顔認識?ゲーム作成?全部教えてくれるプロ向けのオンライン講義:LEDU x Education Ecosystem

by BITTIMES   

Education Ecosystem(エデュケーション・エコシステム)はプロ向けのオンライン講義プラットフォームで、AI・ゲーム開発・VR・ARなど多数のジャンルに渡り実践的なコンテンツを提供しています。他のオンラインプラットフォームでよく見られる入門レベルのコンテンツと違って、ブロックチェーンに関する中級〜上級以上の知識や技術を持つ方達に焦点を当て、プロジェクトの立ち上げ方を教えているサービスで2015年にローンチしました。スターベース社の創立者の佐藤氏などがアドバイザリーとして在籍しています。

ICOで「10億」を調達

2018年にアメリカでICOを実施し「10億」の調達に成功しました。なぜオンライン講義プラットフォームなのにICOが必要なのか?創立者のマイケル氏に話を聞いてみました。

ー マイケル氏
私たちは「ERC20トークン」を使ったオンライン教育のための(ネットフリックスのような)プラットフォーム作成に取り組んでいます。私たちは「LEDU」というトークン(Educationトークン)を発行し、コンテンツの提供者に支払っていきます。これがクリエイター側でのトークンの使われ方です。そして、視聴者側としてはトークンを買って頂いてコンテンツにアクセスします。購読料を支払ってNetflixを見るように、Educationトークンを買って購読料を支払い、コンテンツにアクセスするということです。

LEDUの画像の画像

視聴者がコンテンツを決める

同業他社でよく見られるコンテンツあっての試聴者とは逆で、視聴者はLEDU トークンを使って次のトッピクスやどんなプロダクトをみたいかを要望することができます。いわゆるコミュニティ型で、テレグラムのソーシャルメディアでコンテンツの提供者と視聴者が日々コンテンツに関して交流などもしています。

コンテンツ提供者との交流はこちらの「テレグラム」グループからどうぞ

3,600億ドルの市場

ブルーオシャンと言われているプロフェッショナルの育成産業にEducation Ecosystem(エデュケーション・エコシステム)はどこを目指すか、EDUジャパンディレクターの東山氏に話を聞いてみました。

ー 東山氏
プロフェッショナルの育成産業は「3,600億ドル」に及ぶと言われております。しかしこの莫大なマーケットにおいて、プロ向けのオンライン講義プラットフォームの数は限られています。人工知能やビッグデーだなど新しい産業には即戦力になり得る人材がとても不足しており、Education-Ecosystem は即戦力人材を求める企業側と実践経験の少ない技術者の架け橋となって、この問題に取り組んでいます。3,600億ドルと言われる市場だけに、成長の可能性も大きい。

Education Ecosystem(エデュケーション・エコシステム)は現在米国を中心に利用おり、2018年までに100万人のユーザーを達成し、20万のビデオコンテンツを保有するようになりました。2018年のICOを機にアジアを中心に展開を加速しています。

LEDUトークン購入方法

LEDUの画像

現在、LEDUトークンは
・Exrates
・BitForex
・Livecoin
・Mercatox
・IDEX
などの取引所で取り扱っています。大量購入については「OTC Trading program」をご利用頂けます。
LEDUについて詳しく知りたい方はこちらウェブサイトをご覧ください。またはTelegram group chatにてオペレーターに質問することもできます。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

コインセキュリティーの落とし穴

コインセキュリティーの落とし穴

FX-Listから始める外国為替投資

FX-Listから始める外国為替投資

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

JENCOが業界を変える時がきた

JENCOが業界を変える時がきた

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月14日〜20日

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す