ハワイ:仮想通貨払いを要求する詐欺行為が蔓延|被害者を増やす犯人の手口とは

by BITTIMES   

仮想通貨関連の詐欺行為は様々な国や地域で依然として被害者を生み出しています。太平洋に位置するアメリカ合衆国の州、ハワイ(Hawaii)の電力会社の顧客は新たなターゲットとなっています。現在蔓延している不正行為の手法を事前に理解して、実際に自身の身起きた場合の対処法を理解しておきましょう。

こちらから読む:仮想通貨と詐欺に関連するこれまでのニュース

仮想通貨の匿名性などを悪用して人々からお金を騙し盗ろうとしている詐欺師たちは、ハワイに拠点を置く電力会社である
・Hawaii Electric Light
・Maui Electric
・Hawaiian Electric
などの企業名を悪用して、顧客からビットコインを騙し取っています。

詐欺師達は、有名な電力会社の名前を使って人々に電話をかけて「期限切れの請求書がある」という嘘の内容を伝えます。もし実際に支払いを怠っていることが判明した場合、詐欺師は「直ちに支払いを行わなければ電気を切断する」と脅しをかけます。このような方法で支払いを促す詐欺師たちは、身元を隠すために仮想通貨の匿名性を利用します。

この手法を使った詐欺行為はかなりの確率で成功しているとのことで、報道によると詐欺が始まって以来、数百にも昇る不正な電話がかけられており、実際にビットコインATMを通じて数百ドル(数万円)の支払いが行われたと報じられています。

「Hawaiian Electric」のディレクターであるShannon Tanganon(シャノン・タンガノン)氏は、「被害を受けた顧客は実際には期限切れではなかったものの、実際に詐欺師の指示に従ってビットコインATMが設置されている場所に行き、現金を支払った」と説明しています。

標的となった大部分の人々は電力会社を偽った『偽の契約解除通知』を受け取っており、その電子メールにはビットコインATMでスキャンするためのQRコードが記載されていたとのことです。

「Hawaiian Electric」の顧客サービス担当上級副社長であるJim Alberts(ジム・アルバーツ)氏は、このようなケースの場合には詐欺の可能性があることを警告しています。

これは古い詐欺手法を用いた新しいタイプの詐欺ですが、私たちからのアドバイスは従来の詐欺行為の時と変わりません。

『ただ電話を切る』だけです。

当社はビットコインやギフトカード、金券などでの支払いであなたを脅すことはありませんし、それらの支払いのために町中を歩き回らせるようなことはしません。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はあらゆる業界に多くの利点をもたらしましたが、このような事例には仮想通貨の暗い側面が現れています。このような仮想通貨の不正利用は現在でも様々な場面で行われていますが、このような詐欺行為が行われていることを意識して置くことができれば、そのような詐欺行為も抑制できる可能性があります。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

ビットコイン分裂の危機、8月1日に何が起きるのか?

ビットコイン分裂の危機、8月1日に何が起きるのか?

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

仮想通貨の寄付を受入れ「慈善活動の輪」を拡大 ー ユニセフ・フランス

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

注目度の高い仮想通貨ニュース

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す