イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

by BITTIMES   

イギリスの仮想通貨取引所Vertpig(バートピッグ)は、リップル(Ripple/XRP)やイーサリアム(Ethereum/ETH)など合計5種類の暗号通貨を取り扱いリストに追加することを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨の一般普及が進む「イギリス」関連ニュース

Vertpig(バートピッグ)とは

vertpig

Vertpig(バートピッグ)とは、イギリスを拠点とする仮想通貨取引所です。

取り扱い仮想通貨

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ダッシュ(DASH)
などをはじめとする合計9種類の仮想通貨を取り扱っており、それぞれの仮想通貨をシンプルな手順で交換することができるようになっています。

アカウントクラス

公式サイトでは近日公開予定の機能も含めて「3つのランク」が設けられており、それぞれのアカウントに応じて次のようなことができると説明されています。

【アカウントなし】
「アカウントなし」のユーザーは、匿名で場所の制限もなく仮想通貨同士の交換を行うことができます。

【シンプルアカウント】
「シンプルアカウント」は、メールアドレスの登録を行ったユーザーが対象となっており、仮想通貨同士の交換を行なって、全ての取引履歴を追跡することができます。この機能は近日公開予定となっています。

【確認済みアカウント】
「確認済みアカウント」は、身元確認プロセスを完了したユーザーを対象としたものとなっており、ユーロ(EUR)と英ポンド(GBP)で仮想通貨を購入して販売することができる機能となっています。この機能は、今後追加予定であるとされています。

取引手数量

取引手数料は、購入・売却・交換それぞれで「0.3%」に設定されており、これらの手数料は取引時に表示される為替相場に含まれていると説明されています。

Vertpigでの仮想通貨交換時に表示される画面(画像:vertpig.com)Vertpigでの仮想通貨交換時に表示される画面(画像:vertpig.com)

XRP・ETHなど「5銘柄」上場

Vertpigは2018年11月26日、新たに以下の5種類の仮想通貨を取り扱いリストに追加することを発表しました。これらの仮想通貨は今後数日以内に追加される予定であると伝えられています。

モネロ(Monero/XMR)
リップル(Ripple/XRP)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)

イギリスは、仮想通貨を有効活用していくために明確な規制作りに取り組んでいます。最近報告されたニュースでは、これまで「グレーゾーン」となっていた仮想通貨業界におけるいくつかの曖昧な規制ラインを年末までに明確化する方針が発表されています。適切な規制への変革が進むにつれて、イギリスにおける仮想通貨の採用はさらに進むことになるでしょう。

Vertpigの公式サイトは以下のリンクからどうぞ
>Vertpigの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

【重要】コイントレード「暗号資産8銘柄の受取用アドレス」を変更|送金ミスに要注意

【重要】コイントレード「暗号資産8銘柄の受取用アドレス」を変更|送金ミスに要注意

チリーズ(Chiliz/CHZ)アジアの暗号資産取引所「HOO.COM」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)アジアの暗号資産取引所「HOO.COM」に上場

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す