コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、2018年11月26日からリップル(Ripple/XRP)ファクトム(Factom/FCT)の入金・購入サービスを再開したことを発表しました。

こちらから読む:本格的なサービス再開へ進む「Coincheck」関連ニュース

全ての「仮想通貨取引」を再開

Coincheck(コインチェック)はこれまでにも外部専門家よる協力を受けながら、技術的な安全性の確認を行いつつ確認が取れた仮想通貨から順次サービスを再開していました。今回XRPとFCTの入金・購入が再開されたことによって、同社が取り扱う全ての仮想通貨が取引可能になっています。

2018年11月26日から再開されたサービスは以下の通りです。
・一部仮想通貨の入金
入金再開対象となる仮想通貨:XRP・FCT
・一部仮想通貨の購入
購入再開対象となる仮想通貨:XRP・FCT

Coincheckがこれまで再開してきた各取扱仮想通貨のサービス・機能(画像:Coincheck)Coincheckがこれまで再開してきた各取扱仮想通貨のサービス・機能(画像:Coincheck)

XRPの入金に関する注意事項

リップル(XRP)を入金する際には「宛先タグ」を入力することが必須となりました。入金を行う際には入金アドレスだけでなく「宛先タグ」を必ず入力する必要があります。

万が一「宛先タグ」を入力しなかった場合や、間違った「宛先タグ」を入力した場合には、残高への反映や仮想通貨の返還はできないと説明されています。

サービス再開に伴う注意事項

以前から伝えられているように、全てのユーザーは仮想通貨を入金する際に「入金アドレス」を再発行する必要があります。「コインを受け取る」画面から「アドレスを作成」を選択することで「新しい入金アドレス」を発行することができるため、忘れないようにしましょう。

「古い入金アドレス」や「間違った仮想通貨の入金アドレス」に送金してしまった場合には、残高への反映や仮想通貨の返還は行われないため、こちらも同様に注意が必要です。

また、アクセスが増加することによって一時的にサービスや問い合わせ窓口等が繋がりにくくなる可能性があるとも説明されています。
・取引量が急増した場合
・急激な価格変動が生じた場合
・現時点で判明していない問題が確認された場合
などには、同社の判断によって予告されることなく一時的に売買が停止される可能性があるとされています。

現在利用できるサービス・機能|2018年11月26日時点

・日本円の入金・出金
・新規口座開設(国内居住のユーザー)
・Coincheck貸仮想通貨サービス(全ての取扱仮想通貨対象)
・仮想通貨の入金・購入・出金・売却(全ての取扱仮想通貨対象)
・レバレッジ取引における決済・証拠金の入出金
(レバレッジ取引でポジションを保有しているユーザーは、引き続き決済取引および証拠金の振替入出金が可能です。新規の取引は引き続き停止中となるため注意が必要です)

再開準備中のサービス・機能|2018年11月26日時点

・アフィリエイト
・レバレッジ新規建取引
・日本円コンビニ入金
・日本円クイック入金(Pay-easy)
・Coincheck Payment
・Coincheckでんき

Coincheckの公式発表は以下のリンクからどうぞ
>Coincheckの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

銀行に仮想通貨取引を許可するように強制|イスラエル最高裁

ジブラルタルの仮想通貨取引所「GBX-DAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ジブラルタルの仮想通貨取引所「GBX-DAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

リップル元帳インターフェイス「XRP Toolkit」バージョン0.3.0ベータ版が公開

リップル元帳インターフェイス「XRP Toolkit」バージョン0.3.0ベータ版が公開

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

【コインチェック】流出したネム(NEM)が複数口座に分散

【コインチェック】流出したネム(NEM)が複数口座に分散

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

【アート作品取引編】イーサリアム(ETH)が稼げる「プラットフォーム」まとめ

【アート作品取引編】イーサリアム(ETH)が稼げる「プラットフォーム」まとめ

トヨタ研究所=元CFO:自動車業界における「ブロックチェーンの実用性」を語る

トヨタ研究所=元CFO:自動車業界における「ブロックチェーンの実用性」を語る

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

【収集・育成ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

【収集・育成ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

ブロックチェーンベースの「土地管理システム」開発へ:メキシコ自治体

ブロックチェーンベースの「土地管理システム」開発へ:メキシコ自治体

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

ロシア:合法化されたビットコインATM「51台」に|規制明確化で倍増の可能性も

ロシア:合法化されたビットコインATM「51台」に|規制明確化で倍増の可能性も

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月27日〜2月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月27日〜2月2日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す