リップル元帳インターフェイス「XRP Toolkit」バージョン0.3.0ベータ版が公開

by BITTIMES

リップル(Ripple/XRP)の元帳データに簡単にアクセスし、必要なすべての情報を検索することができるインターフェイス「XRP Toolkit」のバージョン0.3.0ベータ版が公開されました。また2019年初め頃には正式版もリリースされる予定であると伝えられており、今後の研究開発の後押しとなることが期待されています。

こちらから読む:実用性が増す仮想通貨「Ripple/XRP」関連ニュース

「XRP Toolkit」とは

xrp

「XRP Toolkit」とは、仮想通貨リップル(XRP)の元帳データに簡単にアクセスできるようにするためのインターフェイスです。このインターフェイスは、XRPコミュニティのメンバーである「RareData」によって2018年中旬に開発が開始されました。

2018年中頃の時点では、XRPコミュニティにはまだXRP元帳のインターフェイスが欠けていました。「XRP Toolkit」のプロジェクトはこのような問題を解決して経験の浅いユーザーにXRP元帳について学ぶ機会を提供し、XRP元帳の潜在能力を最大限引き出すために開始されています。

このプロジェクトは、
・XRPの採用を加速
・XRP元帳の研究促進
・マルチシグネチャの調整と高度なセキュリティの実現
などを達成することを目標として掲げています。

XRP Toolkitベータ版リリース

XRP Toolkitの開発チームは、2018年11月2日に「XRP Toolkit」ベータ版が公開されたことを発表しました。

最初のパブリックXRP Toolkitベータ版が公開されました!
詳細はXRPChatを参照してください。

すでに動作しているこのアプリケーションを利用すれば、XRP元帳から情報を取得することができます。「XRP Toolkit」のベータ版は、ハードウェアウォレットとWebブラウザを使用してXRP元帳トランザクションに署名することができるようになっているため、ユーザーにとって非常に魅力的なツールとなっています。

バージョン0.3.0で利用できる機能

XRP Toolkit(画像:xrpchat.com)XRP Toolkit(画像:xrpchat.com)

「XRP Toolkit v0.3.0」で利用できる機能としては以下のようなものが挙げられています。

・XRPを送受信する
・トラストライン(信用枠)を調整する
・アカウント設定を調整する
・資産残高の表示
・最近の取引を見る

2019年初めには正式リリース

RareDataは、2019年の初め頃には正式に「XRP Toolkit」をリリースできると説明しています。

また、次のリリースではハードウェアウォレット「Secalot」でのログインオプションが追加される可能性があるとも伝えられており、
・QRコードリーダー
・署名済みトランザクション送信
・支払いチャネル
・チャット通知
・TrezorとEllipalのサポート
などの様々なオプションもその後に追加される予定であると伝えられています。

これにより、より多くの人々がXRP元に簡単にアクセスできるようになります。機能がこれからさらに拡張されていくにつれて、XRP関連の研究開発はさらに加速し、採用も促進されることになるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年11月6日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、先日5日の時点では「1XRP=約53円」だったものの、その後大きく上昇しており、2018年11月6日時点では「1XRP=57.12円」で取引されています。

2018年11月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月6日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心な仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

リップル(XRP)とSWIFTの今後についてRipple責任者が明言

リップル(XRP)とSWIFTの今後についてRipple責任者が明言

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す