちからのアドバイスは従来の詐欺行為の時と変わりません。

『ただ電話を切る』だけです。

当社はビットコインやギフトカード、金券などでの支払いであなたを脅すことはありませんし、それらの支払いのために町中を歩き回らせるようなことはしません。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はあらゆる業界に多くの利点をもたらしましたが、このような事例には仮想通貨の暗い側面が現れています。このような仮想通貨の不正利用は現在でも様々な場面で行われていますが、このような詐欺行為が行われていることを意識して置くことができれば、そのような詐欺行為も抑制できる可能性があります。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入する場合は、セキュリティ面でも信頼できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【アーティスト・俳優】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

【アーティスト・俳優】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

カルダノ(Cardano/ADA)が「Bitrueの基軸通貨」に|9つの取引ペア追加

カルダノ(Cardano/ADA)が「Bitrueの基軸通貨」に|9つの取引ペア追加

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

野村HD子会社「機関投資家向けのビットコインファンド」立ち上げ

野村HD子会社「機関投資家向けのビットコインファンド」立ち上げ

「暗号資産は未来、法定通貨はもう終わり」金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏

「暗号資産は未来、法定通貨はもう終わり」金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏

メキシコの億万長者、ポートフォリオに「ビットコイン」や「Microstrategy株」

メキシコの億万長者、ポートフォリオに「ビットコイン」や「Microstrategy株」

国内スタートアップ「暗号資産」で資金調達可能に?日本政府がVC投資に関する改正案

国内スタートアップ「暗号資産」で資金調達可能に?日本政府がVC投資に関する改正案

ジャスティン・サン氏「FTX保有の暗号資産」購入を検討|SOLなど34億ドル相当

ジャスティン・サン氏「FTX保有の暗号資産」購入を検討|SOLなど34億ドル相当

仮想通貨取引所HTX:ハッキング攻撃で「約12億円相当のETH」が流出

仮想通貨取引所HTX:ハッキング攻撃で「約12億円相当のETH」が流出

Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

暗号資産取引所「CoinEx」ハッキングで複数の仮想通貨が流出|入出金も一時停止

暗号資産取引所「CoinEx」ハッキングで複数の仮想通貨が流出|入出金も一時停止

ミームマジック:楽しさと成長の可能性を秘めた仮想通貨銘柄4選を徹底調査

ミームマジック:楽しさと成長の可能性を秘めた仮想通貨銘柄4選を徹底調査

アスターネットワーク活用の「JR九州NFT」限定10駅でNFTの無料配布開始

アスターネットワーク活用の「JR九州NFT」限定10駅でNFTの無料配布開始

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す