リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

by BITTIMES

リップル(Ripple)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、11月16日までシンガポールで開催されている「Singapore FinTech Festival 2018」の中で、ブロックチェーン(Blockchain)や仮想通貨(Cryptocurrency)規制がもたらす影響や、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場における同社サービスの普及率について語りました。

こちらから読む:40億円でも取引手数量わずか3円「Ripple/XRP」関連ニュース

仮想通貨規制が「ブロックチェーン採用」を促進

legal

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、国際通貨基金(IMF)の副総裁であるRoss Leckow(ロス・レコウ)氏と話を進める中で、Ripple社の「バリュー・インターネット」構築計画や、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場でのリップルのサービスや仮想通貨XRPの普及率について語りました。

「AMBcrypto.com」の報道によると、ガーリングハウス氏はアジア地域におけるブロックチェーン技術の採用は「明確な規制」が定められていることが大きく影響していると述べており、依然としてそのような仮想通貨規制は非常に重要であると説明しています。

ブロックチェーン技術の発展のためには、それらの技術に関する明確な規制が重要になると語る同氏は、『タイはフィリピンのように、XRPを"完全に合法なデジタル資産"として認めている国家のうちの一つ』だと語っています。

実際にタイの証券取引委員会(SEC)は今年7月に、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ステラ(Stellar/XLM)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
などの仮想通貨を合法的なデジタル資産として認めることを発表しています。

さらに同氏はこの分野の他の企業とも話を進めており、確実な規制を定めることができれば、これらのテクノロジーの発展をさらに加速させることができると説明しています。

アジア市場で急速に成長する「リップル」

ripplenet

この他にもガーリングハウス氏は、『ASEAN市場はブロックチェーン技術とデジタル資産の採用が成熟している市場と言える』とも語っており、Ripple社がアジア市場で全顧客の50%を抱えており、シンガポールのオフィスは昨年、約200%もの成長を遂げたと説明しています。

またアジア地域において日本は特にリップルの普及率が高いことでも知られており、仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は今年の4月にXRPの取引量で世界一を記録したことを報告しています。また「SBIグループ」とRipple社の知見を融合して立ち上げられた「SBI Ripple Asia」は、現在もさらにその規模を拡大しており、アジア地域におけるリップルの普及を後押ししています。

日本をはじめとする韓国台湾シンガポールタイなどのアジア諸国は、仮想通貨の適切な規制に取り組んでおり、ブロックチェーン技術の発展を"促進"するために尽力しています。また最近ではアジア以外の国々も仮想通貨やブロックチェーン技術を活用していくための規制に取り組んでいます。

すでに世界中の金融機関で活用されているRipple社の技術や仮想通貨XRPは、これからその他の国で正式に認められていくことによって、さらなる成長を遂げる可能性を秘めています。仮想通貨の規制強化は通貨の価格下落を招くとも言われますが、一方的に全てを禁止するような規制でなければ長期的には市場の成長を支える重要な基盤として機能していくことになるでしょう。

リップル(XRP)の購入は、取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

Huobi(フォビ)が新たなサービスを開始|さらにブラジル市場へも進出か?

北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

北米最大のコカ・コーラボトラー組織:ブロックチェーンで「業務効率化」へ

来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:最大1万円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

DMMビットコイン:最大1万円が当たる「入金&取引キャンペーン」開始

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

OKCoinJapan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ【国内初上場】

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

カルダノ開発企業:新ライトウォレットプラットフォーム「Lace 1.0」を発表

PayPal「外部ウォレットとの暗号資産送受金機能」提供開始

PayPal「外部ウォレットとの暗号資産送受金機能」提供開始

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す