コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、2018年11月26日からリップル(Ripple/XRP)ファクトム(Factom/FCT)の入金・購入サービスを再開したことを発表しました。

こちらから読む:本格的なサービス再開へ進む「Coincheck」関連ニュース

全ての「仮想通貨取引」を再開

Coincheck(コインチェック)はこれまでにも外部専門家よる協力を受けながら、技術的な安全性の確認を行いつつ確認が取れた仮想通貨から順次サービスを再開していました。今回XRPとFCTの入金・購入が再開されたことによって、同社が取り扱う全ての仮想通貨が取引可能になっています。

2018年11月26日から再開されたサービスは以下の通りです。
・一部仮想通貨の入金
入金再開対象となる仮想通貨:XRP・FCT
・一部仮想通貨の購入
購入再開対象となる仮想通貨:XRP・FCT

Coincheckがこれまで再開してきた各取扱仮想通貨のサービス・機能(画像:Coincheck)Coincheckがこれまで再開してきた各取扱仮想通貨のサービス・機能(画像:Coincheck)

XRPの入金に関する注意事項

リップル(XRP)を入金する際には「宛先タグ」を入力することが必須となりました。入金を行う際には入金アドレスだけでなく「宛先タグ」を必ず入力する必要があります。

万が一「宛先タグ」を入力しなかった場合や、間違った「宛先タグ」を入力した場合には、残高への反映や仮想通貨の返還はできないと説明されています。

サービス再開に伴う注意事項

以前から伝えられているように、全てのユーザーは仮想通貨を入金する際に「入金アドレス」を再発行する必要があります。「コインを受け取る」画面から「アドレスを作成」を選択することで「新しい入金アドレス」を発行することができるため、忘れないようにしましょう。

「古い入金アドレス」や「間違った仮想通貨の入金アドレス」に送金してしまった場合には、残高への反映や仮想通貨の返還は行われないため、こちらも同様に注意が必要です。

また、アクセスが増加することによって一時的にサービスや問い合わせ窓口等が繋がりにくくなる可能性があるとも説明されています。
・取引量が急増した場合
・急激な価格変動が生じた場合
・現時点で判明していない問題が確認された場合
などには、同社の判断によって予告されることなく一時的に売買が停止される可能性があるとされています。

現在利用できるサービス・機能|2018年11月26日時点

・日本円の入金・出金
・新規口座開設(国内居住のユーザー)
・Coincheck貸仮想通貨サービス(全ての取扱仮想通貨対象)
・仮想通貨の入金・購入・出金・売却(全ての取扱仮想通貨対象)
・レバレッジ取引における決済・証拠金の入出金
(レバレッジ取引でポジションを保有しているユーザーは、引き続き決済取引および証拠金の振替入出金が可能です。新規の取引は引き続き停止中となるため注意が必要です)

再開準備中のサービス・機能|2018年11月26日時点

・アフィリエイト
・レバレッジ新規建取引
・日本円コンビニ入金
・日本円クイック入金(Pay-easy)
・Coincheck Payment
・Coincheckでんき

Coincheckの公式発表は以下のリンクからどうぞ
>Coincheckの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

スイスのデジタル資産銀行「シグナムバンク」仮想通貨XRPの取扱い開始

スイスのデジタル資産銀行「シグナムバンク」仮想通貨XRPの取扱い開始

ビットポイント:TRX保有者に対する「APENFT(NFT)エアドロップ」対応方針を発表

ビットポイント:TRX保有者に対する「APENFT(NFT)エアドロップ」対応方針を発表

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す